著者
湯川 進太郎 泊 真児
出版者
日本犯罪心理学会
雑誌
犯罪心理学研究 (ISSN:00177547)
巻号頁・発行日
vol.37, no.2, pp.15-28, 1999 (Released:2018-09-07)
参考文献数
16

本研究は,性犯罪を促進する要因として,そうした行為を合理化する誤った信念・態度(性犯罪神話)に注目し,性犯罪神話を形成する要因として,性的メディア(ポルノグラフィ)との接触,友人・先輩との性的な情報交換,パーソナリティなどが一体どのように結びついているのかを,一般の大学生を対象に検討した.その際,性犯罪神話が実際の性犯罪行為の可能性(許容性)へどのようにつながるのかについても併せて検討した.そこで本研究ではまず,因果モデルとして, 個人内要因(性経験・交際相手・一般的性欲・パーソナリティ),性的メディア接触,友人・先輩との性的情報交換,性犯罪神話,性犯罪行為可能性という因果の流れを想定した.そして,男子大学生165名を対象に質問紙調査によって上記の変数群を測定し,重回帰分析を用いたパス解析を行った.その結果,性経験があることや一般的性欲が高いことが性的メディア(ポルノグラフィ)との接触を促し,それが身近で類似した他者である友人・先輩との性的な情報交換を介して,性犯罪を合理化する誤った信念・態度である性犯罪神話(暴力的性の女性側の容認,女性の性的欲求に関する誤認)の形成へとつながり,その結果として女性に対する犯罪的な性暴力の可能性(許容性)へと結びつくことが示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (68 users, 78 posts, 85 favorites)

@KcOEPTxQj20SwOO @rEBcrsCR9PQpYnD ただの事実を言ってるのにそうやって、だから男はフェミから罵倒されるのですよ。 そんなクソみたいなことを堂々と書けるのですからこういう文献はもちろん知っていらっし… https://t.co/fYkFtk3fqX
@agocrzt2jZsDPbP 参考になるかはわかりませんが、より深い理解に繋がればと思い送ります。 犯罪心理学では有名な性犯罪神話についてです。 統計学を知らないと小難しい所もありますがある程度その知識がなくても読めると思い… https://t.co/OOtl4x2cqP
@karasu1206ssaf @kenn13133772 →性犯罪を合理 化する誤った信念・態度である性犯罪神話(暴力的性の女性側の容認 女性の性的欲求に関する誤 認)の形成へとつながり, その結果として女性に対する犯罪的な性暴… https://t.co/ELE93CXXzz
@apacheFgender 性犯罪を合理 化する誤った信念・→態度である性犯罪神話(暴力的性の女性側の容認 女性の性的欲求に関する誤 認)の形成へとつながり, その結果として女性に対する犯罪的な性暴力の可能性(許容性)へと結 び… https://t.co/fn9IOTwmTg
@kudan9 その湯川本人が「現実の性犯罪を促すと即座に結論づけるのは難しい」とはっきり論文内に書いているのに? https://t.co/oNQrzktHtu (25ページ左段の下から10行目)

収集済み URL リスト