著者
川添 航 坂本 優紀 喜馬 佳也乃 佐藤 壮太 渡辺 隼矢 松井 圭介
出版者
地理空間学会
雑誌
地理空間 (ISSN:18829872)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.47-62, 2018 (Released:2018-12-20)
参考文献数
20

本研究は茨城県大洗町におけるコンテンツ・ツーリズムの展開に注目し,ツーリズム形態の転換に伴う観光空間への影響,及びその変容の解明を目的とした。大洗町は観光施設を数多く有する県内でも有数の海浜観光地であり,2012年以降はアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台として新たな観光現象が生じている地域である。大洗町においては,当初は店舗・組織におけるアニメファンへの対応はまちまちであったが,多くの訪問客が訪れるにつれて,商工会の主導により積極的にコンテンツを地域の資源として取り入れ,多くのアニメファンを来訪者として呼び込むことに成功した。宿泊業においては,アニメ放映以前までは夏季の家族連れや団体客が宿泊者の中心であったが,放映以降は夏季以外の1人客の割合が大きく増加するなど変化が生じた。コンテンツ・ツーリズムの導入によるホスト・ゲスト間の関係性の変化は新たな観光者を呼ぶ契機となったことが明らかとなった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 18 posts, 14 favorites)

茨城県大洗町におけるツーリズム形態の変容に伴う観光空間の再編 昨年の論文。内容は「魚来庵とガルパン」と呼ぶべきもので、閉業時点の魚来庵さんへのインタビュー。 https://t.co/bfIJ8TPrQj
地理空間学会が発行する機関誌『地理空間』に ガルパンと大洗に関する小論文(リサーチ・ペーパー)が掲載されてる おらは大洗の街やガルパンとの関係は良く知らないから勉強になるずらね J-STAGE Articles - 茨城県大洗町… https://t.co/5jldz3ooHL

収集済み URL リスト