Rina Koch (@rinatie_ceo)

投稿一覧(最新100件)

感情制御の生理学的メカニズムと遺伝子多型による影響 https://t.co/a5flMBcyg5
[第10回] 脳の意思決定機構と強化学習 https://t.co/9ir0ySpwQH
不本意ながらフッサールからやり直そうかと思ってみたり @0oHANNAo0 https://t.co/8DKFTbl7Da
対話型遺伝的アルゴリズムによる人間の感性を反映した音楽作曲 #Neuromusic @brain_sfc https://t.co/ketJhAkCLY
脳が見る世界―脳情報解読の現状と展望―
GABA入りチョコレートを食べても血液脳関門通らないから効果ないとか言った奴誰だよ?
CiNii 論文 -  ソマティック・マーカー仮説に基づく行動選択 https://t.co/psOKUnZgna #CiNii

3 0 0 0 OA 生物コーナー

@0oHANNAo0 ちわー、小ネタ屋でーす。テロメアーゼ豊富な植物は切断して増やしたり、繋いでお手軽ゲノム編集できまっせ https://t.co/bz1dxWJfBc
心脳問題と人間的自由 : リベットの実験とデネッ トの解釈について | 居永正宏 https://t.co/rSlquVEZHr
2020年度 人工知能学会全国大会(第34回)/恋人に自己開示をした時における開示者の基本感情および表情予測 https://t.co/lMSSA2BpC5
RT @ysozeki: ツイートが拡散するときって、時間遅れがあってあるとき急激に増えて急激に減るのでSIRモデルみたいだなーと思っていたら、そんな研究がありました:https://t.co/FAQ7fHdiY0
科研費助成事業 基礎研究(b) | 群れにおける多様性とコヒーランスの共立機構の解明と感性計算における応用 | 郡司幸夫 https://t.co/U6HpJLfYuQ
電気企鵝に宿るエージェンシーの幻想 -ぬいぐるみロボットのリズムパラメータが相互作用時の印象形成に与える影響- via @hideman2009 https://t.co/9aPILb2CaZ
実際の生物を用いたアニマシー知覚の脳内基盤の検討 https://t.co/poHB1Osfka
自己に対する評価と接近回避志向の関係性 | どれを見ても利得と損失の評価基準の源泉が不明確だ
情動の比較神経科学 | 報酬探索の神経機構と快情動 https://t.co/eQuapsat9U
新学術領域 @chronogenesis_ https://t.co/e3hf8tP36t cc @tak_yamm @hiraiyasushi1

