著者
大泉 伝 斉藤 和雄 Le DUC 伊藤 純至
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
vol.98, no.6, pp.1163-1182, 2020 (Released:2020-12-17)
参考文献数
34

数値気象予測モデルの要素が豪雨のシミュレーションに与える影響を調べるため、広い領域を対象とした超高解像度実験を2014年8月の広島の豪雨事例で行った。本研究はPart 1 の2013年10月伊豆大島での研究に続くものであり同様の実験を行った。これらの研究から豪雨のシミュレーションにおいて広い領域で高解像度モデル(解像度500m以下)を用いる有用性を示した。 広島の事例では降水帯の位置や強度はモデルの解像度に影響を受けることがわかった。解像度2kmの実験では降水帯は再現されたがその位置は北東にずれていた。解像度500mと250mの実験ではこの降水帯の位置ずれは軽減された。最も降水帯の位置と強度をよく再現したのは解像度250mの実験であった。降水帯に対する境界層スキームの影響は小さく、この点は伊豆大島の事例と異なっていた。 本研究では対流コア数のモデル解像度依存性についても調査した。モデルの解像度に対する対流コア数の変化率は解像度500mで小さくなる事がわかった。この結果は、対流コア数は解像度500mより高解像度になると収束する可能性を示す。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 4 favorites)

Highlighted Paper on U. Tokyo/AORI page at https://t.co/vhUQSR4K3N Oizumi, T. et al., 2020: Ultra-high resolution numerical weather prediction with a large domain using the K computer. Part 2. JMSJ, 98, 1163-1182. https://t.co/XOs80vt3SY
New article just published online! https://t.co/XOs80vt3SY Oizumi et al., 2020: Ultra-high resolution numerical weather prediction with a large domain using the K computer. Part 2: The case of the Hiroshima heavy rainfall event on August 2014 and dependency on model resolutions. https://t.co/Ezu3cf1n3g

収集済み URL リスト