著者
久保田 晃弘
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.70, no.8, pp.419-424, 2020-08-01 (Released:2020-08-01)

マニュエル・リマが『視覚的複雑性』のサイトと本で試みた,ビッグデータのアルゴリズミックな可視化の分類学を出発点に,ゲシュタルト心理学のプレグナンツの法則(人間の知覚の特性),レイコフ&ジョンソンの「イメージスキーマ」(身体的経験の概念化)を介した,大規模データからの人間の意味の読み取り可能性を考える。次に,近年さまざまな分野から注目されている,圏論にもとづく「圏的データベース」を紹介し,有向グラフによる図式という圏の基本構造が,視覚的複雑性(可視化)とイメージスキーマ(意味)のダイナミズム,さらには宇宙の構造(物理学)をつなぐ共通言語になる可能性を提示する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

視覚的複雑性から圏的データベースへ https://t.co/1sSqNYB2Uc
会誌「情報の科学と技術」2020年8月号 特集:視覚的複雑性から圏的データベースへ…久保田晃弘 https://t.co/8JTLYChTrO
J-STAGE Articles - 視覚的複雑性から圏的データベースへ https://t.co/nrvPfZDMZH

収集済み URL リスト