13 0 0 0 OA 論文査読の心得

RT @hhayakawa: 査読を下請けに出す事は倫理規程違反 https://t.co/5ysy4U7Rn0 許されのは、秘匿性を担保した上でより詳しい学生なりポスドクなりの助言を貰う事。勿論、レポートは依頼された当人が一から書いた上で議論した相手をeditorに明記。
RT @kamaUmwelt: @0oHANNAo0 課題によると思いますが、fMRI(real-time fMRI )で可能です。 以下、参考まで〜  https://t.co/aHEbhA463e https://t.co/MhcoS2lWEk
意識を定義するとはどういうことか ―土谷・西郷による「圏論による意識の理解」へのコメント https://t.co/ObX3kwSIiN
RT @drinami: なお、情報系学会オンサイトでのチャットの利活用は1994年のソフトウェア科学会大会のパネルと1997年からのWISSでの本格運用などが草分け。だからニコ動が出てきたとき、関係者は「体験がWISSっぽい」と一瞬で腑に落ちた https://t.co/sh…
ニューロンと神経回路網のダイナミカルな性質: カオス,同期,リズム,伝搬 https://t.co/9R5dyhHyh2 cc @pantu_dorobow
A Model for Evaluating the Contribution of Semantics\r in the Conversion Process of Orthography to Phonology https://t.co/PTlQOHN4jw
多層ニューラルネットワークによる生体神経回路網における神経活動パターン特徴抽出の試み https://t.co/4XoEh9yALz | おっ!
主観的輪郭の形成に関する視覚情報処理モデル https://t.co/DmPL4EGOLh
RT @hideman2009: OISTの銅谷賢治先生の研究人生を振り返るこの原稿,研究者のロマンとワクワクが満載な内容で素敵すぎる!! https://t.co/5VPwNr1zHp
ロールプレイングゲームにおける戦闘パラメータの提示手法がプレイヤーの満足感に与える影響の研究 https://t.co/jHeIUpg02u
RT @junotk_jp: そういえば関連して、以前科学基礎論学会誌に、深層学習と生命進化を比較したエッセイを書きました。学習と進化の最適化過程の共通性について(ちなみに本ではこういう話はする予定なし)。J-Stageで公開されてます。https://t.co/rx1Q57f…
RT @hideman2009: 逆ベイズ推定を用いた意思決定プロセスのモデル化 https://t.co/sqRPZNso5X
脳内ニューロンの自発発火は時計機能のために? @tripdancer0916 @tak_yamm https://t.co/Wq5v5YqKqL
@hideman2009 欲求に付いては一般的な心理学的アプローチを個人的には極力排除しています。ホメオスタシス維持、生存戦略上必要な快/不快に基づく欲求発生と解消は辺縁系モデルのアルゴリズムでコンピューターに学習させることになるでしょう https://t.co/I1u3Q6UjaF
情報幾何の生い立ち | 甘利俊一 https://t.co/3kpfq72blz
@mshero_y ここが視覚野だ! と言わんばかりにw この辺を拾って駆動してるのかな https://t.co/PZ7W3II7TP
RT @KijimaTaizo: 法政の文学部紀要第79号掲載「スピノザの決定論的な「判断の意志説」(スピノザにおける観念とコナトゥス・そのI)」がウェブで読めるようになっていたのでリンク貼ります。 https://t.co/pwe8ZlbfHs 一応完結していますが、「そのI…
ランダムドット・ステレオグラム https://t.co/isK7lkQhj3
知覚の時間的連続性を支える脳情報処理:新錯視を用いた心理物理学的分析 https://t.co/qUWoDoWWDY
座談会 | 「感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究」 | うぐぁぁぁぁぁ
芸術的思考におけるシンボル・システム理論とアフォーダンス理論からの「感性」の解釈の試み : イメージスキーマからみたメタファー概念とプロジェクト・ゼロの美術教育における視座 https://t.co/SLMWXjhITG

6 1 0 0 OA 書評

書評 | 森田邦久 等
うぉぉ、これは良い | 量子論と代数 思考と表現の進化論 | ⁦@tani6s⁩ | cc ⁦@rmaruy⁩ https://t.co/wdAbDgiH6a
CiNii 論文 -  <原著>ローゼンバーグ自尊感情尺度日本語版の検討 https://t.co/Le6blIzMZc #CiNii
生命力旺盛なクズと人間との関わり : アンケート調査の結果 https://t.co/A2iV6V8AfH
RT @aisfwork: 人工知能学会誌「人工知能」2019年11月号に、6月の人工知能学会全国大会企画セッション KS-4のレポート「虚構と技術は人をどう変えるか:「未来社会の知能・虚構・リアリティ」レポート」が掲載されました https://t.co/6TGbMO38Tz

