500drachmas (@500drachmas)

投稿一覧(最新100件)

賃金から見た外国人労働者問題(国会図書館)韓国の一般雇用許可制では、外国人労働者の受入れを政府が管理することにより、ブローカーの問題を改善したことが評価されているhttps://t.co/BrSBWFt6C7
【韓国】慰安婦問題をめぐる韓国側の最近の動向(国会図書館)動向の紹介https://t.co/Dr3DXQfxDb
道の駅の現状と役割の拡⼤―地域活性化や防災の拠点として(国会図書館)道の駅が抱える主な課題としては、設備投資に係る費用負担の増加と経営の自立化、防災拠点としての機能の整備が不十分であること等が指摘されているhttps://t.co/GZNzr6P3d3
リニア新幹線の整備促進の課題―トンネル工事が抱える開業遅延リスク(国会図書館)上越新幹線中山トンネルの事例、東北新幹線御徒町トンネル(薬液注入工の手抜き)の事例を選び、工事の円滑な進捗を阻害する事態の発生原因や犯しやすい誤りについ… https://t.co/dOKMF0qjHl
諸外国における⽝猫の販売規制(国会図書館)アメリカでは、一部の州や自治体で、ペットショップでの犬猫販売が禁じられており、その範囲は拡大しつつある。イングランドにおいて、幼齢の犬猫をペットショップで販売することを禁じる新たな規制が導… https://t.co/IeYAdyarvy
使用済太陽光発電設備をめぐる問題(国会図書館)不法投棄・放置事案の発生や有害物質の流出・拡散等の様々な懸念が指摘されているhttps://t.co/ZxjJOZJ4Ky
人間とAIは、どちらも学習すればするほど「賢く」なる、よりよい選択肢を選べるようになるのは同じだが、そのメカニズムが違う。人間の学習は「適切な一般化や隠れているノウハウを発見」することに振り向けられる(東洋大 藤田英樹)https://t.co/7EaS9aKC2V
地域通貨の現状とこれから―各地域の具体的な取組事例を中⼼に(国会図書館)今後に向けた主な論点として、仮想通貨の技術・手法の活用や、新たな利用方法の模索などが想定されるhttps://t.co/fQ0JumGGbg
中山間地域等直接支払制度の政策的側面をめぐる議論(国会図書館)日本初の直接支払制度は、多くの有識者から肯定的に評価された。制度は地域政策を代表する施策と位置付けられたhttps://t.co/Uu1Bh0cI6k
死刑をめぐる論点【第2版】(国会図書館)国際連合は6回にわたって死刑の執行停止を求める決議を採択しており、国連人権理事会、自由権規約委員会、拷問禁止委員会及び欧州評議会からは、それぞれ我が国の死刑制度に対する懸念が表明されているhttps://t.co/bCrnJtpNvw
改元をめぐる制度と歴史(短報)(国会図書館)国民の権利義務に関わらないものは基本的にパブコメ等適用除外とされており、元号法は国民に元号の使用を義務付けるものではないから除外されているhttps://t.co/FKwmH6KCXm
アメリカが見た明治憲法制定と立憲政治の展開(国会図書館)当初、明治憲法の制定はアメリカの多くの有識者から祝福と賛辞をもって迎えられていたが、必ずしも理念で行動しない政党の在り方についてはしばしば批判された。また日本の軍事寡頭制にも… https://t.co/tpPTUJwHZ5
我が国及びフランスのホワイトカラー労働者の労働時間規制(国会図書館)フランスでは2000年にカードルを対象とした特別な労働時間制度が法定された。このうち「日による一括方式」は、あらかじめ1年の労働日数とそれに対する報酬を定めておくものhttps://t.co/luLZEVyKx5
EUの財政健全化指標(国会図書館)財政ルールの適用に関しては、経済全般への影響として、持続可能な成長が実現されたという見方がある一方、格差是正のメカニズムが欠落しているという批判も。また公共投資への影響も指摘https://t.co/VQCKu3KCBz
【韓国】労働時間の短縮に係る法改正(国会図書館)韓国の2016年の1人当たり年間総実労働時間は2,069時間。週当たりの労働時間の上限が52時間であることが明確化されたhttps://t.co/flxLxykKCD
