著者
赤塚 美月 中川 真紀 臼井 千惠 林 孝雄
出版者
公益社団法人 日本視能訓練士協会
雑誌
日本視能訓練士協会誌 (ISSN:03875172)
巻号頁・発行日
vol.49, pp.45-49, 2020 (Released:2021-02-06)
参考文献数
15

【目的】急性内斜視を相次いで発症した2兄弟を報告する。【症例】兄弟1(一卵性双生児)兄:16歳発症。25⊿ET。1年前から近距離でスマートフォン(以下スマホ)使用。兄弟1弟:18歳発症(大学受験勉強中)。40⊿ET。兄弟2兄:15歳発症(高校受験勉強中)。60⊿ET。兄弟2弟:13歳発症。65⊿ET。1年前から近距離でスマホ使用。屈折異常は兄弟1正視、兄弟2近視。全例で遠・近見での眼位差なし。【結論】兄弟1兄と兄弟2弟は近距離のスマホ使用が、兄弟1弟と兄弟2兄は受験勉強(近業)が急性内斜視の発症誘因となった可能性があり、共通する遺伝要素を持つ兄弟でも発症に環境要因が影響することが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 17 favorites)

一方で中高生であっても、ストレスやスマホの長時間利用で急性内斜視が発症した事例もあるようなので、あらゆるメディアと同様、適切な利用時間と刺激量を守るということことに尽きると考えます https://t.co/coXhpq7pVY

収集済み URL リスト