著者
西田 豊明
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.55, no.7, pp.461-471, 2012-10-01 (Released:2012-10-01)
被引用数
2 or 0

ネットワーク社会が急速に形成されつつある今日,人工知能研究は1950年代から今日までの五十余年にわたる1番目のステージを終え,2番目のステージに移りつつある。本稿では,第2ステージの人工知能研究のあり方を議論するため,まず,過去の人工知能研究の流れを回顧し,顕著な成果が大規模探索,知識ベースシステム,言語・音声・画像処理,プランニング,機械学習とデータマイニング,人工知能と芸術との融合であることを指摘する。次に,「すごい」と言わせるくらいの高い問題解決能力を持つ知的エージェントを作ることを目指した従来研究に対して,これからの研究では,ユーザーに「君がいてよかった」と言ってもらえるような高い共感力を持ち,計算知能と人間社会をつなぐコミュニケーション知能の実現にもっと重点を置くべきであることを論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (1 users, 1 posts)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/55/7/55_461/_pdf なかなか面白い読み物 

はてなブックマーク (6 users, 6 posts)

数学に端を発し,計算基盤を経て人工知能に至る流れと,自然知能(人間個人,人間社会)研究に端を発して,人工知能に至る学術発展の流れがこれまで以上に深いレベルで本質的に交わり,さらに発展していく
数学に端を発し,計算基盤を経て人工知能に至る流れと,自然知能(人間個人,人間社会)研究に端を発して,人工知能に至る学術発展の流れがこれまで以上に深いレベルで本質的に交わり,さらに発展していく
[あとで読む][AI]

Twitter (20 users, 24 posts, 30 favorites)

“461 人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題 情報管理 vol. 55 no. 7 2012 人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題 Artificial intelligence research in the seco…” http://t.co/hhRLgtjTD5 #AI
【N】スーパー知能の実現には人工知能分野は多くの貢献をしてきました.  http://t.co/hxJ2JZZz や http://t.co/14pphgWj にまとめた通りです.
【N】これまでの人工知能の発展の歴史は http://t.co/ZfvBAR3S でおさらいした通りです.とくに,ここしばらくは人工知能技術の成果が世の中をにぎわしていますよ.Siri, IBM Watson,Google Driverless car,….
雑感2:さきに, 刊行した「人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題」 http://t.co/GAaiBWWy にはいろいろ反響をいただき勉強になった.オープンアクセスの威力.
人工知能についてのとても良いまとめ。 / 人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題 https://t.co/lMXf1VMo
「人工知能研究半世紀の歩みと今後の課題」という題の記事 http://t.co/dflgPJim が掲載されました.「情報管理」誌から執筆依頼をいただいたことを契機に,AIの歩みはどうであったか,これからどう歩むべきかといったことについての私の考えをまとめた結果です.

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/55/7/55_461/_pdf (19)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/55/7/55_461/_article/-char/ja/ (10)