著者
石川 善樹
出版者
日本行動医学会
雑誌
行動医学研究 (ISSN:13416790)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.41-46, 2014 (Released:2014-11-20)
参考文献数
20
被引用文献数
1

疫学研究などの成果により、健康に寄与する行動が明らかにされ、科学的知見の整理が進められてきた。また、行動科学や健康心理学などの観点から、それら健康行動の決定要因が特定され、これまで様々な行動モデルが提案されてきた。しかし、健康行動のメカニズム解明が進む一方、具体的にどのような介入を行えば実際に行動が変容するのかという点は、21世紀における医学・公衆衛生学上の課題として残されている。行動変容を狙いとした介入は、複雑ないくつもの要素から構成され、またそれら要素は互いに相互作用し合っている。それ故、介入の再現性や臨床現場での適用性、さらにはシステマティックレビューを通じた知見の統合を困難にしていることが指摘されている。CONSORT(Consolidated Standards of Reporting Trials: 臨床試験報告に関する統合基準)は、ランダム化比較試験(randomized controlled trial: RCT)の報告の質を改善することを狙いとした国際標準のガイドラインである。その中では、運動や食生活などの健康行動の改善を目的とした非薬理学的治療においても、介入プロセスや内容について詳細な報告を行うことが求められている。しかしながら、具体的にどのように介入プロセスや内容を記述すればよいのか、CONSORTで定められているガイドラインは存在しない。そこで近年、介入内容を客観的で、再現性があり、かつそれ以上還元のできない行動変容テクニックに分類する試みが国際的に行われている。その成果として、たとえば身体活動、食生活、禁煙、飲酒、性感染症予防分野などで、効果的な行動変容テクニックが特定され始めている。また2013年には、Annals of Behavioral Medicine誌上にて、国際的なコンセンサスのとられた93に及ぶ行動変容テクニックの分類表が公表されている。本稿では今後の医学教育における行動科学のカリキュラム作成における基礎資料の提供を狙いとし、どのような考え方・手法に基づいて行動変容テクニックの標準化が進められているのか、近年の国際的な動向を展望することを目的とする。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

9月の腹膜透析学会で、エビデンスに基づいた行動変容のお話をしてほしいとご依頼を受けているので、行動変容技法の標準化の研究を紹介しつつお話をする予定です。石川(2014)行動変容テクニックの標準化に関する国際的な動向について,@行動医学研究 https://t.co/3pMqJzTDKF
行動変容って、タキソノミーが決まってて、無料のオンライン講座あるんや!! 知らなかったー!(^◇^) https://t.co/d13lD9pync https://t.co/zPPDNb3ePh
行動変容の側面からジャズストリングス人口増やせないもんかねぇ Behavior Change Technique https://t.co/5LxO9rNxDp
行動変容テクニックの標準化に関する国際的な動向について https://t.co/DExMRjq0p2

収集済み URL リスト