著者
松野 あきら
出版者
日本比較生理生化学会
雑誌
比較生理生化学 (ISSN:09163786)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.54-61, 2010 (Released:2011-04-27)
参考文献数
39

ある種の平滑筋は1度収縮すると,その後ほとんどエネルギー消費をしないで収縮したままの状態を保つことができる特殊な筋収縮をする。このような収縮はキャッチ収縮と呼ばれ,キャッチ収縮を引き起こす機構をキャッチ機構と呼ぶ。キャッチ機構の研究には色々なアプローチが試みられており,現在では,生化学的および分子生物学的手法でキャッチ状態を解除する機構までもが明らかにされている。少し過去にさかのぼると,キャッチ筋の太いフィラメントに含まれるパラミオシンとキャッチ機構との関係が注目されたが,細胞内での構造的な証拠が得られなかった。しかしながら,多種多様の閉殻筋平滑筋のキャッチ筋には,直径が50-60nm以上の太いフィラメントが含まれているのが観察される。これらのフィラメントが直接キャッチ機構に関与していることはなさそうだが,今後の生化学や分子生物学の研究で,このフィラメントの重要性が再確認される日が来るだろうと思われる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 14 favorites)

#生き物雑談 「二枚貝の閉殻筋やムラサキイガイ前足牽引筋」 殻を閉じ続けたり、岩壁とくっ付き続ける筋肉。エネルギーをほとんど消費しないため持続力がある。(大学で習った) ・二枚貝キャッチ運動の分子メカニズム https://t.co/O57PXOHiyb ・キャッチ筋の構造と機能 https://t.co/1vZvCmEIQo
もしかして、固く閉じた貝にセロトニンを注射したら、おとなしく口を開くのかのう。https://t.co/sw9bLUvj
比較生理学会の2010年の総説「キャッチ筋の構造と機能」https://t.co/Y2SJ0AhR (PDF)

収集済み URL リスト