著者
桑田 真臣 千原 良友 鳥本 一匡 影林 頼明 中井 靖 三馬 省二
出版者
一般社団法人 日本泌尿器科学会
雑誌
日本泌尿器科学会雑誌 (ISSN:00215287)
巻号頁・発行日
vol.100, no.6, pp.632-634, 2009 (Released:2012-02-01)
参考文献数
10

思春期尿道異物の2例を経験したので報告する.症例1は12歳, 男子.肉眼的血尿, および尿道痛を主訴に当科を受診した.KUB, および尿道膀胱鏡で前立腺部尿道に全長7.5cmの伸展させた状態の安全ピンが認められた.患者は否定したが, 安全ピンは自己挿入されたと推察された.症例2は14歳, 男子.全長5cmの円柱状の金属を自慰目的で自己挿入した.KUBで異物は膀胱内に認められた.2例とも内視鏡的に異物を摘出し得た.2例の家庭環境の共通点として, 母子家庭であることがあげられる.症例1の父親は, 患者が 5 歳のときに患者を助けようとして患者の目の前で交通事故死した.症例2では, 両親が離婚していた.幼児期における父親との離別が精神状態に不安定性を与え, 結果的に尿道への異物自己挿入の原因となった可能性が考えられる.泌尿器科医にとって尿道膀胱異物はまれではないが, 15歳以下の報告は極めてまれである.尿道異物自己挿入の原因としては自慰目的がもっとも多いが, 思春期の症例では精神神経疾患の初期症状であるものや, 精神状態が不安定であるものが散見される.膀胱尿道異物患者, とくに思春期の患者においては, 異物自己挿入にいたった背景や精神状態を慎重に評価し, 精神医学的検索や治療の必要性を的確に判断することが泌尿器科医に求められると考える.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

Twitter (81 users, 86 posts, 92 favorites)

保田塾の塾長をやっているものなのですが、男子自慰の器具にかんする調査は知りません。ですが尿道自慰資料はあります。 https://t.co/hf2vZCWEjk
これ読んでて本当に痛かった。。 https://t.co/8qzqaWAKZn
【はてブ新着学問】 日本泌尿器科学会雑誌第100巻第6号 https://t.co/B4fsEbjAyA
日本泌尿器科学会雑誌第100巻第6号 https://t.co/23IvtwokSm
声に出して読みたい日本語 https://t.co/hf2vZCWEjk https://t.co/WkduclcOsq
思春期男児膀胱尿道異物の 2 例 ―自己挿入にいたる背景の考察― https://t.co/hf2vZCWEjk まえにも紹介したが、ショタの人は必読
こちらは思春期男性の自己挿入例 https://t.co/Bz5FEyaPC8 精神疾患が原因となる可能性は良いとして、母子家庭云々はかなり推定が多すぎるな。2例を以てここまで言うならほかの例の引用も求めたいところ
思春期男児膀胱尿道異物の2例 —自己挿入にいたる背景の考察—http://t.co/PTA1nEnp8o お前らも苦労してたんだな…

収集済み URL リスト