著者
金沢 憲一 李 瀛 史 寅 小泉 親秀
出版者
公益社団法人 精密工学会
雑誌
精密工学会誌 (ISSN:09120289)
巻号頁・発行日
vol.62, no.9, pp.1340-1344, 1996-09-05 (Released:2009-06-30)
参考文献数
15
被引用文献数
4 4

The test apparatus for cutting using a knife-edged cutter as cutlery is made. In the apparatus, cutting forces in two direction at various cutting speed can be measured continuously through cutting process. Tests which cutters made of two materials cut specimen of sweet potato are carried about various blade angles and edge angles. The results obtained are as follows : (1) Sweet potato is separated by propagation of crack caused by penetration of a cutter except the initiation. (2) Blade angle affects greatly the peak of cutting force and the cutting energy to separate specimen fully. But edge angle has no effect on them. (3) Increase of cutting speed decreases them greatly. (4) There is no effect of cutter material on cutting process.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

ナイフ状刃物による切断云々で、ATSを使っていた。https://t.co/WSNJgVV8Nn
@NervTokyo3 で、何故、戦前の研究と現代のナイフに関する研究を並べていたというと https://t.co/lcQoY01TVX >1) 青山兵吉 : 日本刀の反りと切れ味との關係, 工業雑誌53,685 (1925). あたりから始まって、引用が100年近く昔のものから来ているからです。 工学は、そのくらいレガシーな成果が変わらないんですよ
@NervTokyo3 戦前はやってたようですね。 https://t.co/4Rtciyg78b ナイフなどについてもやってるようです。 https://t.co/lcQoY01TVX 多分、私自身も含め「調査が足りない」だけで、幾らも切断効果の研究はしてるでしょう。 切断の原理自体は変えようがないんで、仮説と言ってもそんなに的外れにはならないかと

収集済み URL リスト