著者
桶川 泰
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.2-20, 2016 (Released:2017-06-30)
参考文献数
16

本稿では, 女性誌に載せられた恋愛ハウトゥから純粋な関係性を志向する自己知を探索し, さらに分類・整序することによって如何なる助言をめぐる言説から成り立っているのかを明らかにした. 女性誌の恋愛ハウトゥ記事の中でも, (a)「(あなたは) ~のために~の状態・行動パターンに陷っていないか」「~の思考状態になると恋は上手くいかない」, (b)「恋愛関係を築いていくには~の思考の仕方・行動のあり方が必要である」といった自己発見・自己変革を促す助言が載せられた記事を分析資料としている.分析の結果, 女性誌の恋愛ハウトゥには(a)「自己否定意識・拒否される恐怖感が強いために, コミットする積極性を失っている状態になっていませんか」「独占欲・嫉妬心・依存心の強さからオーバー・コミットメントを行っている状態になっていませんか」「自己欲求 (自分の気持ち) を抑圧し, 相手の欲求を満たすことに没頭する状態になっていませんか」「自己欲求 (自分の気持ち) を満たすことのみを優先し, 相手の欲求に無関心・無配慮な状態になっていませんか」などの言説が存在していた.一方, (b)「恋愛関係を築いていくには~の思考の仕方・行動のあり方が必要である」という自己変革を促す言説は, 多くの相反する様相を呈する助言で氾濫するようになっていた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 7 favorites)

恋愛ハウトゥが提供する純粋な関係性をめぐる自己知:1985年から2007年までの女性誌を分析資料として 桶川 泰 #社会学評論 67(1):2-20 (2016) 全文 https://t.co/E0dPd5PSUW on #love #women #magazine
桶川泰,2016,「恋愛ハウトゥが提供する純粋な関係性をめぐる自己知――1985年から2007年までの女性誌を分析資料として」『社会学評論』 https://t.co/5R7v91m7Lv

収集済み URL リスト