著者
石井 クンツ昌子
出版者
日本家族社会学会
雑誌
家族社会学研究 (ISSN:0916328X)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.83-93, 2004-07-31 (Released:2009-08-04)
参考文献数
31
被引用文献数
1

不登校, ひきこもり, 青少年犯罪など子どもに関する様々な問題はあとを絶たない。これらの要因のひとつとして子どもの社会性の欠如があげられると同時に親子関係の問題も指摘されてきた。日本の親子関係に関する研究は主に乳幼児の発達と母親を対象にしたものが多く, 父親が子どもの社会性にどのように影響しているかについての研究は少ない。さらに就学児の社会性と父親の子育て参加の関連についての研究はほとんどなされていない。米国の研究についても同様なことが指摘される。本稿では父親の子育て参加が就学児の社会性に及ぼす影響に焦点をおき, 母親の子育て参加, 父母の年齢と教育程度, きょうだいの数, 子どもの年齢と性別, そして家族構造などの影響を解明する。日米のデータを重回帰分析した結果, 父親の子育て参加が活発であるほど就学児の社会性が高いことが明らかになった。さらに子どもの社会性に関しては子どもから見た父親の子育て参加が父親自身から見た子育て参加よりもより強い影響を示していることも解明された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (9 users, 10 posts, 12 favorites)

.@hahaguma: RT @contractio 「父親の子育て参加と就学児の社会性に関する日米比較調査」(家族社会学研究 16-1) http://t.co/PxpfupyRac .@ReseMom: http://t.co/oOBhHlLaUY @ReseMom
同じく。父親は育児参加せんとRT @contractio “石井クンツ昌子(2004)「父親の子育て参加と就学児の社会性に関する日米比較調査」(家族社会学研究 16-1) - J-STAGE” http://t.co/cGXXGcFxLV #sociology #family

収集済み URL リスト