著者
村中 厚哉
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.65, no.5, pp.246-249, 2017-05-20 (Released:2017-11-01)
参考文献数
6

現在では1600万以上の種類の有機化合物が知られている。有機化合物のうち,エタノールやジエチルエーテル,酢酸などは無色透明であるが,β-カロテンやフェノールフタレインなどは色がついている。本稿では,身近な色をもつ有機化合物を紹介しながら,大学で学ぶ「光の吸収と放出」や「π共役」,「分子軌道」の考え方を説明し,なぜ有機化合物の中に色がついているものと色がついていないものがあるのか,について説明する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (7 users, 7 posts, 3 favorites)

https://t.co/CLNaQiAdGB
・有機化合物の色。エタノールやジエチルエーテルは可視光を吸収しないため無色透明。可視光をよく吸収するまたはよく放出する場合は色がついて見える。黄色の蛍光ペンは青色の光を吸収する色素が含まれている。ピンクの補色は緑。… https://t.co/vdRJWKeVk8
こんな論文どうですか? 高機能広汎性発達障害児に対する「エブリ教室」の教育実践に関する報告(第19報)―参加児の活動経過及び心的過程の変遷に着目したタグラグビーにおける支援内容と方法の(佐々木 全ほか),2015 … https://t.co/GGfwUG7AZp
J-STAGE Articles - 有機化合物の構造と色 https://t.co/mvXayJSMB9

収集済み URL リスト