著者
小松 賢志
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌 (ISSN:00047120)
巻号頁・発行日
vol.40, no.12, pp.940-945, 1998-12-30 (Released:2009-03-31)
参考文献数
4

核融合実験炉建設計画に際して,トリチウム人体影響の推定が社会的な大きな関心を集めている。トリチウムによる人体影響を推定するには,原爆被爆者などγ線による人体障害とトリチウム生物実験により求められたRBEから推定しなければならない。現在までにトリチウムRBEに関しては膨大なデータが集積されているが,このうち発癌についてはRBE=2が妥当と思われる。これによれば, 1.4×108Bq (3.7mCi)のトリチウム摂取により1万人に1人の発癌リスクの増加が予想される。一方,体外被曝のγ線と異なり,トリチウムは水素同位体として生体構成成分と結合し,長期間にわたって被曝を続ける可能性がある。特にトリチウムのDNA結合能は遺伝子損傷に直結する可能性を含んでいる。しかし,細胞内に存在するDNA修復機構によりDNA損傷の大部分が修復されるために, DNA結合型トリチウムによるリスクの増加は体外被曝γ線のわずか2倍程度と見なされること,また実験室内モデルエコシステム実験によれば,トリチウムは生物濃縮されないことが推論された。一方,トリチウムの低線量率効果としては賀田効果とホルミーシス効果が知られている。賀田効果が生じる実験条件は試験管内の作用に限られているが,ホルミーシス効果は多くの生物系で報告されており,そのリスク推定における重要性から,実験値の信頼性やその作用機序など低線量率効果について,今後さらに検討する必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 25 posts, 16 favorites)

・DNAに取り込まれたトリチウムによるDNA損傷は修復機構により速やかに取り除かれるため、遺伝子損傷及び細胞障害に直結する訳ではありません。 ・実験によりトリチウムの生物濃縮が起こる可能性は否定されています。 https://t.co/tCCx2Xtqso https://t.co/XTnrHqMqFx
このいささか古い論文でもミスマッチの部分はできると書いてます。 https://t.co/gDXXgGN3fV 3ページ DNA切断やミスマ ッチ修復は活性酸素のような細胞内有害 物質だけなく,細胞自身の複製エラーによ っても発生する生 命機能維持のために避けることのできないジレ ンマである と認識されている。 https://t.co/p1d2ZuCEug
@hiyo_unnatural 新 https://t.co/KTBwIVhTpR ↑ https://t.co/7CbknrqM2X 旧 https://t.co/hj6I2Uf2FO https://t.co/IbPmAcY8Oh データが新しくなる程、トリチウム有害性の論文は減っている。 コイツはメシウマデマ野郎ですな。

収集済み URL リスト