3 0 0 0 OA 自我と欲動

自我と欲動 | 片山文保 #フロイト https://t.co/I5irQOWH9f
RT @h_shimazaki: 神経回路学会誌9月号 「知覚の時間構造:認知心理学・神経生理学・計算論の視点から」 PDFがJ-STAGEに載りました https://t.co/HNoWbdr27T 来年9月に会員外にオープンになります イントロは始めからオープンにしても…
因果の非対称性と逆向き因果の可能性について | 森田邦久 https://t.co/pn2pJ5C2fH
ベルクソンの時間意識論―『意識の直接与件につい ての試論』から『物質と記憶』へ― cc @hiraiyasushi1 https://t.co/s9qBWteNEd
J-STAGE Articles - 2017年度時限研究会「脳の理論から身体・世界へ:行動と認識への再挑戦」実施報告 https://t.co/ZMrdPEfTyb
共感の神経イメージング研究から分かること https://t.co/wVpjD2K7pX
RT @Yh_Taguchi: https://t.co/0RvNjsqnxL 僕はそんなに貢献してないのですが、東工大の小長谷先生とBharataさんとの共著論文が出ました。がんのポジティブフィードバックループに普遍性がみられるのでは?という論文です。
推論と判断の等確率性仮説: 思考の対称性とその適応的意味 https://t.co/cLkWiV3BHv
人間の能力は遺伝子か環境か https://t.co/rGaScqRkNg
性格に与える遺伝的要因と環境的要因に関する考察 ─心的現実の再発見ー https://t.co/qsIk7PSxYd
静的・動的抑制構造によって制御されるリカレントネットワークの神経活動伝播 | 日本神経回路学会 https://t.co/JyW6v2WsXW
RT @rinatie_ceo: 前腕 CG モデルと実際の行為が質的に異なっても運動主体感は誘発されるが 身体所有感の生成には完全な一致が必要 | 渡邉 翔太・川合 伸幸 https://t.co/u14bvwUWor
感情的意思決定を支える脳と身体の機能的関連 https://t.co/pRVGwDx90w | 参考資料 cc @jaguring1
CiNii 論文 -  自己主体感における自己行為の予測と結果の関係‐行為主判別に対する学習課題を用いた検討:――行為主判別に対する学習課題を用いた検討 https://t.co/xWUsO2qn0u #CiNii
CiNii 論文 -  大脳皮質正中内側部構造の謎 https://t.co/0hrPh8tIjX #CiNii
RT @hshimodaira: 最初に情報幾何考えてた経緯とかわくわく感がスゴイ.大型予算とか「優秀な人材はどこにいても育つのである」あたりの話は今でも通用するね.個人研究万歳! 「情報幾何の生い立ち」甘利俊一 応用数理 (2001) https://t.co/8d0uXL…
RT @ykamit: 宮内 哲さんの「Hans Bergerの夢」の続編 、 脳波黎明期におけるLoomisの知られざる功績 —Alfred Loomis, the last amateur scientist who built the Palace of Science—…
散逸構造とは何か #とは https://t.co/pPSHkBHyKi
過去の学習記憶を未来の適応行動に活かす神経機構 (BRAIN and NERVE-神経研究の進歩 69巻11号) | 医書.jp https://t.co/6avvNEmex5
RT @sendaitribune: DOHaD学会で、初めて知った果糖(フルクトース)の次世代への影響。未発表なので、すでに科研費成果になっている部分のデータのみメモ。それにしても、科研費成果が公開されたことは日本の #オープンアクセス 推進として高く評価されるべき。http…
RT @momentumyy: 追試結果の予測市場がついに始まりますね。8月12日からスタートのようです。私も参加してます。 Replication Markets https://t.co/z4jmb42JSt 心理学における予測市場の使いみちについてはこちらで紹介してます。…
RT @__tmats__: 【渡辺正峰先生インタビュー】 人工知能学会誌2019年7月号「学生フォーラム」では脳神経科学が専門の渡辺正峰先生に意識のアップロード構想に関してお伺いしました. 意識研究が社会に及ぼす価値観の変化の可能性まで広く議論をすることができました. ぜひご…
脳から美を測る,脳から美を操る ―美の脳内表現の精神生理学― https://t.co/uFboalvpCV
RT @monogragh: 前田健太郎「名もなき人々のための抵抗論」(『UP』2018.3) https://t.co/O3iqOEh02N 久しぶりに再読した。ジェームズ・C・スコット『実践 日々のアナキズム』の書評。
RT @drinami: ちなみにNAIST中島敬二先生代表の新学術領域「細胞システムの自律周期とその変調が駆動する植物の発生」を、人間拡張工学の観点からお手伝いさせて頂くことになりました。情報学を、普段は全く縁のなさそうな植物学に展開することに興味をお持ちの方は、是非お声がけ…
