著者
武田 真太郎
出版者
Society of Environmental Conservation Engineering
雑誌
環境技術 (ISSN:03889459)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.48-54, 1979-01-18 (Released:2010-03-18)
参考文献数
25
被引用文献数
3 4

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 16 posts, 9 favorites)

低音の方が、身体が揺さぶられる(物理的に)量が大きいので、なんらかの影響はありそうなので納得。 それを利用した、治癒とは逆に身体をぶっ壊す音、音響兵器はあるのだし(超低周波?) でもそれは音であって音楽ではない。 超低周波の人体… https://t.co/nV3GVBPl9P
③超低周波音の人体影響 武田 真太郎 環境技術 1979年8巻1号 p.48-54 https://t.co/GN2e6pvFZN P.51 胸壁と腹腔の主な共鳴点は40~60Hzにあり、 105dBで既に明らかな共鳴がみられる。… https://t.co/UDWxkQAGiR
検索したら,まさにそういう論文が出て来た.[ 超低周波音の人体影響 |J-Stage https://t.co/fTfe4Jp5zd ]潜水艦の話も載ってた.中耳に傷が残るぐらいなのかー.
超低周波音により、のどにくすぐったい、窒息するような感じの訴え、咳嗽発作が誘発される。各臓器には2~15Hzの固有振動数があり、外部からの負荷を共振吸収あるいは増幅する。 環境技術学会「超低周波音の人体影響」より… https://t.co/LY9cUeJCgY
#隠された公害 #低周波音 #超低周波音 #被害 #原因 #固有振動数 #共振現象 P51~胸壁と腹腔の主な共鳴点は40~60Hz https://t.co/OdXhvyMr98 P4~内臓(心臓)等の共振、腸の痙攣、眩暈 他 https://t.co/XCQ7lqldPd
#低周波音 #超低周波音 #被害 #原因 #固有振動数 #共振現象 P51~胸壁と腹腔の主な共鳴点は40~60Hz https://t.co/OdXhvyMr98 P4~内臓(心臓)等の共振、腸の痙攣、眩暈 他  https://t.co/XCQ7lqldPd

収集済み URL リスト