著者
湯川 進太郎 吉田 富二雄
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.70, no.2, pp.94-103, 1999-06-25 (Released:2010-07-16)
参考文献数
29

This study investigated whether cognitions and emotions elicited by media violence mediate aggressive behavior. Eighty undergraduates, 40 men and 40 women, participated in the experiment. First, subjects were exposed to one of four violent videos which varied in levels of violence and entertainment. Subjects' heart rate and eyeblink rate were continuously recorded while they watched the video. After watching it, subjects described their thoughts which occurred while watching it and rated their affective reactions to it. Finally, their aggressive behavior was measured. Results showed that (1) videos high in violence elicited more aggressive thoughts, more thoughts of negative affect, stronger negative affects, and stronger empty-powerless affects, whereas videos high in entertainment elicited stronger positive affects; (2) no significant differences were found among the videos in terms of physiological reactions and aggressive behavior; and (3) cognitions and emotions elicited by media violence did not mediate aggressive behavior.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 2 favorites)

これもね 反対論文が存在する https://t.co/Yaw2oaSg6x 代表的研究者であるperkovvitzの一連の研 究をはじ め,そうした研究の大半では視聴前に被験者を挑発する操作が含まれ,攻撃行動を表出しやすい状態にしているといえる. しかし,挑発のない場合は攻撃行動を促進しないとい った報告もなされている https://t.co/AHbe0NcS0S
@christscrolls @383donotshut @yontogo https://t.co/ZPd4LY7kHB
暴力性のある作品のリアル攻撃性への影響については論文にもなってるんだよね。ほんで、攻撃行動を促進するとは言いきれない、と。 ていうか暴力表現ガーってなると現在娯楽として視聴してるものの大半が見られなくなる可能性あるよな。ドラマ然り映画然りMV然り。 https://t.co/VolLrhxmoM
その話は必ずしもそうとは言えません。 その実験は暴力映像見せる前後に挑発行為を行うことにより暴力行為を誘発させた話かと。 挑発行為を伴わない実験においては暴力的になることは確認されませんでした。下記の疫学的データをご覧ください。 https://t.co/W4g5dfcZY7 https://t.co/LbkbrpD8qV
暴力的映像を見せると攻撃イメージなどは高まるけれど,攻撃行動にはつながらない,らしい。 【論文】湯川・吉田(1999)暴力映像が攻撃行動に及ぼす影響 攻撃行動は攻撃的な認知および情動によって媒介されるのか? https://t.co/oM3kGr7a41

収集済み URL リスト