著者
下斗米 淳
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.1-15, 2000-07-15 (Released:2010-06-04)
参考文献数
35
被引用文献数
8 7

本研究は, 同性友人関係の親密化過程において, 当事者間に, 親密さに応じた対人葛藤の生起し易い可能性を検討することが目的であった。大学生男女317名 (男性104名, 女性213名) を調査対象として, 実際の交際相手との相互作用を想定させた上で, 役割行動期待尺度 (下斗米, 1991, 1999b) を用い, 相手に対する期待度, 遂行度, 満足・不満足度を測定した。また, 最近生起した実際の葛藤事態の自由記述を求めた。その結果, 親密化過程の段階によって期待される役割行動の様相が異なり, これに応じて葛藤原因として顕在化し易い, あるいは顕在化し難い役割行動も異なっていくことが見い出された。この結果に基づき, 親密化過程において, 役割行動の遂行は, 当該段階での友人関係の維持に必要とされる一方で, それゆえにまた対人葛藤を引き起こす原因にもなり得る可能性が考察された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】下斗米淳(2000) 友人関係の親密化過程における満足・不満足感及び葛藤の顕在化に関する研究 https://t.co/YdulSEyAxC
【実験社会心理学研究・掲載論文】下斗米淳(2000) 友人関係の親密化過程における満足・不満足感及び葛藤の顕在化に関する研究 https://t.co/YdulSEyAxC

収集済み URL リスト