著者
井田 秀行 高橋 勤
出版者
日本森林学会
雑誌
日本森林学会誌 (ISSN:13498509)
巻号頁・発行日
vol.92, no.2, pp.115-119, 2010 (Released:2010-06-17)
参考文献数
30
被引用文献数
2 4

2004年よりブナ科樹木萎凋病によるナラ枯れが顕在化している長野県飯山市では, 1750年にも同様の被害が発生していた。当時の様子は古文書に, 「神社の社叢において, 多数のナラ樹の葉が夏頃から変色し始め, 秋にほとんどが萎凋枯死した。虫は樹幹に加害しており駆除の手段がない」と記されていた。また, 対処法として, 被害発生の翌年, 直径19∼35 cm程度のナラ樹35本が売却され, 売上金が社殿の修復料に充てられたことや, 他の枯死木から約500俵 (約9.4 t) の木炭が作られたことが記されていた。これらの状況から, 当時の被害はカシノナガキクイムシが病原菌Raffaelea quercivoraを伝播して発生するブナ科樹木萎凋病による被害であると考えられる。すなわち, カシノナガキクイムシは江戸時代以前から我が国に生息しており, ブナ科樹木萎凋病は社叢のような大径木が多い立地で発生を繰り返していた可能性が高い。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[昆虫][ナラ枯れ]

Twitter (9 users, 9 posts, 5 favorites)

J-STAGE Articles - ナラ枯れは江戸時代にも発生していた https://t.co/mxpBItck8H 長野県飯山市の事例。大径木 で発生していたとの記録。
都心公園でも郊外の山でもコナラやクヌギがキクイムシが原因で「ナラ枯れ」を大量に起こしている。論文によれば狙われるのは大樹となった老木。薪炭林管理がなくなり老木が増えたのが原因。コナラクヌギは人里に多く台風などで突然倒れるのでとても危ない。。。 https://t.co/8goXhSzXOV
日林誌「ナラ枯れは江戸時代にも発生していた 井田 秀行、高橋 勤」URL:https://t.co/8lGPxY07H7 1750年にナラ枯れが発生したと古文書に記録。1730年~1790年は低温気。地球温暖化の影響がなくてもナラ枯れが発生。気温はやはり関係ないのか。
https://t.co/wXc8wDjGhw
ナラ枯れは江戸時代にも発生していた - https://t.co/KIQDPWmcfO

収集済み URL リスト