著者
児玉 真美
出版者
科学技術社会論学会
雑誌
科学技術社会論研究 (ISSN:13475843)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.55-67, 2019-04-20 (Released:2020-04-20)
参考文献数
19

世界各地で「死の自己決定権」「死ぬ権利」を求める声が広がり,積極的安楽死と医師幇助自殺の合法化が加速している.それに伴って,いわゆる「すべり坂」現象の重層的な広がりが懸念される.また一方では,医師の判断やそれに基づいた司法の判断により「無益」として生命維持が強制的に中止される「無益な治療」係争事件が多発している.「死ぬ権利」と「無益な治療」をめぐる2 つの議論は,決定権のありかという点では対極的な議論でありながら,同時進行し相互作用を起こしながら「死ぬ・死なせる」という方向に議論を拘束し,命の選別と切り捨てに向かう力動の両輪として機能してきたように思われる.日本でも「尊厳死」のみならず積極的安楽死の合法化まで求める声が上がり始めているが,「患者の自己決定権」概念は医療現場にも患者の中にも十分に根付いておらず,日本版「無益な治療」論として機能するリスクが高い.日本でも命の切り捨ては既に進行している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 22 favorites)

これ今読み始めたんですが、クリティカルな話題かつ(各個人が)生きている以上考えなければならないテーマゆえ、大半の人間にとって大事だと感じます。 児玉 真美 「死ぬ権利」と「無益な治療」命の選別と切り捨てへの力動の両輪として https://t.co/zyc1a8VtW8
「死ぬ権利」と「無益な治療」命の選別と切り捨てへの力動の両輪として https://t.co/Gbnolua6PB #安楽死
「死ぬ権利」と「無益な治療」 命の選別と切り捨てへの力動の両輪として 児玉 真美 https://t.co/IRtgcoRzfA
(安楽死を合法化する国々では、その)「対象者は終末期の人から認知症患者へ、精神障害者、高齢者、重度障害者、知的障害者や発達障害者へと、じわじわと拡大し続けている」 https://t.co/lYMDXwTEcl
【時事:命の選別】 発言の経緯が分からないのでコメントしづらいですが、下記のグラフは真実です。誰かが言わなくてもいずれ議論しないといけない問題だと思います。 生命倫理の文献;「死ぬ権利」と「無益な治療」 命の選別と切り捨てへの力動の両輪として:https://t.co/novE9RM4hY https://t.co/HE4wSUxXUK

収集済み URL リスト