著者
小山 秀紀 鈴木 一弥 茂木 伸之 斉藤 進 酒井 一博
出版者
公益財団法人大原記念労働科学研究所
雑誌
労働科学 (ISSN:0022443X)
巻号頁・発行日
vol.95, no.2, pp.56-67, 2019 (Released:2020-04-10)
参考文献数
33

本研究では昼寝を想定した椅子での短時間仮眠が睡眠の質,パフォーマンス,眠気に及ぼす影響を調べた。仮眠は昼食後の20分間とし,ベッドでの仮眠を比較対照とした。測定項目は睡眠ポリグラフ,パフォーマンス(選択反応課題,論理課題),精神的作業負担とした。分析対象は夜間睡眠統制に成功した6名(20.8 ± 1.6歳)であった。ベッド条件に比べ,椅子条件では中途覚醒数が有意に多く(p < 0.05),徐波睡眠が少ない傾向にあった。両条件で仮眠後に眠気スコアは有意に低下した(p < 0.001)。パフォーマンスは条件間で有意差はなかった。昼寝椅子における短時間仮眠は睡眠が深くなりにくく,ベッドとほぼ同様の眠気の軽減効果が得られることが示された。(図5,表8)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

ソースはこちら https://t.co/x1ztPfE93U
https://t.co/QCdmkIXRDd 昼寝を椅子で行うのとベッドで行うのでどんな差があるか調べています。 結果は椅子だと深い睡眠は難しいが眠気の改善効果はベッドと変わらないでした。昼食後の20分間は昼寝をすると午後からシャキッと頑張れるのでぜひ取り入れてみてください(-_-)zzz #今日の論文 #論文
昼食後に昼寝のススメ 椅子で寝てもベッドで寝るのと眠気の軽減効果は同じ! ベッドで寝て、深く眠りすぎないように! https://t.co/voHa1TQh8k

収集済み URL リスト