著者
岡嶋 研二
出版者
Brewing Society of Japan
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.105, no.5, pp.285-293, 2010 (Released:2012-02-24)
参考文献数
25

インスリン様成長因子–I(IGF–I)はほとんどの組織で発現し細胞の分化や成長,機能維持に重要な役割を演じる。著者らは知覚神経を刺激することによりIGF–Iの産生が増加することを見出した。これらの所見を基に,日本酒による美肌効果はその中に含まれるα—グルコシルグリセロール(α GG)が知覚神経を刺激し,IGF–Iを増加させるために発現することを突き止めた。本稿ではIGF–Iの生体内機能について詳細に解説して頂いた。更に日本酒がもつ美肌効果,認知機能の改善,抗うつ効果に関し実験データを基に解説して頂くと共に,赤ワインやビールにも認知機能改善などの効果が期待できることについても触れて頂いた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

[インナーケア] 日本酒に薄毛予防&美髪効果
[インナーケア] 日本酒の効能いろいろ

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

適度な日本酒はお肌(赤ワインやビールは認知症やストレス)に良い説の論文 https://t.co/ExkL59THI5

収集済み URL リスト