資産価格バブルと日本経済の現状(国会図書館)今般のバブルは発生していても局地的であり、かつての「バブル経済」のような経済全体を覆うものではないhttps://t.co/SfjPn2Yhtr
ヨーテボリ市における起業家教育から生まれるアカデミック・スピンオフ(グローバルビジネスリサーチセンター)20年で100以上のスピンオフを生み出す。起業家活動の肝は、機会認識とチーム形成https://t.co/swezwXtCA2
経営学者の立ち位置は?(グローバルビジネスリサーチセンター)経営現場の人たちの認識と真の情報との間にギャップがあることを見つけること自体が、経営学研究では重要な貢献だと考えられているhttps://t.co/sytv2ajX5b
電子部品産業における専業メーカーの競争優位~アーキテクチャ戦略と製品開発体制の適合性の観点から(グローバルビジネスリサーチセンター)収益性は専業メーカーの方が高い傾向にある理由を検討。イリソ電子工業の事例https://t.co/cRIvbseGm5
インターネット上の興⾏チケット転売―⽇本の状況と諸外国の法規制(国会図書館)現在、日本ではインターネット上のチケット転売そのものを規制する法令は存在しない。諸外国では、チケットの転売に関して法律を制定している事例があるが、その規制… https://t.co/eQy0NRRby6
【EU】電子商取引の促進に向けた規則(国会図書館)ジオブロッキング禁止、購入条件、支払い条件の差別禁止などhttps://t.co/zloDoIiSjb
老齢基礎年金給付の論点―加算・抑制及び支給開始年齢について(国会図書館)支給開始年齢の引上げはむしろ、引上げ以降に年金の受給を開始する世代から、引上げ以前に受給を開始した世代への所得移転となることが指摘されているhttps://t.co/h2tDkNbEVS
労働者賃金の伸び悩みの背景(国会図書館)毎勤統計による簡単な要因分析を行った上で、賃金構造基本統計を用いて、非正規雇用の増加、年齢構成の変化など、労働者の構成変化が労働者賃金の全体平均に与えた影響を分析https://t.co/64y0IUvASv
製品デザインが市場成果に与える影響についての文献レビュー(グローバルビジネスリサーチセンター)いずれの研究も、製品デザインが市場成果にプラスの影響を与えることを支持。ただし、そのメカニズムは単純ではなく、変数間の媒介効果や交互作用… https://t.co/YOJr2OLZpW
【フランス】炭化水素の研究及び開発を禁止する法律(国会図書館)2040年までに化石燃料の使用を廃止し、石油・ガス・石炭の生産を終了する政策目標。新たな炭化水素資源の探鉱・採掘許可証を発行することを禁止。輸入については言及なしhttps://t.co/f1MvTQ0xXT
原⼦⼒発電所の廃炉をめぐる動向(国会図書館)廃炉に係る料金・会計制度などhttps://t.co/5t1jfNXjGe
諸外国の付加価値税(2018年版)(国会図書館)基本情報シリーズ。便利https://t.co/LMXAp4qhrQ
オバマ政権下の米国の気候変動対策(国会図書館)エネルギー転換や産業構造転換は先進国に共通の方向性であり、米国国内における脱炭素化への流れは今後も変わることがないであろうhttps://t.co/G21PaRCX10
NHK受信料をめぐる議論(国会図書館)受信料は総括原価方式を基本に算出されている。NHKが真に必要な支出に見合うように受信料の水準を算定しているのか、その適正性が問われているhttps://t.co/oVGyPwUEtx
韓国の自転車保有割合はMTBが約4割を占める。ママチャリは3.3%しかないらしい(国会図書館)「韓国の自転車利用活性化法」解説https://t.co/4z5XvMwwDo
空き家対策の現状と課題~空家法施行後の状況(国会図書館)新たな課題や論点が顕在化。欧米においても空き家問題は生じている(米国を除いて空き家率は日本よりは低い)https://t.co/VhvYnSmRbj
我が国の洋上風力発電をめぐる現状と課題―北九州市、五島市の事例を中心に(現地調査報告)(国会図書館)一般海域の占用のルール化や、電力系統への接続をどのように担保するかといった課題https://t.co/1TWTB4VAVV
