著者
和田 玲子
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.69, no.1, pp.16-21, 2019-01-01 (Released:2019-01-01)

経営層からの要望やビッグデータ解析ツールの高度化により,知財業界で「IPランドスケープ」が盛り上がりを見せている。IPランドスケープは,知財解析を経営判断に活かすものであり,知財解析を実行する人材としての知財アナリストの育成は急務である。本稿では,IPランドスケープ実施に際し,知財アナリストの育成に直面した筆者が,特許サーチャーのキャリアパスを参考にしながら検討した,知財アナリストのキャリアパスについて述べる。具体的には,見習い,一人前,熟達者の3段階にわけ,各レベルで必要となるスキル,その獲得時期や方法について言及する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 5 favorites)

最後は旭化成の方のプレゼン+3名の方の対談。 旭化成の方ご執筆の論文。 企業における知財アナリストのキャリアパス~IPランドスケープの実施のために~ https://t.co/ekqnokVGgF https://t.co/YtHAylfQf6
会誌「情報の科学と技術」2019年1月号 特集:企業における知財アナリストのキャリアパス~IPランドスケープの実施のために~…和田 玲子 https://t.co/DtYz4SE0Vh

収集済み URL リスト