RT @jaguring1: おっ! 渡邉正峰先生インタビュー 「意識をアップロードする」 人 工 知 能 34巻4号(2019年7月) https://t.co/HcpfPoXDs7 「今回は,東京大学大学院工学系研究科准教授で脳神経科学が専門の渡邉正峰先生にお話を伺った…
RT @Yh_Taguchi: 繰り上げ当選した公募研究、もうネットにあがっていた。 テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法のヒストン修飾解析への応用 https://t.co/UO6Q6a2WtQ 対応、早っ。 研究期間が本当に6/28からになっていて笑った。 繰り…
RT @ykamit: 『対話形式による講義 これでわかるニューロンの電気現象』の該当箇所は、この解説論文が元になっているようです: 「その2:細胞はいかにして興奮するか」酒井正樹 https://t.co/YIMKB1cbk2 https://t.co/CCKnAhI6jp
特集「自由エネルギー原理入門」 https://t.co/W6p7DBxrMf
日本地球惑星科学連合2019年大会/ブラタモリにみる地球科学のアウトリーチ手法 https://t.co/eFmDlpyvMu via @s15taka
RT @uya_takane: @t_kohyama これかな。 Mori, K., and T. Sato, 2014: Spatio-temporal variation of high-temperature events in Hokkaido, north Japan…
Representation of complex spectrogram via phase conversion https://t.co/kODjPd3sji
RT @yatabe_: それから,音響学会誌3月号の「複素スペクトログラムと位相の話」の解説論文の英語版もオープンアクセスで一般公開されました!MATLABコードがついてます! https://t.co/HSF39oxGul https://t.co/zBImTi3Ka4
『てのひらめにゅう』: ウェ アラブルコンピュ ータ用入力インタフェ ース https://t.co/m7rJ5Wzu2H
RT @cicada3301_kig: なるほど、人種差別の原因になりがちなこの独特の体形は、飢餓状態への適応により見られるもので、かつて日本にも存在したと https://t.co/ydb35ZCSB8 https://t.co/wWReN4ucEy
RT @pooneil: 昨日の話ではすっ飛んでたけど、これでやっと島崎秀昭さん@h_shimazaki によるFEPの熱力学的考察の話に追いついた。https://t.co/F9EnYingOW これのアップデート版(英語)がarxivにあり。https://t.co/1T7…
自由エネルギー原理と視覚的意識 | 吉田 正俊, 田口 茂 https://t.co/ZvfjtH8LKg
量子力学的観測と物理的実在 | 並木美喜雄 | 量子力学での実在論はこんなところでしょう
@podoron 人間の自己と他者の境界線は脳のある領域での情報統合により生じるため、そこを損傷した場合に自分の手が勝手に動く他人の手のように感じるという報告を最近見ました。境界線は曖昧なもので、犬猫には生じないと限ったものではないと思います https://t.co/omxRBlN9Rj
RT @ne_sachirou: アーティクル ゲームAI の原点『パックマン』はいかにして生み出されたのか?:岩谷 徹インタビュー 人工知能学会 AI書庫(アイショコ) [旧:未来メディア実験館] https://t.co/Mzo9D2otnZ
電磁気学における混乱とCPT対称性の意義 ─対称性に結びつく単位系─ https://t.co/eoX2D9mLFc https://t.co/EfMFO93UKl
RT @hayashiyus: 園田翔さんの博士論文『深層ニューラルネットの積分表現理論』を勉強させていただいている。①無限個の中間層素子をもつNNは万能近似能力をもつ、②近似対象 f(x) を積分変換すると中間層素子のパラメータ分布が得られる、③輸送解釈に基づくDNNの積分表…
RT @masakisatoh2015: Takuya Jinno's paper published from J. Meteor. Soc. Japan. Jinno, T., Miyakawa, T., Satoh, M. (2019) "NICAM predictab…
RT @hayashiyus: 最適輸送問題を変分原理で決定される確率力学の問題とみなす.こういう見方ができると Wasserstein 計量に手触り感がでてくるので有難い.三上敏夫先生の講演資料. 確率最適輸送問題 https://t.co/0GDgdsLyzj 確率力学…
前腕 CG モデルと実際の行為が質的に異なっても運動主体感は誘発されるが 身体所有感の生成には完全な一致が必要 | 渡邉 翔太・川合 伸幸 https://t.co/u14bvwUWor
RT @Yh_Taguchi: 第41回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)でポスター発表します。 「テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法のバイオインフォマティクスへの応用」 https://t.co/s1ybFUR27f 2018年11月29日(木) 2P-07…