「失われた20年」における日本製造企業の経営を振り返ると、悪く言えば環境変化への適応能力が非常に低かったと評することができよう。しかし、その結果20年変わることがなく、ゆえにものづくり能力が「失われなかった20年」ともいえる(グロ… https://t.co/iJPU3X1WLi
時間制約と時間圧力が品質評価に与える影響の検討(グローバルビジネスリサーチセンター)時間制約は消費者の品質評価に直接影響は与えておらず、時間圧力を介して間接的に影響を与えていることが明らかとなったhttps://t.co/FVTKaql3n5
米欧英の非伝統的金融政策と出口の動向(国会図書館)出口に向けて早期に慎重な情報公開を行っている点、市場機能の低下や中央銀行の財務悪化への配慮が見られる点、経済状況を総合的に考慮した政策の転換を行っている点などhttps://t.co/GjLqkxBchK
在日米軍駐留経費の現状(資料)(国会図書館)米国が負担する在日米軍の駐留に関する経費も(2016年の邦貨換算で6,040億円)https://t.co/izXyfu74Eq米国も結構な負担
我が国の外国人労働者(国会図書館)2016年には外国人労働者数は100万人を突破。うち「専門的・技術的」就労資格による外国人は 2 割弱で、定住者・永住者等、技能実習生、留学生のアルバイトが大半https://t.co/mgDt4rJJxA
【フランス】労働法改正(国会図書館)オルドナンスという委任立法の手法により行われた(国会の採決を経ない)。企業別の労使協定により賞与の減額や廃止が可能となる、解雇関連規制の緩和などhttps://t.co/velS7FYw2j
【オーストラリア】投資目的の住宅所有者に対する税制見直し(国会図書館)各種控除の廃止、空き家税の創設https://t.co/wDJzB5aATW
金融における「顧客本位の業務運営」(国会図書館)フィデューシャリー・デューティー関連のまとめ。諸問題には改善の傾向も見られるhttps://t.co/mqJVU8mIOy
OECDの調査では、コンピュータの設置台数を増やした国では数学的応用力が低下し、コンピュータを使う頻度が高い生徒は、中頻度の生徒に比べ、読解力が低いという傾向も示されている(国会図書館「学校教育の情報化―現状と課題」)https://t.co/M9LEs4JR5p
新興国“水”ビジネス戦略(アジア経営学会)経産省の「グローバル水市場のボリュームゾーンでグローバル競合企業と勝負できる和製水メジャーをオールジャパンで目指す」という主張は勝算は薄いのではないかhttps://t.co/wYAI6dcW65
インド市場の構造変化による家電メーカーの事業戦略の見直しと課題(アジア経営学会)LG電子インド法人の調査では,高い市場占有率にもかかわらず,必ずしも企業の収益へと繋がっていないhttps://t.co/rna7fyUV3f
中国自動車市場中間層で勝つ条件(アジア経営学会)中国乗用車市場中間層におけるトヨタの実績と事例を基に,その失敗の要因をリーダーと組織を考察することで明らかにするhttps://t.co/1N88L3SXE0
中国における日系コンビニエンスストアの出店戦略(アジア経営学会)日系CVSが店舗数ベースではいずれのチェーンも規模が大きいとは言えず,ドミナント出店を達成できずにいる原因。加盟のハードルが高い割には,加盟後の収益は相対的に低いhttps://t.co/A0PRasr7eX
ポジティブな感情がクリエイティビティと密接に関係しているとのこと(グローバルビジネスリサーチセンター「職場ビッグデータ分析とクリエイティビティ研究」)https://t.co/Lc5IMdvSEx
ネットワーク中立性をめぐる議論(国会図書館)日米欧の動向。ゼロレーティングの問題もhttps://t.co/sW0v9KbdQp
中国の国家情報法(国会図書館)中国にはこれまで国の情報活動について規定する独立した法律は存在しなかった。「法に基づく国家統治」を推進することを目指す。法施行により中国の情報活動をめぐる状況が大きく変化するとは考えられないが、今後注… https://t.co/8Iujc9MUM8
