著者
登張 真稲
出版者
一般社団法人 日本発達心理学会
雑誌
発達心理学研究 (ISSN:09159029)
巻号頁・発行日
vol.25, no.4, pp.412-421, 2014 (Released:2016-12-20)
参考文献数
70
被引用文献数
2

最近,共感の神経基盤を明らかにするための神経イメージング研究が盛んに行われている。本研究ではそのうちのいくつかを紹介し,それらの研究から共感に関連してどのようなことが分かったのかを,従来の共感の概念や理論と対照させながら検討した。最近の研究によると,身体的痛みや社会的痛み等への共感は,自分自身の痛み等の処理に関与する領域(島前部と帯状皮質前部等)と,アクション理解に関与する領域(下前頭回弁蓋部等),メンタライジング(心的状態の推測)に関与する領域(前頭前野背内側部,側頭–頭頂接合部,楔前部等)を活性化させた。また,それらの脳部位は共感の重要要素である他者との感情共有と他者の感情理解において重要な役割を果たすことが示唆された。さらに,共感は自動的に起こるとは限らず,状況要因や観察者の特徴によっては調整される場合もあることが明らかになった。向社会的行動の神経基盤を検討する神経科学的研究も見られるようになっており,この分野における新興のテーマの一つとなっている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

https://t.co/fvUMbwXOxg https://t.co/ofRKjTLny4
https://t.co/fvUMbwXOxg https://t.co/ofRKjTLny4
共感の神経イメージング研究から分かること https://t.co/wVpjD2K7pX
@sinnnosuke1005 共感の神経イメージング研究から分かること https://t.co/4Xe1Fm9BZV 他者の感覚・情動を推測する脳メカニズム https://t.co/LNWmqtO3ks

収集済み URL リスト