著者
太田 直一
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学教育 (ISSN:24326542)
巻号頁・発行日
vol.20, no.3, pp.182-188, 1972-06-20 (Released:2017-09-22)

土壌および生物は, 環境問題を考える場合の最も身近なものとして, "汚染"を判断するための基礎となるデータ(バックグラウンドまたは正常値)が望まれている。しかし, 土壌も生物も非常に複雑多様な系なので, たとえ問題を構成元素だけにかぎっても, 有効なバックグラウンド像を得ることはきわめて困難なのが実情である。本項では, 土壌については構成物質と組成について, また生物については構成元素と生物体への元素の蓄積について, それぞれ概要をのべることとする。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

もともと土壌には、アルミニウムや鉄が多く含まれています。 それは、原子核の構成として、バランスが良いからと考えられています。 しかし、アルミニウムの精製には電気が必要であり、活用されづらいのに対し、鉄は比較的容易です。 オーストラリアで多く取れるのは、世界がゴンドア大陸という1つの大陸だった頃から安定的に推移し、堆積岩類で薄められることなく、現代にまで存在しているためでしょう。 ち ...

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

聖書によると 神様は最初の人類アダム♂を土から創造し アダムの肋骨からイブ♀を創造したとあります つまり男性の進化系が女性 面白いですね 土壌の成分とヒトの成分は共通してます ゆえに、めありは進化論否定派です ダーウィンは進化… https://t.co/8QB8YMRBk8

収集済み URL リスト