著者
望月 廣 山之内 博 東儀 英夫 朝長 正徳
出版者
一般社団法人 日本脳卒中学会
雑誌
脳卒中 (ISSN:09120726)
巻号頁・発行日
vol.2, no.4, pp.382-387, 1980-12-25 (Released:2009-09-03)
参考文献数
5
被引用文献数
1 1

1017剖検例を用いて脳底部動脈のvariationを検討し, 下記の結果を得た.1) 前大脳動脈に左右差を示すvariationは57例 (5.6%), 左優位型38例 (3.7%), 右優位型19例 (1.9%) であった.1側の中大脳動脈から前交通動脈までが痕跡で血流に関与していないものは57例 (5.6%), 左12例 (1.2%), 右45例 (4.5%), と高頻度にみられた.2) 前交通動脈のvariationは従来の本邦での報告に比して少なく, 欧米の報告に近似していた.3) 後大脳動脈のvariationは胎児型307側 (15.1%), 移行型214側 (10.5%) であった.両側胎児型を77例 (7.6%) と高頻度に認めた.4) 椎骨動脈に左右差をみるvariationは282例 (27.7%) で, 左優位型 (187例, 18.4%) が右優位型 (64例, 6.3%) に比し有意に多かった.椎骨動脈の低形成7例 (0.7%, 左3例, 右4例) と, 椎骨動脈が後下小脳動脈を分枝した後に痕跡となり脳底動脈の血流に関与しないnonunion14例 (1.4%, 左6例, 右18例) の頻度をあきらかにした.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 8 favorites)

椎骨動脈には約3割で左右差がある 1017例の剖検の検討では282例(27.7%)で左右差があり、 左優位型(18.4%)、が右優位型(6.3%)に比して多かった https://t.co/talH2HIwKI
椎骨動脈には約3割で左右差がある 1017例の剖検の検討では282例(27.7%)で左右差があり、 左優位型(18.4%)、が右優位型(6.3%)に比して多かった https://t.co/talH2HIwKI
椎骨動脈には約3割で左右差がある 1017例の剖検の検討では282例(27.7%)で左右差があり、 左優位型(18.4%)、が右優位型(6.3%)に比して多かった https://t.co/talH2HZzMI

収集済み URL リスト