著者
吉永 敦史 吉田 宗一郎 中込 一彰 後藤 修一
出版者
一般社団法人 日本泌尿器科学会
雑誌
日本泌尿器科学会雑誌 (ISSN:00215287)
巻号頁・発行日
vol.98, no.5, pp.710-712, 2007-07-20 (Released:2010-07-23)

症例は62歳, 男性. 1998年交通事故によりC3-4レベルの頚髄損傷となり両上下肢麻痺, 膀胱直腸障害が出現したが, 手術とリハビリテーションによって現在では歩行可能となっている. また排尿状態については術後尿閉がみられたが, 次第に改善し自排尿可能となっていたとのことであった. 2001年排尿障害を自覚し, 尿の排出ができなくなったため自己導尿目的にネギを尿道に挿入したが抜去できなくなったため当科受診となった. 鉗子による異物の除去はできず, 経尿道的に異物の除去を行った. 尿道カテーテルの歴史について調べてみると, 金属製のものや自験例のようなねぎなどが用いられていた時代もあった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

Twitterで拾った論文.導尿目的で利用したネギによる膀胱尿道異物の1例.日泌尿会誌, 98巻, 5号, 2007年: 710~712 考察が情緒溢れる名作です.ただ,欲を言うのであれば,もう少しネギとか植物の膀胱異物に触れて議論してほしかった. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1989/98/5/98_5_710/_pdf

はてなブックマーク (6 users, 6 posts)

[医療] 尿道カテーテルの歴史は古い / 県西部浜松医療センター泌尿器科 2007年
“自己導尿目的にネギを尿道に挿入したが抜去できなくなった”
[medical][*14_しりょう] 膀胱尿道異物となった1例を報告するとともに尿道カテーテルの歴史について考察とのこと。興味深い。

Twitter (151 users, 153 posts, 109 favorites)

ネギで尿道損傷ならあった。https://t.co/5Maz1CCeWU https://t.co/5iy3nMcVKV
導尿目的で利用したネギによる膀胱尿道異物の1例 尿道カテーテルの歴史的考察 日泌尿会誌Vol. 98 (2007) No. 5 P 710-712 https://t.co/Myxk8d50fY んほぉwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
何でそこでネギを選んでしまったのだろうか…((((;゜Д゜))) 場所を選べば尿カテ売ってるのに…(´・ω・`) https://t.co/sxShWFlaxR
しゅごい…… https://t.co/698S8LHLFe

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1989/98/5/98_5_710/_pdf (122)

http://altmetrics.ceek.jp/article/www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1989/98/5/98_5_710/_article/-char/ja/ (33)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1989/98/5/98_5_710/_article/-char/ja/ (4)