500drachmas (@500drachmas)

投稿一覧(最新100件)

中小企業の定義―概要と論点(国会図書館)国際比較の観点から見ると、日本の定義は、基準指標に資本金額を採用している点が主要国の中で例外的であり、さらに、従業員基準又は資本金基準のいずれか一方を満たせばよいという条件になっている点が特徴https://t.co/mCbeg2KWj1
コロナ禍における旅客航空会社への支援(国会図書館)各航空会社の決済状況、各国政府の支援策をまとめるhttps://t.co/7CeoeCambn
欧州の「ベーシックインカム実験」と公的扶助改革(国会図書館)フィンランドの社会実験は、全体としては就労に与える影響は小さかったが、主観的な幸福度が有意に高い傾向が認められた。就労支援を目的の一部に含んでおり、社会的投資戦略的な政策とも理解されるhttps://t.co/po3MOJ7ckJ
建設発生土をめぐる現状と課題(国会図書館)建設発生土は廃棄物としては扱われず、規制・管理は比較的緩やか。残土問題に悩む自治体では、土砂の埋立てに関する条例を制定し、事前審査の制度や安全に関する基準を設けるなどしているが、条例の限界を指摘する声もhttps://t.co/KOhRwFHlpm
欧州グリーンディールと欧州新産業戦略―2 つの移行、グリーン化とデジタル化(国会図書館)欧州グリーンディールはデジタル化を気候中立実現の推進力とし、欧州デジタル戦略はグリーン化とデジタル化の取組を連動させるべきとしているhttps://t.co/cXqui3NLag
米国における退役軍人の薬物乱用問題(国会図書館)薬物の過剰使用で死亡した退役軍人の数は、一般国民の2倍に達する。背景には3つの要因があるhttps://t.co/IaeJI4FfYQ
主要国の個人所得負担率 金融所得課税の在り方をめぐる一考察(国会図書館)金融所得に対してフラット税率により課税を行う国では、所得が一定水準を超えると負担率が低下することが伺えるhttps://t.co/a4EMZdcRNa
ポストコロナを見据えた金融政策の修正 日銀の「点検」とその背景(国会図書館)自然利子率の低下と金融政策の「新領域」(経済格差、気候変動など)をめぐる議論についてもhttps://t.co/Yx1VpsywSc
中小企業向け税負担軽減措置の在り方(国会図書館)議論を整理。租税原則の中の「税制の中立性」を重視する観点からは、中小企業の多様性を踏まえつつ、全ての中小企業を対象とした一律の税負担軽減措置の適用について慎重な見解が示されているhttps://t.co/ea50ntaq2J
各国の輸出管理と対内直接投資管理をめぐる動向(国会図書館)米国のECRA及びFIRRMA制定の背景には、国を挙げて先進技術の取得や軍事利用を進める中国への強い警戒があると指摘されている。欧州や日本などでも、近年、対内直接投資管理の見直しが進んでいるhttps://t.co/l8PqV7cMeK
ミサイル防衛の現状と論点(国会図書館)従来からのミサイル防衛の有効性という論点に加え、イージス・アショアの代替策、米国の IAMD との連携、敵基地攻撃能力の保有の検討といった論点についても議論されているhttps://t.co/l3EpowtzM9
台湾のアクセラレータAppWorks(之初創投)の事例研究(グローバルビジネスリサーチセンター)アクセラレータも企業と同様、戦略的な経営を行うことで優れたパフォーマンスとユニークな存在感を示すことができることを事例研究にて確認https://t.co/DGuLs8BiEV
中央銀行デジタル通貨の課題(国会図書館)基本的な解説と現状、制度設計上の課題などのまとめhttps://t.co/AM0Kwfu2hq
ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題(国会図書館)受益・負担構造や垂直的不公平の問題など、制度上の問題が残されているhttps://t.co/61h9ZayKR4
サンマの資源管理と持続的利用(国会図書館)サンマ資源量は減少傾向にあり、特に日本沿岸での分布量は 2010 年に大きく減少し、その後回復していないhttps://t.co/m8Ho3KcCx4
内部留保とコロナ禍(国会図書館)最近では新型コロナウイルス感染症の感染拡大に端を発する景気悪化に関連して内部留保の存在が肯定的に取り上げられることもある。コロナ禍の企業財務への影響やコロナ後に向けた課題についてhttps://t.co/8E0z0E1poB
マイナンバー制度に関する最近の取組(国会図書館)マイナンバー及びマイナンバーカードの概要とともに、その利活用拡大に係る最近の取組とその課題を紹介https://t.co/8RMs0oqs7a
国際機関に対する中国の影響力―国連専門機関のトップ獲得の動きを中心に(国会図書館)国連専門機関のトップを選出する選挙において、中国はアフリカ等の途上国との関係を活用し、相次いでトップポストを獲得https://t.co/nmCaCqRBRg
償却資産に対する固定資産税の何が問題か(国会図書館)課税ベースには、「地域間で移動し得る償却資産」(例えば車両や航空機)が含まれているだけに、租税競争の可能性https://t.co/W8MUSRWkGr
欧米主要国における法人税改革の経緯と動向(資料)(国会図書館)法人税をめぐる世界的な動向を確認し、欧米主要4か国の法人税制の概要、主な経緯や税制改革の内容を整理。国際協調によって法人税率の引下げ競争に歯止めを掛けようとする動きがある(BEPSプロジェクト)https://t.co/RmzdThXc7w
ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験~ロックダウン下において生起する暴力(アジア経済研究所)ナイジェリア政府がCOVID-19の感染拡大を抑止するためのロックダウンを実施したことで、国家の治安機関が暴力を行使する契機を増加させていると指摘https://t.co/8gsPlYWK4rひどい状況
津波対策をめぐる経緯―昭和三陸地震から東日本大震災まで(国会図書館)津波災害警戒区域の指定は進んでおらず、要因として、関係者との調整の難しさや地価下落への懸念等が挙げられているhttps://t.co/LCrgKjLoJU
日米貿易協定と日米デジタル貿易協定(国会図書館)両協定については、日米貿易協定とWTO協定との整合性が問われるなど、課題も指摘されているhttps://t.co/bM1JqkOOed
量子コンピュータの研究開発と政策動向(国会図書館)量子コンピュータの概要、歴史、見通し、諸外国の政策動向などがまとまっているhttps://t.co/CFGAnkoo2E
ナイジェリアの国境閉鎖がもたらすニジェールの物流の変化とガソリン闇取引価格の下落(アジア経済研究所)高騰ではなく、富裕層たちが収入を見込める堅調なガソリン運搬ビジネスに力を入れた結果、価格下落。密輸入ビジネスの実情など詳しいhttps://t.co/3q1bJw6Sn4
新興感染症の流行と対策―新型インフルエンザ等への対応を振り返る(国会図書館)SARS、MERS、A/H1N1などの対応を振り返る。新型インフルエンザの沈静化後に検証が行われているが、検証時に指摘された課 題には今日に至るまで積み残されたものもあったhttps://t.co/INB8LBQuMH
2000年以降の農業構造政策の展開過程(国会図書館)耕作放棄地の増加を背景に企業参入による構造改革を掲げて農地制度の改正が積み重ねられてきたというのが2000年以降の大きな流れ。企業参入が農業構造の改革に与えた影響はネグリジブルで、制度改正の効果は極めて小さかったhttps://t.co/FxbJN2N1Vr
電子契約・電子署名の概要と課題(国会図書館)電子契約及び電子署名の概要をまとめるとともに、関係省庁が発表した電子署名法の解釈に関する見解について概説https://t.co/a3ZyX6xylE
地理的表示(GI)をめぐる動向と課題(国会図書館)我が国の登録産品について、生産者は価格上昇や輸出拡大等の効果を必ずしも実感していないとの調査結果がある。EUにおいても、売上額や輸出額が大きい登録産品は一部https://t.co/yWD2edbLgV
膠着化するベネズエラの政治経済危機~制度崩壊とインフォーマルな政治経済運営(アジア経済研究所)https://t.co/t7teBHo80N
チリにおけるCovid-19の経済的影響と年金早期引出し政策(アジア経済研究所)政府は所得補助のための政策を多く実施してきたが、さらなる中間層向けの所得対策を求める政治的圧力は強く、年金基金の積立額10%の早期引出しを認める法案が成立https://t.co/mn7V9ODziZ
メキシコ・国民再生運動の「選挙くじ引き制」による候補者選出について(アジア経済研究所)比例区の候補者の一部(最小2/3)を選出するにあたって、選挙とくじ引きを組み合わせるという独自の制度を採用しているhttps://t.co/Due7Hmcjt5
ブラジルにおける中国文化外交と孔子学院の役割(アジア経済研究所)ラテンアメリカでの孔子学院の設置には不透明な点が多い。孔子学院はブラジルでの中国語教育や広報活動だけでなく、中国企業への人材斡旋などの経済活動にも寄与https://t.co/FNx6iYkVIE
コロナ禍における雇用対策の現状と課題(国会図書館)雇用調整助成金の特例措置の効果もあって失業者数の増加はそれほど大きくないものの、特例措置を延長することによる弊害も指摘されており、その在り方の検討が課題となっているhttps://t.co/YCzMkGtFkN
令和3年度予算案の概要(国会図書館)一般会計予算総額は106兆6097億円となり、過去最大規模を更新。公的債務の増加による財政規律の緩みを懸念する声も聞かれるhttps://t.co/XxgmOh3Ekh
建設業の担い手確保に関する現状と課題(国会図書館) 国は2019年に担い手3法等の改正を行ったほか、建設キャリアアップシステムの運用を開始する等の取組を進めているhttps://t.co/xnYkLpt91M
新型コロナウイルス感染拡大のエンタテインメント分野への影響と支援(国会図書館)令和2年には前年の市場規模の8割が失われると試算されている。日本の支援内容と、フリーランスへ手厚い独、英、仏の施策を紹介https://t.co/yvnXpLQsAz
災害廃棄物対策をめぐる現状と課題(国会図書館)最近の被災事例から、災害廃棄物処理計画の実効性の向上や仮置場の確保、処理体制の整備などが課題として指摘されており、更なる取組の進展が期待されるhttps://t.co/3Stcm6TBBt
既存の完成車メーカーがIT産業からの参入企業にとって代わられるという破壊的イノベーションは、従来考えられてきた経営学のメカニズムでは発生しにくいと考える(グローバルビジネスリサーチセンター)https://t.co/m5uarLM2PV
1990年代以降にイギリスを中心に行われてきたクリティカル・マネジメント研究(CMS)の系統的レビュー(グローバルビジネスリサーチセンター)日本では十分に紹介されているとは言い難い。理論的には多用で、支配的なアプローチはないhttps://t.co/1p0fiX30Qq
新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン診療の規制緩和(国会図書館)日本及び米国の状況を中心に解説。米国もまた、日本と同様、遠隔医療に様々な規制を課してきたhttps://t.co/VgDVj0WVQZ
送配電網の費用負担と託送料金の仕組み(国会図書館)再生可能エネルギーの主力電源化に向けた制度改革の経緯https://t.co/u97TDMjEvi
諸外国におけるインターネット媒介者の「責任」(国会図書館)1990年代以降、各国では、媒介者の責任を明確化し、自主的な措置を促進するため、媒介者の責任を一定の範囲で免責する立法が行われた。米国の通信法第230条などhttps://t.co/dhDqbbyDkv
米国におけるオピオイド系薬物の乱用問題(国会図書館)年間6万7000人にも上る死者を出している。薬物乱用問題に関する限り、トランプ政権は、オバマ政権の政策を踏襲。基本的な方向性は正しいものの、十分な成果を上げるに至っていないhttps://t.co/054YKd9x4d
ニューディール期の財政出動(国会図書館)米国経済の回復に時間を要したことなどから、財政出動に伴う経済的な効果は必ずしも大きなものではなかったとの評価も少なくない。国債管理政策についても説明https://t.co/PU67WvSOVb
新型コロナウイルスの感染拡大の地方財政への影響(国会図書館)各自治体の間では、財政調整基金の取崩し等による財源確保を図る動きが広く見られる。新型コロナウイルス対応において、地方財政が従来抱える課題が改めて浮き彫りになった面は否めないhttps://t.co/xCHQpOkDtT
新型コロナウイルス感染症流行下の食料供給(国会図書館)ロシア産小麦の輸出規制は厳しい内容ではなかった。日本への影響はみられず。関係者に負荷はかかりつつも、新型コロナウイルス感染症の食料供給に対する影響は、全体として見れば一時的・限定的だったhttps://t.co/Dtl9hPvlxO
新型インフル特措法における休業要請等による財産権の制約と憲法との関係(国会図書館)現在では憲法第29条第2項による制約でも損失補償を要することがあるとの見解が有力。特定の者に対して「特別の犠牲」を課する場合には憲法第29条第3項に基づく損失補償を要すると解されるhttps://t.co/9hk33Dk7dA
金融危機対応の政策手段と金融危機管理(国会図書館)日本の現行制度に即して、金融危機対応のための制度・政策手段を概観し、金融危機管理上の論点を整理。北欧金融危機と平成金融危機の危機管理面の比較もhttps://t.co/6Fkhd90CtL
中央銀行デジタル通貨をめぐる議論(国会図書館)経済的影響のほかにも、非常時の対応、マネー・ローンダリング対策やプライバシーへの配慮等、検討を要する課題は多い。CBDCの導入が通貨発行益に与える影響についてもhttps://t.co/Gb4TlWB0hb
植民地責任をめぐるベルギーおよび旧ベルギー領アフリカ諸国の動き(アジア経済研究所)2020年はベルギーの植民地責任をめぐって、さまざまな進展がみられたが、いまだに半数のベルギー人が「コンゴの植民地化は悪いことよりも良いことをもたらした」と認識しているというhttps://t.co/jdHhxynNoY
目で見るアベノミクスの成果と課題(国会図書館)各種の経済指標等を基に、その成果と残された課題を読み解くhttps://t.co/sAeYzbhevx
「ポストコロナ」時代の国際秩序と日本(国会図書館)米中対立は不可避であり、国際社会において、意思、能力、資格を兼ね備えて国際公共財を提供できる国が不在https://t.co/AAL7gpKaOm
諸外国における家計向け現金給付(国会図書館)米国、韓国、香港、シンガポールなどでは、現金給付に当たり、政府が有している情報を利用したことや、オンライン申請が中心であったことなどが、迅速な給付につながったと見られるhttps://t.co/8vOs9DMfEA
自己決定と職務満足の相関は疑似相関。満足比率を説明できるのは、見通し。勤続年数に関係なく、比較的低い見通し指数の人が集まる世代が発見され、コーホート効果も確認(グローバルビジネスリサーチセンター)https://t.co/AvBTwJPYVw
消費税の本質をどのように考えるか―所得税との比較による論点整理(国会図書館)消費税の弱点とされる逆進性については、必ずしも致命的な欠陥とは言えない可能性があるhttps://t.co/nsLQ8ndCKi
東日本大震災以降の自衛隊の災害派遣活動―新型コロナウイルス感染症対応を含め(国会図書館)自衛隊の災害派遣は従たる任務であり、主たる任務(我が国の防衛)に支障があってはならないhttps://t.co/pAuYg0VsK0
固定資産税と課税自主権―自治体間競争と租税輸出の観点から(国会図書館)日本では「税率の模倣」は確認されたが、これは租税競争でない可能性が高い(ヤードスティック競争)。また租税輸出は確認されていないhttps://t.co/rZ0gGCh9s6
新型コロナウイルス感染症と学生支援(国会図書館)米、加、豪、英、独、仏の学生状況と経済的支援についてまとめるhttps://t.co/zRVsO3uwsK
主要国における中小企業向け給付金(国会図書館)日、米、英、独、仏のコロナショック対応についてまとめる。迅速な給付と不正受給等の抑制をいかに両立させるかは、各国に共通する課題https://t.co/stTiiOIntJ
ロシアは、一定の条件下で国内旅行契約をした消費者に対し、キャッシュバックを行う制度を設けた(国会図書館)ロシアで直接観光業に携わる被雇用者は約250万人で、関連産業を含めれば約700万人に上るとされているhttps://t.co/C60s4i8CsK
アメリカ大統領選挙における2020年民主党政策綱領―外交関連指針に注目して(国会図書館)内容紹介。同盟国に防衛力強化等を求める方針。New START延長方針。民主的価値を外交政策の中心に据えるとの姿勢を強調https://t.co/6hfwT9yPbj
地域公共交通の維持に向けて―現状及び近年の施策(国会図書館)これまでは独占禁止法の規定が障害となって行うことができなかった乗合バス事業者間の協議を行うことが可能となった。運行ダイヤの調整、運賃収入の再配分等を行い、過疎路線等の存続が図られることとなったhttps://t.co/7t3uzOJhab
ダム機能の活用の現状と課題(国会図書館)事前放流の考え方では、貯水量が回復しなかった場合には損失を補てんすることになるため、どの程度の確率で、どの程度の貯水量が回復するかの想定を気象予測の精度を考慮して、事前放流する貯水量を検討することなどが必要https://t.co/j8EsqbvfP9
代替⾁の開発と今後の展開―植物⾁と培養⾁を中⼼に(国会図書館)植物肉が健康的かどうかについては、情報開示や丁寧な説明が求められる。培養肉は商品化に向けたコスト削減や風味の改善などが課題https://t.co/kOf2e74TBE
EUのワーク・ライフ・バランス指令(国会図書館)10日の父親休業が新設され、この期間中、各加盟国の疾病手当以上の給付が行われることになった。年5日の介護者休業が新設。育児や介護を担う労働者がリモート勤務や短時間勤務等の柔軟な働き方を請求する権利等が規定https://t.co/BOD3XjM0DW
イタリアの2019年憲法改正法律―国会議員の定数削減とその評価・影響(国会図書館)当該法律案の成立には、国民投票で過半数の賛成を得る必要があり、世論調査等によれば、賛成多数となる可能性が高いようであるhttps://t.co/bdzJmA4oST
コロナショックと家計(国会図書館)2020年上半期の家計消費及び所得の動向についてhttps://t.co/gH32DLwc8D
新型コロナウイルス感染症への政策対応(国会図書館)主要国の経済対策の概要をまとめたものhttps://t.co/g7Oj08VrDd
雇用と賃金を考える―労働市場とEBPM(証拠に基づく政策形成)(国会図書館)国際政策セミナー報告。最低賃金の雇用・所得・貧困への影響について、どのようなエビデンスが得られているのか、などhttps://t.co/fHgtU3a0zXこれはわかりやすい
野村不動産における創発的戦略形成プロセス(グローバルビジネスリサーチセンター)Premium Midsize Officeと呼ばれるオフィスビルの開発事例分析。1フロア1オフィスという中規模サイズでありながらハイグレードなオフィスビル市場を開拓できた理由https://t.co/UhDBPyRk3g
少子化と学校規模の適正化(国会図書館)2019年時点で、標準規模(1校当たり12から18学級)に満たない公立学校は、小学校で4割、中学校で5割以上に上るhttps://t.co/VdbbXZ3y14
荒海に乗り出したアルベルト・フェルナンデス政権(アジア経済研究所)債務再編交渉についても解説している。政権内での調整不足があるようだhttps://t.co/YAEelU4Y8O
日本銀行によるリスク性資産の買入れ―効果・副作用・出口の議論(国会図書館)中央銀行によるリスク性資産の買入れについては、金融危機対応として効果があるとの見方が有力だが、平時における効果は不明https://t.co/2Vhl62TL9G
民主主義のための教育―アメリカのシティズンシップ教育の動向(国会図書館)連邦法の下で英語と数学、加えて理科を重視する教育改革が進められてきた中で、シティズンシップ教育は、周辺的な位置付けとなりがち。再生への動きhttps://t.co/GLgMosqjHA

2 0 0 0 OA 買物弱者問題

買物弱者問題(国会図書館)経済産業省の計算方式による買物弱者数は平成30年時点で686万人強となり、農林水産省は食料品アクセス困難人口を平成27年時点で約825万人としているhttps://t.co/5sp7zX500a
パンデミックの経済的影響と経済対策―SARS等の経験から(国会図書館)SERS、MERS流行時の経済的影響及び各国で行われた経済対策について振り返るhttps://t.co/EV3eCLdVyP
ESG投資の動向と課題(国会図書館)インパクト投資についても。開示基準が幅広いステークホルダーの利益となるよう、日本政府を始めとするステークホルダーが国際的な基準策定の議論に関与していく必要があるhttps://t.co/isLxY9Oaq0
コロナショックと財政・金融政策(国会図書館)危機の収束後も、当面、中央銀行が国債管理に関与する可能性が残るが、財政危機やインフレを回避する観点からは、出口戦略を描くことも重要https://t.co/sSgdqJ3Kkb
高齢者の保有金融資産の現状及び課題(国会図書館)金融資産は一様に保有されているわけではなく、高齢者間においても金融資産の保有格差が著しい。40~50歳代の世帯においても、金融資産の保有額が少ない世帯の増加が著しいhttps://t.co/pWNsszZ6jp
新型コロナウイルス感染症と経済対策―令和2年度第2次補正予算まで(国会図書館)まとめ。政府が財政・金融・税制のあらゆる政策手段を総動員することと、政府債務が増加してもやむを得ないことについては、有識者の賛同がおおむね得られているhttps://t.co/VMBtVB7l7E
東アジアにおける輸出構造の高度化―中所得国の罠へのインプリケーション(アジア経済研究所)アジア各国の貿易高度化指標を作成し,素材・部品・消費財といった各生産ステージ内の高度化と各ステージ間の輸出シェアの変化による高度化に分解して分析https://t.co/XsBziuuQXc
諸外国の租税支出をめぐる動向(資料)(国会図書館)所得控除、税額控除、軽減税率、非課税、特別償却等。補助金と異なり議会の審議を受けず統制が弱く透明性が低い。諸外国の租税支出に関する報告制度の概要と日本との比較https://t.co/cDK7quDIxp
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(3・完)(東大 藤本隆宏)「自動化した中国の工場には勝てない」という中国自動化悲観論も、比較優位的視点を欠いており、単純すぎるhttps://t.co/c3sxu1i3Tp
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(2)(東大 藤本隆宏:グローバルビジネスリサーチセンター)日本の企業は、GAFAのような遠い目標を闇雲に追いかける前に、もっと身近なところにある日本企業の成功例を参考にすべきhttps://t.co/1DCZ4l9fG0
米軍の対A2/AD作戦構想と日本への影響(国会図書館)日本政府は作戦構想と我が国の防衛政策との関係について、特に見解を示していないが、これらの作戦構想が我が国の安全保障に及ぼす影響は少なくないと見られるhttps://t.co/MDb8dknqpB
COVID-19と緊急事態宣言・行動規制措置―各国の法制を中心に(国会図書館)根拠となる法制を中心に紹介。憲法との関係でも複雑な問題をはらんでおり、各国とも難しいかじ取りを迫られているhttps://t.co/d5QCQx62FN
新型コロナウイルス感染症の状況―感染拡大防止に向けた経緯と課題(国会図書館)まとめhttps://t.co/DOSOW3FCAH
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(1)(グローバルビジネスリサーチセンター)日本の言論界は概して悲観論が好き。根拠のない情緒的な悲観論は建設的な結果を生まない。第1回は日本製造業全体に対する悲観論への批判https://t.co/R3qAPmh9Wy
アメリカの2019年香港人権民主主義法(国会図書館)米国と香港の関係を定めた1992年合衆国香港政策法を修正し、香港での人権侵害等に対して制裁を課すことを可能としたもの。内容解説https://t.co/LACK5mKsGO
生産性をめぐる議論(国会図書館)近年論じられることが多いテーマとして、無形資産投資と資源再配分(資本と労働の効率的な配分)の問題があるhttps://t.co/WcqHitaTZN後者はコロナで変わるか
フランスにおける高等教育進学制度の課題と改革(国会図書館)制度の概要と問題点、マクロン改革について。大学の民主化は進んだものの、高等教育機関全体の構造は社会的出自が進学先に影響しているhttps://t.co/WxQdOEy2Js
インド・モディ政権と対中東政策(アジア経済研究所)ヒンドゥー化政策が進められている。現段階では中東諸国との経済政治関係が影響を受けているように見えないが、マレーシア、トルコ、イランの政治指導者からインドの動きに警戒心を持つ発言も見られるようになっているhttps://t.co/uahR3reej7
地政学的変動の中のエジプト・スーダン関係(アジア経済研究所)エジプトのスーダンおよび他のナイル川流域国家に対する影響力の低下。水資源を巡る新たな政治力学はスーダンをナイル河畔における地政的アクターとして登場させるに至っているhttps://t.co/Ql6cSpu9bo
中東・北アフリカ地域の水問題: エジプトに焦点を当てて(アジア経済研究所)水不足は、MENA地域の社会経済的発展を長期にわたって脅かす深刻な問題であるが、長引く紛争や政情不安により、水不足への十分な対策が取られているとは言い難い。水不足の原因の一つが、人口の急増https://t.co/KceXTvIwyy
中東和平「世紀の取り引き」とその含意(アジア経済研究所)そもそも国際社会の支持調達を目指したものではなく、イスラエル内政の動向を見据えたトランプ政権によるネタニヤフ再選のための演出にほかならないと考えれば、その内容も公開のタイミングも平仄が合うhttps://t.co/VTgZ2V4bEX
ガーセム・ソレイマーニーの暗殺と米国・イラン関係の緊迫化(アジア経済研究所)ソレイマーニー司令官暗殺の計画は今回が最初のことではない。トランプ政権が存続する限り両国間の直接的なコンタクトの可能性が全くなくなってしまったことは事実であるhttps://t.co/41zJdjSe42
イスラエル・中国関係の発展と対米関係の緊張(アジア経済研究所)イスラエルは2000年代以降、中国との経済関係を急速に深めてきたが、経済関係にとどまらず安全保障に関わる領域にも及びつつあるという認識が、特に米国内で広まり、イスラエルは対応を迫られたhttps://t.co/5W4Tmhkgm4
予防医療・医療費適正化とEBPM(国会図書館「EBPMの取組と課題」第5章)特定健康診査・特定保健指導については、予防医療としての有効性・妥当性、医療費適正化効果等に関して議論があり、その実施は、無条件に肯定されるとはいえないhttps://t.co/xny6dfBf95
キャッシュレス化推進とEBPM(国会図書館)「キャッシュレス・消費者還元事業の実施により、キャッシュレス化が一定程度進む可能性はあるが、その政策効果は不確実性の高いものとならざるを得まい」と還元事業には厳しい評価https://t.co/RJCUqnwBIv

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(66ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1344ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)