著者
加藤 隆弘
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.21, no.4, pp.229-236, 2011 (Released:2017-02-16)
参考文献数
59

ミクログリアは,中胚葉由来のグリア細胞で,静止状態では樹状に突起を伸展して脳内の監視役としてシナプス間を含む微細な環境変化をモニターしている。環境変化に敏速に反応し活性化するとアメーバ状に変化し,脳内力動の主役として,脳内を移動し,サイトカインやフリーラジカルとい った神経障害因子および神経栄養因子を産生する。こうして,神経免疫応答・神経障害・神経保護に重要な役割を担い,神経変性疾患や神経因性疼痛の病態に深く関与している。我々は,抗精神病薬や抗うつ薬にミクログリア活性化抑制作用があることを in vitro 研究で見出し,ミクログリア活性化とその制御を介した精神疾患の病態治療仮説を提唱している。さらに,筆者は,無意識を扱う力動精神医学の立場から,日常の精神活動や無意識に果たすミクログリアの役割にも関心を寄せている。本稿では,我々の仮説を国内外の知見とともに紹介し,これからの本研究領域の方向性・可能性を検討する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 16 posts, 19 favorites)

精神疾患におけるミクログリアを介した神経免疫仮説 https://t.co/LYWbIPKcRd
精神疾患の新しいモデル ミクログリア仮説  | 日経サイエンス https://t.co/bRr6vKhpHh 論文PDF https://t.co/DjjPZH7xuk 初期仮説段階であることが強調されているが、様々なストレスがミクログリアを活性化する可能性があることから、フロイド的精神分析の有用性にも話が及んでいる。
@circulation_ABC 日本語の文献ではこれらがありました
https://t.co/vy18g7sKvZ あー、結局スーパーオキサイドとかあの辺のフリーラジカルが絡んでますよーって説か。 有酸素運動のしすぎでも活性酸素が発生して老化に繋がりやすい。 たとえば切ったリンゴの断面色が濁ってきたり、鉄が錆びたりって言う酸化が体内で起きている。 https://t.co/76JpXxbdDY
@yuki323 この資料も参考になるかも 精神疾患におけるミクログリアを介した神経免疫仮説 https://t.co/qKGwcNrcVr

収集済み URL リスト