著者
宮内 崇 藤田 基 末廣 栄一 小田 泰崇 鶴田 良介
出版者
一般社団法人 日本救急医学会
雑誌
日本救急医学会雑誌 (ISSN:0915924X)
巻号頁・発行日
vol.25, no.5, pp.191-200, 2014-05-15 (Released:2014-09-01)

軽症頭部外傷は救急外来を受診する頭部外傷のなかで最も多い。近年,スポーツ選手や軍事活動に従事する兵士のように,軽症頭部外傷を繰り返し受傷した人たちが,受傷から数年後に慢性的な認知機能障害や抑うつ状態を呈することが報告され,繰り返される軽症頭部外傷に関連する慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy: CTE)が注目されている。軽症頭部外傷の患者の多くは比較的若年者であり社会的な影響が大きいため,海外ではその病態の解明や診断,治療法の研究が盛んにおこなわれている。軽症頭部外傷のうち受傷直後から頭痛,めまい,嘔気,意識消失などの一過性の症状を呈し,画像上明らかな異常を認めないものを脳振盪と呼ぶ。脳振盪は明確な診断基準がないため,アセスメントツールを用いて症状の経過をフォローして診断を試みる。脳振盪を含む軽症頭部外傷に関連する病態としてCTEの他,急性期に発生するセカンドインパクトシンドローム(second impact syndrome: SIS),急性期から引き続き起こる脳振盪後症候群(post-concussion syndrome: PCS)がある。これらの病態は軽症頭部外傷を繰り返すことによって発生するリスクが高くなるといわれているが,そのメカニズムは明確ではない。現在のところ,軽症頭部外傷を受傷した患者に対しては再度頭部に衝撃を与えないように安静を保つことが重要である。スポーツでは,プレー中に受傷した選手は直ちにプレーを中止させる。またプレーへの復帰は段階的に行い,症状の変化を経時的に観察し,重症化の徴候を見逃さないように注意する。治療は対症療法が中心で,重症化,慢性化の予防に対する薬物療法などの有用な治療法はない。軽症頭部外傷に対しては保護者・指導者の教育が重要である。リスクの高い環境にいる場合,とくに脳が発達過程にある小児に対しては,繰り返す受傷を予防できる環境と,受傷した場合への対策を整える必要がある。そのため本邦のガイドラインの作成と軽症頭部外傷への理解,プロトコールの遵守の徹底が望まれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (2 users, 2 posts)

練習中に事故を起こした羽生選手がそれでも試合に出場し2位となった事が話題のようですが軽度頭部外傷を甘くみてはいけないというお話 https://twitter.com/drmagicianearl/status/531062536544612354 https://twitter.com/drmagicianearl/status/531074935637028865 https://www. ...
これ美談にしたらイカンやろ。 頭部外傷舐めたらいけませんよ。 コンタクトスポーツなら普通は出場許可しないレベル。 Twitterで教えてもらった論文 軽症頭部外傷に関連する病態と対応 日救急医会誌. 2014; 25: 191-200 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam/25/5/25_191/_pdf

Twitter (151 users, 154 posts, 82 favorites)

https://t.co/6P4O7rSpSv もう一度あげておこう。
"@DrMagicianEARL: 承前)先ほど紹介した論文はこちらから無料で閲覧できます(日本語). https://t.co/S8EgWJMue0 筆頭執筆者の宮内先生はこの領域の日本の若手研究者のホープで元呼吸器内科医"
@kayuri_y あ、こっちに日本語のレビューがあるのでどうぞ~ https://t.co/EMpqHwsThi
https://t.co/6P4O7rSpSv スポーツにおける「軽症頭部外傷に関連する病態と対応」 今年の1月に論文が出ている。
軽症頭部外傷に関連する病態と対応(日救急会誌vol.25,2014) スポーツではプレー中に受傷した選手は直ちにプレーを中止させる。またプレーへの復帰は段階的に行い,症状の変化を経時的に観察し,重症化の徴候を見逃さないように注意する。https://t.co/XgpKhuXJeC
せっかくだからこの機会に脳震盪とセカンドインパクトシンドロームの勉強をしとこう https://t.co/oo8Iil98D8
承前)先ほど紹介した論文はこちらから無料で閲覧できます(日本語). https://t.co/HcP4GdXtZw 筆頭執筆者の宮内先生はこの領域の日本の若手研究者のホープで元呼吸器内科医

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam/25/5/25_191/_pdf (151)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam/25/5/25_191/_article/-char/ja/ (2)