著者
菊地 雅子 渡邊 席子 山岸 俊男
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.23-36, 1997-06-30 (Released:2010-06-04)
参考文献数
46
被引用文献数
20 20

他者一般の信頼性についての信念である一般的信頼の高さが必ずしもその人の騙されやすさを意味しないというRotter (1980) の議論, および高信頼者は低信頼者よりも他者の信頼性 (ないしその欠如) を示唆する情報により敏感であるという小杉・山岸 (1995) の知見を, 情報判断の正確さにまで拡張することによって導き出された「高信頼者は低信頼者に比べ, 他者の一般的な信頼性についての判断がより正確である」とする仮説が実験により検討され, 支持された。この結果は, 他者一般の信頼性の「デフォルト推定値」としてはたらく一般的信頼の高低と, 特定の他者の信頼性を示唆する情報が与えられた場合のその相手の信頼性の判断とは独立であることを示している。すなわち, 高信頼者は騙されやすい「お人好し」なのではなく, むしろ他者の信頼性 (ないしその欠如) を示唆する情報を適切に処理して, 他者の信頼性 (ないしその欠如) を正確に判断する人間であることを示唆している。最後に, 社会環境と認知資源の配分の観点からこの知見を説明するための一つのモデルが紹介される。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[knowledge][science][学び] _pdf: The Japanese Journal of Experimental Social Psychology. 1997, Vol. 37, No. 1, 23-..

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

人を信頼する人ほど騙され易いって都市伝説なんだー
@sweet_1159 3章がこの内容(https://t.co/kCv8o04QTD) 4章がこの内容(https://t.co/kNse4MzGJn) じゃないかな? まあ専門用語を解説するとページ数が膨大になるからね。囚人のジレンマとかは覚えていかないといけないし、社会不確実性とコミットメント形成の概念もイメージできてからじゃないと辛いかもね。
#knowledge #science #学び _pdf: The Japanese Journal of Experimental Social Psychology. 1997, Vol. 37, No. 1, 23-.. http://t.co/lb7UCESx48

収集済み URL リスト