時間外労働の上限規制をめぐる動向(国会図書館)日本の労働時間規制の現状。EU諸国においては、労働者の健康と安全の観点から、EUの指令に基づき、時間外労働を含めた週の労働時間や1日の休息時間が規定されているhttps://t.co/POqYEfzYP1
シェアリング・エコノミーの問題点―課税上の観点から(国会図書館)論点は多岐にわたる。BEPSも関係。仲介サービス会社に対して課税当局への情報提供を義務付けたフランスの事例等https://t.co/GwNkLr9vnz
⽇⽶原⼦⼒協定の概要とその⾏⽅(国会図書館)2018年7月16日に有効期間が終了。自動延長の可能性が高いが、分離プルトニウム減少の現実的な方策に関する幅広い議論が求められるhttps://t.co/fZILBrscqR
⽶国トランプ政権の税制改⾰案の概要(国会図書館)課税ベースを広げるとともに税率を引き下げる方向性だが、連邦遺産税の廃止など逆行する面もhttps://t.co/DEEeaZy13B
【スイス】原子力発電所の廃止を定める新エネルギー法(国会図書館)原発は段階的に廃止。既存の原発はその安全性が保証される限り稼働させることができるhttps://t.co/jkIg53woCa
独占禁止法に係る課徴金制度の見直し(国会図書館)経済活動のグローバル化等に鑑みると、現状の課徴金制度は硬直的であるなど課題が指摘されている。裁量型課徴金制度の導入が、見直しの大きな柱https://t.co/y8zF68Uudb
近視眼的損失回避行動の日米比較(権田直:行動経済学会)同じ評価期間に対して、日本においてより低い損失回避度がみられる。実は日本の投資家は近視眼性が低いhttps://t.co/upyL6SIe9T
海外企業を対象とした海外の研究でも、クロスボーダーM&Aの成功確率は50%を下回り、10−30%程度といわれている(グローバルビジネスリサーチセンター)ただし「成功・失敗」の定義には気をつけなければならないhttps://t.co/aVULKeryEY
教育勅語の成立から終戦後の国会決議に至る経緯(国会図書館)昭和23年6月19日に、教育勅語の排除・失効確認に関する国会決議が行われ、終戦後の教育勅語の処理が完了。法的処理に主眼が置かれ、具体的な内容は必ずしも検討されなかったhttps://t.co/gS5jVxND1k
⾼レベル放射性廃棄物の地層処分―科学的特性マップ公表を踏まえて(国会図書館)最終処分地を決定し、建設が始まった国は、地域住民の地層処分事業への信頼があると言われているフィンランドのみであるhttps://t.co/F8c1nSwCkK
シャープの買収に見る鴻海の成長戦略(グローバルビジネスリサーチセンター)鴻海にも投資をしなければならない理由がある(三つの恐怖が存在すると考えられる)https://t.co/jwpbw2pxTW
起業促進・ベンチャー育成における課題―労働市場柔軟化とM&A円滑化が鍵(国会図書館)日本で起業が不活発な背景には、起業関心者が少ないことがある。今や制度・支援策は欧米主要国と比べても遜色ないhttps://t.co/a9DzN2Ex7e
【マレーシア】自営タクシー運転手に対する社会保障強制加入(国会図書館)新規参入のタクシー配車アプリサービスの法規制を行う狙いもあるhttps://t.co/2qz7JVwFMF
【イタリア】通信等の傍受(盗聴等)見直しに係る原則策定(国会図書館)マルウェアを用いた傍受が従来行われてきたことも、他国と比較した場合にイタリアの大きな特色https://t.co/6ADSc2sDRU
【アメリカ】徒弟訓練プログラムの拡充に関する大統領令(国会図書館)多くの大学の卒業生は学生ローンなどの負債を抱えているにもかかわらず、高収入が見込めるような技能の修得ができていないhttps://t.co/B9x4QyF3pu日本と同様
⽇本銀⾏の財務の健全性をめぐる議論(国会図書館)財務を悪化させた中央銀行は、適切な金融政策を遂行できないとの見方があり、金融緩和の出口において混乱を予想する向きもあるhttps://t.co/760Ji8H9aO
医療保護入院制度―その変遷と今後(国会図書館)本人の同意を得ることなく精神科病院に入院させる制度。現在精神科病院における入院の半数弱を占めているhttps://t.co/wZKkrwHNkq日本の精神医療の歴史が興味深い
