著者
高橋 美保子
出版者
日本公衆衛生学会
雑誌
日本公衆衛生雑誌 (ISSN:05461766)
巻号頁・発行日
vol.53, no.8, pp.554-562, 2006 (Released:2014-07-08)
参考文献数
27
被引用文献数
1

目的 わが国におけるインフルエンザ流行による超過死亡を明らかにするための一法として,超過死亡の範囲を推定し,記述すること。方法 1987~2003年の人口動態統計から不慮の事故(ICD-9:E800-E949,ICD-10:V01-X59)を除く総死亡の月別死亡数を得て,年間死亡率と季節指数を用いたモデルを適用し,インフルエンザの流行がない場合の死亡数の期待値と95%範囲(基準範囲)を求めた。実際の死亡数(観察値)と期待値との差から超過死亡の点推定値を求め,観察値と基準範囲限界値(上限値,下限値)との差から超過死亡の範囲を求めた。なお,インフルエンザ流行月は,感染症発生動向調査の結果を考慮しつつ,「インフルエンザ死亡率0.9(人/10万人年)以上の月」とした。結果 超過死亡の点推定値が最も大きかったのは1999年,次いで95年,そして,93年,97年,2000年,および2003年の流行期であった。1999年の超過死亡は約 4 万 9 千人と点推定されたが,その年の超過死亡は約 3 万 7 千人~約 6 万人の範囲とも推定された。同様に,95年の超過死亡は約 3 万 8 千人と点推定されたが,約 2 万 7 千人~約 4 万 8 千人の範囲とも推定された。また,93年,97年,2000年,および2003年の超過死亡の点推定値は,それぞれ約 2 万 1 千人~約 2 万 5 千人のほぼ一定の範囲内にあったが,超過死亡の範囲(最小値,最大値)はそれぞれ,約 1 万 5 千人~約 3 万 6 千人,約 1 万 8 千人~約 3 万 1 千人,約 1 万 4 千人~約 2 万 8 千人,そして約 1 万 1 千人~約 3 万 4 千人と年によって異なることが示された。超過死亡の範囲を比較し,95年の超過死亡が観察期間中で最大であった可能性もあることが分かった。結論 インフルエンザの流行がない場合の死亡数のばらつきの範囲を考慮した上で,その年のインフルエンザの流行によって増加したと考えられる死亡数の範囲(最小値,最大値)を把握することができた。超過死亡の範囲の推定は,インフルエンザによる健康影響を把握する上で,有用な方法の 1 つであると考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (45 users, 58 posts, 30 favorites)

