著者
松岡 理 安藤 久隆 小沢 正基 高橋 千太郎 小木曽 洋一 稲葉 次郎 二之宮 和重 久松 俊一
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌 (ISSN:00047120)
巻号頁・発行日
vol.36, no.11, pp.997-1020, 1994-11-30 (Released:2010-03-08)
参考文献数
102

Puに対する社会的関心が高い。たしかにPuの幾つかの同位体は核分裂性であり,また放射線毒性の高い物質の一つである。しかし,その実態に対する理解は必ずしも十分ではなく,そのことのゆえ,ときに一部から意図的に部分的誇張を含む説明がなされたりすることさえある。 本「特集」では,Puの安全性を考える基礎として,生体に対する影響を中心に,放射線毒性学の観点からPuの実像を概観する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

1994 日本 原子 力 学 会 誌 松 岡 理 https://t.co/rqxnwm50nY Puは 容器の外 に出ることはない として いる 公 衆はそんな ものは信 じないで,燃 えたPuが 一面 に広が り多 くの人が… https://t.co/HnSie6VpwJ
大洗の中性子があああ秘密だった
1944年 45年 ロスアラモスマ ンハ ッタ ン計画 ,Pu吸入 によ り体内 に取 り込ん だ若 い化 学 者26人 Pu沈 着量の推定値 52Bqか ら3,180Bq,平 均値 は500Bq https://t.co/rqxnwm50nY 大洗22000Bq
一般 に,血 液中 へ移行 したPuの90%程 度 は骨 と肝臓 に沈着 https://t.co/rqxnwmmBMy

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: I.hidekazu
2015-10-26 10:04:00 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト