著者
栗山 常吉
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
化学と教育 (ISSN:03862151)
巻号頁・発行日
vol.66, no.11, pp.528-531, 2018-11-20 (Released:2019-11-01)
参考文献数
1

1906年にドイツでハーバーとボッシュがアンモニアの合成に成功した。この方法は,水と石炭と空気からパンを作る方法とも言われ,窒素の化学肥料の誕生により農作物の収穫量は飛躍的に増加し世界を飢餓から救ったと言われている。工業的には,1913年にドイツで生産が開始されているが,アンモニア合成に関しては,100年以上経った今でもハーバー・ボッシュの技術が,そのまま生かされている。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (16 users, 16 posts, 29 favorites)

@sanmamatsuri @KorsunskySergiy 合成系の化学工業の出発原料を少しは真面目に調べてくれ… アンモニア合成は、石炭→ナフサ→天然ガスと合成に使う水素を作る時の出発原料を換えてる。https://t.co/ceWkeAkN5x
なるほどー、こりゃ無理だ アンモニアの工業的製法 https://t.co/23F68LOhBT
ハーバー・ボッシュ法が広まった戦前、日本でも日窒コンツェルンを代表とする肥料製造が工業化されたが、当初日窒は大量の電力を背景とした電解水素により水素を精製していた。当然効率が悪い訳で。 https://t.co/uzVyxsJhGH https://t.co/aJw02csj2k https://t.co/tbv3o2HZuf
豪州から緊急輸入の尿素水、隣国になぜ日本に頼めない?(THE Korea Economic Daily Global Edition) #Yahooニュース https://t.co/JvLQPqN5bn 日本もギリギリだからか。 >アンモニアの工業的製法 https://t.co/R5Se66YvSD 面白い話が書かれている https://t.co/46LP6ZHYuu
ご参考までに、アンモニアの工業生産方法についてのペーパーです。 アンモニアの工業的製法 https://t.co/dWXozrs536

収集済み URL リスト