著者
小林 真之 武知 茉莉亜 近藤 亨子 大藤 さとこ 福島 若葉 前田 章子 廣田 良夫
出版者
日本公衆衛生学会
雑誌
日本公衆衛生雑誌 (ISSN:05461766)
巻号頁・発行日
vol.57, no.8, pp.605-611, 2010 (Released:2014-06-12)
参考文献数
27

目的 不活化インフルエンザワクチン接種とギラン•バレー症候群(GBS)の関連について文献的に考察する。方法 米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices: US-ACIP)の勧告に引用されている文献を中心に,不活化インフルエンザワクチンと GBS の関連についてこれまでの報告を要約するとともに,考察を加える。結果 1976年,米国において接種キャンペーンが実施された A/New Jersey/76インフルエンザワクチンについては GBS との因果関係が明らかであった。その後の季節性インフルエンザワクチンと GBS については,一貫した論拠は得られなかった。統計学的に有意な関連を報告した文献では,研究の限界を考慮した寄与危険は最大で100万接種あたり1.6例と推定されていた。考察 通常の季節性インフルエンザワクチンと GBS の因果関係について,結論は得られなかった。しかし,これまで報告されているインフルエンザの疾病負担およびワクチン有効性と対比すると,インフルエンザワクチン接種が疾病負担を軽減する有益性は,観察されている季節性ワクチン接種後の GBS のリスクを大きく上まわると考察された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 9 posts, 5 favorites)

『現在まで,GBS はインフルエンザワクチンの重篤な有害事象として30年以上におよび,医学研究者・医療従事者の重大な関心事項であり続けている』(https://t.co/3htQmX0TmG)
過去の話をするなら、1976年にはアメリカのインフルエンザワクチン接種キャンペーンがギラン・バレー症候群 増大のために中止になった(https://t.co/3htQmX0TmG)というのがあるようですが。> https://t.co/ULUwARnMia
【インフルエンザワクチン接種に伴うギラン・バレー症候群】 受験シーズンとインフルエンザの流行が重なってしまうのは何とかならないものかと思います。さて、100万分の1程度ですが、ワクチン接種によるギラン・バレーが報告されています。頭の片隅にでも。 引用:https://t.co/BsU9dgiSXp https://t.co/WsniVsbXjm

収集済み URL リスト