著者
吉田 元
出版者
公益財団法人 日本醸造協会
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.88, no.1, pp.56-61, 1993-01-15 (Released:2011-09-20)
参考文献数
15

日本に伝来した洋酒の歴史を紹介した文献は刊行されているが, 逆に外国人が日本酒をどのように自国に紹介していたかは, 大変興味深いテーマであるがまとまった文献はない。本稿は16~19世紀にかけて日本に渡来した宣教師, 貿易商, 外交官などの著作を調査し, 考証を加えたものである。(I) では16世紀を中心に, (II) では17, 18世紀, (III) では19世紀と3部作の膨大なものである。読み物として興味があるばかりでなく, 経営・製造の両面に有益なヒントが含まれている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 15 favorites)

あらばしりって、1603年にポルトガル人宣教師が作った日本語ポルトガル語辞書(日葡辞書)にArabaxiri: 最初に搾り取られるにごったサケってあるんだよ。この時代から酒蔵で使われる用具や用語は大して変わっていない。 https://t.co/1i3A6uyvbT

収集済み URL リスト