著者
鈴木 康平
出版者
情報ネットワーク法学会
雑誌
情報ネットワーク・ローレビュー (ISSN:24350303)
巻号頁・発行日
vol.20, pp.1-19, 2021-11-25 (Released:2021-12-02)

Controlled Digital Lending(CDL)とは、図書館によるデジタル貸出を米国著作権法のフェア・ユースにより可能とするために考案されたモデルである。CDLは、物理的な所有数と1対1対応でDRMを施したデジタル化した書籍の貸出を行うというものであり、CDL擁護者は、CDLはフェア・ユースに該当すると主張している。本稿では、CDL擁護者の主張を概観した上で、フェア・ユース該当性について、市場の失敗理論およびその修正理論をベースに検討を行った。その結果、いずれの理論の下でもCDLはフェア・ユースに該当すると考えられるとの結論に至った。日本においても、CDLは図書館の物理的な要因による情報アクセスの格差を解消するという、公益に資するものであるため、CDLを認める制度を設けることが望ましく、CDLの要件を踏襲した権利制限規定を設けることを提案した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[図書館][図書館情報学][著作権][ICT][出版流通]

Twitter (33 users, 33 posts, 39 favorites)

Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https://t.co/T3kNMg3l7v
[出版流通] Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https://t.co/jsF7OVNyv9 https://t.co/T5mQKsfaLn
鈴木 康平, Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 情報ネットワーク・ローレビュー/20 巻 (2021) https://t.co/0OsyVyIOSV
“Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆” https://t.co/6JFsWHKE0u
https://t.co/xAm2zwdNAY
鈴木康平「Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆」 - J-STAGE https://t.co/0M4NjuODVS
情報ネットワークローレビュー公開されている/J-STAGE Articles - Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https://t.co/AOqyGnSkO4

収集済み URL リスト