2 0 0 0 OA 3つの法則

RT @Yh_Taguchi: https://t.co/U2BUvamQKN 「三つの法則」 今の大学に移動して、二年目に大学の物理教育誌に寄稿した文章です。かなり、辛辣な内容ですが今読んでも違和感はないです。人ってそんなに進歩しないんですね。
対称性の自発的破れによる遺伝子の起源 | コレダ!
量子情報理論とその難しさ – 林正人 https://t.co/6yfZpQCkGF https://t.co/3NgK0vQWX8
RT @adhara_mathphys: 『南部の発想の源を求めて:なぜ最後に流体力学か』 南部力学のお話です。 https://t.co/BW8APdbKj9
J-STAGE Articles - シンギュラリティは近い https://t.co/iclokkzO1v
梅棹忠夫論 「国家デザイナー」「プランナー」的知識人の形成 - 梅原宏司 https://t.co/EHZGwjYKD0 https://t.co/XtYuwwYTn8
@superbradyon 実に意味がわかる座談会なのに意味がわからんとは意味がわからない

お気に入り一覧(最新100件)

DOHaD学会で、初めて知った果糖(フルクトース)の次世代への影響。未発表なので、すでに科研費成果になっている部分のデータのみメモ。それにしても、科研費成果が公開されたことは日本の #オープンアクセス 推進として高く評価されるべき。https://t.co/EomRopwfvl

フォロー(1444ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

13513 13513 13513 2303 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
Genetic studies on the novel lethal mutant, light orange lethal, in the silkworm, Bombyx mori https://t.co/p2rFRwilnd #maskotlib
RT @kayautoka: 神経科学学会(オンライン開催)の一般口演に採択され「ドーパミン細胞による生得的な匂いの価値の符号化」というタイトルで発表します!参加される予定の方は聞いてもらえると嬉しいです。https://t.co/G1mtVnIRJX

フォロワー(3381ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

13513 13513 13513 2303 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

13513 13513 13513 2303 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

13513 13513 13513 2303 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…

13513 13513 13513 2303 OA 印度童話集

RT @ozaki_wolkig: こどもの頃に読んでいちばん恐ろしかったインドの童話『誰が鬼に食はれたのか』、たったいま国会図書館のデジタル・コレクションで見つけたので感激を分かちあってください。 https://t.co/oLT4LXIklw https://t.co/xb…
RT @moegi_hira: この「補充学級」っやつだ。「今日はお父さん補充学級やから遅いで」みたいな日がたまにあって、親父抜きで晩ごはんを食べてたな……。 https://t.co/jSwaJ6mBT3
Genetic studies on the novel lethal mutant, light orange lethal, in the silkworm, Bombyx mori https://t.co/p2rFRwilnd #maskotlib
RT @kayautoka: 神経科学学会(オンライン開催)の一般口演に採択され「ドーパミン細胞による生得的な匂いの価値の符号化」というタイトルで発表します!参加される予定の方は聞いてもらえると嬉しいです。https://t.co/G1mtVnIRJX
RT @kayautoka: 神経科学学会(オンライン開催)の一般口演に採択され「ドーパミン細胞による生得的な匂いの価値の符号化」というタイトルで発表します!参加される予定の方は聞いてもらえると嬉しいです。https://t.co/G1mtVnIRJX
RT @yagena: 面白い着眼点。神戸大の宮川さんによる ・片方のプレイヤーはパーが出せない ・勝敗がつくまでじゃんけんが続く という状況の分析を思い出しました。 じゃんけんのような単純なゲームでも、ルールを少し変えるだけで新しい発見があるんですね! 「変則じゃんけんの動…
RT @tmaehara: https://t.co/Ptlp3sFvTm にでたテクニカルな質問はここで答えちゃいますね. Q. グラフの周波数とは? A. グラフラプラシアンの固有値のことです.グラフがパスのときは離散フーリエ変換とぴったり一致するので,これはその一般化にな…
RT @tmaehara: https://t.co/Ptlp3sFvTm にでたテクニカルな質問はここで答えちゃいますね. Q. グラフの周波数とは? A. グラフラプラシアンの固有値のことです.グラフがパスのときは離散フーリエ変換とぴったり一致するので,これはその一般化にな…