著者
柴田 修子
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
ラテンアメリカ・レポート (ISSN:09103317)
巻号頁・発行日
vol.39, no.1, pp.18-31, 2022 (Released:2022-07-31)
参考文献数
19

2018年に就任したドゥケ政権下では、コロンビア国民の分断を象徴するかのような大規模な抗議行動が展開され、多数の死者を出してきた。本稿ではまず、ドゥケ政権下で広がった全国ストや大規模デモなどの抗議行動の経緯と争点を整理する。つぎに、それらはドゥケ政権下で高まった国民の漠とした不安が政策への不満と結びついた結果起きたものととらえ、抗議行動の背景として政治不信があることを指摘する。そして政治不信を生み出すものとして、汚職問題、選別的殺人の増加、和平合意の進展状況を分析する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

こりゃだめだコロンビアhttps://t.co/5aGviwdFHb
コロンビア・ドゥケ政権下における全国抗議行動とその背景(アジア経済研究所)抗議行動の背景として政治不信があることを指摘。政治不信を生み出すものとして、汚職問題、選別的殺人の増加、和平合意の進展状況を分析https://t.co/TVuknvTxfI

収集済み URL リスト