著者
石井 仁平 田中 信孝 糟谷 美有紀 野村 幸博 永井 元樹 脊山 泰治
出版者
Japanese Association for Acute Medicine
雑誌
日本救急医学会雑誌 (ISSN:0915924X)
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.169-174, 2005-04-15 (Released:2009-03-27)
参考文献数
12

外傷性大量気道内出血に対し,一般的なシングルルーメン気管チューブを用いて健側主気管支に挿管(片肺挿管)し,救命に成功した症例を経験したので報告する。症例は16歳の男性,バイク事故により受傷し当院に救急搬送された。来院時,左側気道からと考えられる大量気道内出血を呈していた。われわれは,シングルルーメン気管チューブを意図的に健側である右主気管支に挿管した。右主気管支内でカフを膨らませることによって,患側左主気管支から溢れた血液が右肺へ流入するのを阻止し,症例は血液ガス分析および胸部X線写真上の劇的な改善を示した。片肺挿管下でも肺内シャントによる低酸素血症は来さず,他の止血操作を待たずに止血を得た。これには低酸素性肺血管収縮が関与していると考えられる。また片肺挿管下では,患側気管支は気管壁と気管チューブの間隙を通じて咽喉頭に開放されているため,片肺挿管後いったんは患側肺に充満した血液は,翌日気管チューブのカフを気管に移す前におおむね消失し,凝血塊による無気肺やその他の合併症は生じなかった。大量気道内出血症例の救命は難しく,ダブルルーメンチューブその他の特殊な道具を用いた方法が知られているが,依然として致命率が高い。われわれは,通常の気管挿管に使用される一般的なシングルルーメンチューブを用いた片肺挿管法は,迅速・簡便かつ有効な方法であると考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 5 favorites)

@hiyo_hairyheart @RrK9xKwM96pOWu6 @333march この人国保旭中央病院の外科を辞めてから何があればこんな飛んでも言い出すようになるのかが謎です… https://t.co/Cp2z4K0aQB
@ossh1_ann 長大医学部卒らしく、総合病院国保旭中央病院外科にいた頃は救急医学会誌に共著で論文出すくらいにはまともだったようなんで、おそらく新潟に移住する前後あたりからこんな感じになったんじゃないかと… https://t.co/Cp2z4K0aQB
@atsuko_beerlove この頃は普通に医者やってたっぽいんですけどねぇ… https://t.co/b47rt9n4kr

収集済み URL リスト