著者
本間 友香里 近藤 隆二郎
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集G(環境) (ISSN:21856648)
巻号頁・発行日
vol.68, no.6, pp.II_329-II_339, 2012 (Released:2013-02-13)
参考文献数
25

本研究は,ベルギーゲント市のNPO団体EVA(Ethical Vegetarian Alternative)の活動における特徴や強みを明らかにしたものである.EVAは動物福祉や環境問題のために,ベジタリアニズムを広めることを活動の目的としており,その中でDonderdag Veggiedag(ドンダ-ダーク・フェヒーダーク)という名の週一ベジタリアン運動を展開している.EVAの活動にはフランダース州政府から助成金が出されており,また2009年からドンダ-ダーク・フェヒーダークがゲント市のオフィシャルキャンペーンとなる等,行政との協働関係が構築できている.長い肉食の歴史を持つ国で,ベジタリアニズムを広めるEVAの活動が成功している要因を明らかにするために,EVAの活動における特徴や強みについて検討を行った. その結果,EVAは人々に対し,よりポジティブな印象を与える活動や積極的な情報発信,参加型イベントを開催する等,市民が参加し易い活動を心掛けていることが明らかになった.また質の高い内部マネジメントが行われていたり,政治家との繋がりを作り,それを行政との協働関係構築に発展させる等,行政側と市民側の両方にバランスの取れた活動が行われている.これらのことより,EVAの活動は「明るく」,また戦略に基づいた「冷静」なものといえ,活動を成功へと導いていると結論づけられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 4 favorites)

@ishiya_148 前にこんな論文を見つけたので、時間があれば見てみてくださーい。 ヨーロッパの助成金制度はバンド活動やヴィーガンの活動にも使われたりしてとても羨ましく思います https://t.co/wt9sS2aU3Z
おまけ 途中でベジタリアンによって上昇する疾患のリスクファクターの話題が出たので、そっちもちょっと調べてみた 週一ベジタリアン運動における推進主体における活動変遷およびその特徴に関する研究 ーベルギーのEVAを対象としてー https://t.co/WbAo0RZFtx

収集済み URL リスト