著者
小野 武年 西条 寿夫
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.116-128, 2005 (Released:2006-07-14)
参考文献数
40
被引用文献数
2 3

近年, 理性的な情報処理に中心的な役割を果たしていると考えられてきた前頭葉が, 感情や情動発現においても重要な役割を果たしていることが注目されている。すなわち, 1) 前頭葉背外側部は, 情動や感情に中心的な役割を果たしている大脳辺縁系の活動を制御 (抑制, あるいは促進) することにより, その個体が生存する確率を上げるように機能している, 2) 眼窩皮質は, すべての外界環境情報を脳内に再現し, それにもとづいて生物学的な行動戦略を形成することに関与する, 3) 前部帯状回は, 前頭葉背外側部や眼窩皮質からの高次情報を受けて, 自己の行動を生物学的に評価し, 適切な行動を導くことに関与していることなどが示唆されている。本稿では, これら領域のヒトの神経心理学的な研究やサルを用いてニューロン活動を記録した研究を紹介し, これら前頭葉の機能について考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 8 posts, 10 favorites)

特別講演 感情と知的情報処理の仕組み 小野 武年, 西条 寿夫 https://t.co/K0aXJD6heA
前頭葉の萎縮を伴う痴呆症 患者ではしばしば多食症を伴うことが知らことが知られてい る(略)。逆に,多食症の患者 では,前頭葉の代謝活動が低下している (略)。また,1 回の食事摂取ある いは満腹により背外側部を含む前頭葉の活動が上昇する(略)。 https://t.co/INAtxiR6Ex
https://t.co/p1fVGkVMhV https://t.co/AvtwCp03sO

収集済み URL リスト