著者
佐藤 郁哉
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.67, no.4, pp.164-170, 2017-04-01 (Released:2017-04-03)

本稿では,公的研究資金の選択的配分の前提としておこなわれる研究評価事業によってもたらされる意図せざる結果について検討する。英国の研究評価事業を事例として取り上げ,同事業が研究活動テーマや方法論の均質化に結びついていく可能性について見ていく。焦点をあてて検討するのは,商学・経営学の領域における論文化の傾向である。この領域では,研究評価事業に際して提出される研究成果においてジャーナル論文の占める比率が急速に増加していった。これは,同領域が偏狭な業績主義によって席捲され,「ジャーナル駆動型リサーチ」が優勢になってしまう可能性を示唆するものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

佐藤郁哉「英国における研究評価事業:制御不能の怪物(モンスター)か苦い良薬か?」 https://t.co/Jr89h7Cm5U
佐藤郁哉「英国における研究評価事業:制御不能の怪物(モンスター)か苦い良薬か?」 https://t.co/Jr89h7Cm5U
会誌「情報の科学と技術」2017年4月号 英国における研究評価事業:制御不能の怪物(モンスター)か苦い良薬か?…佐藤 郁哉 https://t.co/OKDS9WP7qA

収集済み URL リスト