著者
渡辺 哲也
出版者
国立保健医療科学院
雑誌
保健医療科学 (ISSN:13476459)
巻号頁・発行日
vol.66, no.5, pp.523-531, 2017 (Released:2017-11-28)
参考文献数
19

視覚障害者の意思疎通を支援する人的支援サービスである代読・代筆,点訳・音訳サービスに関する調査,及び携帯電話・スマートフォン・タブレット・パソコンを対象としたICT機器の利用状況調査を行った.その結果をもとに,サービスや機器の利用に地域間差が見られるかどうかを調べたところ,人的支援サービスとICT機器の利用の両方において利用率については地域間差は見られなかった.しかしながら人的支援サービスについてはサービス利用上の課題に対する自由意見から,点訳・音訳サービスの依頼先が少ない地域があるという意見も少数ながら得た.ICT機器の利用については,スマートフォン・タブレットの講習会が三大都市圏に集中している点に地域間差が見られた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

@para_mon @masuP9 やや別のネタですが、これなんか面白そう:保健医療科学 2017 年 66 巻 5 号 p. 523-531 視覚障害者の意思疎通支援サービス, 及びICT機器利用状況の地域間差の分析 https://t.co/SJEwI0dwFa
“渡辺 哲也 / 視覚障害者の意思疎通支援サービス, 及びICT機器利用状況の地域間差の分析” https://t.co/GFWaGHv2qP

収集済み URL リスト