@natuo74467037 https://t.co/oilXq88Py5 https://t.co/GtheNZkkWc
@harukaT81088700 https://t.co/oilXq88Py5 https://t.co/GtheNZkkWc
https://t.co/g5HqxN2Spl 古い報告書だけどまだタミフル等が販売されていなかった時代にはインフルエンザで亡くなったと推定される方が年間で約14000人〜60000人とかいた(ワクチンはあった)。 新型コロナで亡くなった方は約1100人程度。 何を恐れているんだ日本人は?
@bokudentw いや「超過死亡」の概念は面倒くさいですよ。「ここから増えた分は超過死亡」なんて自明なラインはありませんから。まず日本の場合、高齢化が進んでますから放っておいても年々、死者が増えます。さらに季節変動があってと言うような事を補正して「ベースライン」ができます https://t.co/bNhDbYTUcM
少し古いけど、季節性インフルエンザ流行時における超過死亡数推定 https://t.co/J7pi24TMtq
@__fusion 感染研が閾値との差分を超過死亡としてるので、、、どう考えても不適切と思いますが。。 https://t.co/JLr0Kn962H
@yuukim いやいや、それこそ独自定義ですよ。 あのデータは感染研が発表してるものですから、感染研の定義に従うべきです。それは下記の文献の表1. 「超過死亡の推定方法の例」の中の[感染研の方法]と書かれたものであるはずです。確かに他よりも小さめに出る推定方法ではありますが。 https://t.co/bNhDbYTUcM
実際このモデルで計算した論文https://t.co/bxQfyOToxzでは実際の感染研の報告値よりも超過死亡推定値の方がはるかに多い。(表4) 月別のデータはないけれど、月別で見たら1〜3月は相当ズレてるんじゃないかな
https://t.co/mOXIFUF0cT
WHOや日本のインフル超過死亡推定についてのスレッド 1973年のWHOは季節変動を三角関数で近似+トレンド、の期待値がベースラインとして、その差を超過死亡としていた。言葉遣い変になってるところは察してください 3枚目は高橋美保子 (2006) https://t.co/WVRuiXsncz https://t.co/zD2RTeTngf https://t.co/nHuZP9MxtC
国立感染症研究所の超過死亡の評価方法についてはこちら。最後の文献は感染研モデルについて予測区間とあるけど信頼区間なのでは? https://t.co/JhYROBfDcG 大日康史, 健康経済学, 2003 https://t.co/r5hXCx8Tvk 高橋美保子. インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 https://t.co/WVRuiXsncz
この人、「高齢化補正」をかけてたけれど、超過死亡って高齢化補正をしていいものなの…?(ざっくり見たかぎりでは、そういう変な補正は無かったような。これとか https://t.co/LUseQqNNa1 ) https://t.co/ayRQiWOvlX
@5I6X4B0tUxXtLCw @SpongeMelTBC @Isseki3 @takapon_jp インフルエンザとしての死亡者は毎年3,000人前後かと思われます。 それだけだと総死亡者の数が辻褄が合わないのでWHOが統計的な概念として超過死亡と言うことを言ってます。 もともと基礎疾患があった方とかですね。 まあ、WHOの言うことですから参考までになのです。 https://t.co/ZQxddTP0xR
呼吸器系疾患 をはじめとする各種死因の死亡数が、「非流行期の 死亡数と比べて高くなる」という現象を超過死亡と言うゾ wiki無いので論文紹介 リンク→ https://t.co/V2pMiJVyha
@fusu3 私も計算しました。松戸と柏です。計算ミスなどがなければ、松戸では3月、4月に例年に比べ3、4%の超過死亡率が見られました。柏は例年の範囲です。 下を参考に超過死亡率を計算しています。仮定が必要な所は保守的に置いてます。 https://t.co/VyGe3bo8sB https://t.co/WmVQKQgQmX
ちなみに超過死亡のモデルって厳密なのかと思ったら月単位でみたら線形近似で https://t.co/LUseQr5o1z 良さげだったので線形近似しました
インフルエンザの超過死亡についていろいろと調べてた。1998~99の流行時、数万人の方が直接・間接的にインフルでお亡くなりになってた。当時のこと、あんまり覚えてない。普通に生活してた。 https://t.co/QUtbTtP6ty
インフルエンザの超過死亡の推定方法についてのメモ 高橋美保子. インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 年間死亡率と季節指数を用いた最小超過死亡の推定モデルの応用 https://t.co/WVRuiXsncz 国立感染症研究所. 2018/19シーズンにおける超過死亡の評価 https://t.co/JhYROBfDcG https://t.co/lvT0wNmWAO
インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 年間死亡率と季節指数を用いた最小超過死亡の推定モデルの応用 https://t.co/ifi5RUV44u
インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 年間死亡率と季節指数を用いた最小超過死亡の推定モデルの応用より https://t.co/ifi5RUV44u
インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 年間死亡率と季節指数を用いた最小超過死亡の推定モデルの応用より https://t.co/ifi5RUV44u
J-STAGE Articles - インフルエンザ流行による超過死亡の範囲の推定 年間死亡率と季節指数を用いた最小超過死亡の推定モデルの応用 https://t.co/JnINSiJhti厚労省
アメリカだけで毎年1万人以上死んでんの。 https://t.co/aY459Bgrot 今回の新型ウィルス世界で1万5千人って、、、 だったら毎年パンデミックでしょ。
ゲーム作りにも疲れたので、適当に論文を読みながら結果を実装してみようとしている。別にデータサイエンティストでも何でもないけど、Python(というか各種統計パッケージ)のお勉強がてら。 しかし、、確率フロンティア分析か。。 https://t.co/f09LFtc9U7

収集済み URL リスト