諸外国の課税単位と基礎的な人的控除―配偶者控除の見直しをめぐって(国会図書館)OECD加盟国における負担調整は、税負担の軽減額が所得水準によらないゼロ税率や税額控除等が主流https://t.co/7OqpfAua5S
都市計画税の現状と課題(国会図書館)都市計画税は目的税、固定資産税は普通税。都市計画税は使途の明確化が必要https://t.co/GKJxK9xIcM
マンション老朽化への対応に向けた課題(国会図書館)実際にマンションの建替えが行われたのは、227件(平成28年4 月1日現在)と少数。マンション管理の強化・適正化や区分所有関係の解消制度の創設についての提案がなされているhttps://t.co/1iL1U2J2VD
フランスにおける国の情報監視活動を規定する法律(国会図書館)行政機関が治安のために行う情報活動は、議会の監視を受ける。治安と市民の自由に関し国はどう均衡を取っていくのか、市民はどこまで許容するのかhttps://t.co/b6YAaL58RL
処方箋のデフォルト変更のジェネリック医薬品選択行動に与える影響(行動経済学会)処方箋のデフォルトをGEとした場合は政府目標を達成できることが明らかになった。2兆円前後の削減効果が見込まれるhttps://t.co/ebsiXlAnAC消費税1%分は大きい
⼩売・飲⾷業の深夜営業に関する動向(国会図書館)市場メカニズムが適切に機能しているのであれば、営業時間は企業の自由な判断に任せられるべきだが、一部のフランチャイズチェーンでは事業者が自由に営業時間を判断できないという課題があるhttps://t.co/6vNJmEUDfP
「⽇本型⾦融排除」への⾦融庁の取組―地域⾦融機関への取組等(国会図書館)この言葉で言い表されている状況そのものは、特に目新しいというわけではないhttps://t.co/aMjQwAbEeM
南シナ海周辺国に対する中国の外交姿勢―ベトナム・フィリピンとの関係(国会図書館)中国の周辺諸国に対する外交の基本方針、最近の中国の対ベトナム、対フィリピン外交の主な動きを、中国の公式文献等を基に紹介https://t.co/k4mAbZwdXU
シンガポールの安全保障政策―その歴史及び直面する諸課題(国会図書館)徹底した重武装路線。2015年度の国防予算はGDP比で約3.3%に達する。安全保障戦略としては「総合防衛」と「非同盟」https://t.co/lqWFCFrZ6u
市場経済移行下のベトナム鉄鋼業 その達成と課題(グローバルビジネスリサーチセンター)市場経済移行の効果は着実に上がっている。ただし、国有企業の経営状態や政府に依存した投資行動に改善が見られないことも事実https://t.co/GkELVBEveP
欧州における主なポピュリズム政党(国会図書館)欧州各国の主要なポピュリズム政党について概説。多くに共通しているのは、既成政治やエリート層が民意とかけ離れているとの批判https://t.co/JcGbincqIP
株式等の⾼頻度取引―EU の法制度と我が国の制度案(国会図書館)EUと異なり、日本の法律案には、マーケットメイキングを義務化するような規定は見当たらない https://t.co/UdEPyl11ro
諸外国の就労促進・子育て支援等のための税制上の措置―所得課税に関連して(国会図書館)勤労税額控除や児童税額控除は各国で受容されつつある。他方で、複数の制度の並立を解消するため、社会保障給付に統合する動きもあるhttps://t.co/Upe08z1Dbb
高齢化と世帯数減少下の家計消費の行方―家計消費変動の要因分解を踏まえて(国会図書館)総世帯数と世帯構成(世帯主年齢と世帯人員)の将来動向の影響により、2035年の消費総額は2014年比8.6%押し下げhttps://t.co/6BmEQLNCa4
日系自動車部品サプライヤーの先行開発への関与−デンソーとVWの取引を中心に(東北大 王珊:アジア経営学会)事例分析などhttps://t.co/QhcyPKHNub
我が国における保証⼈保護(国会図書館)個人保証について。日本における保証人保護の歴史と、今般の民法改正案における保証人保護に関する主要な項目を簡潔に紹介https://t.co/QlNMDDKs75
カンボジアのマイクロファイナンス機関の経営戦略(山口大 廣畑伸雄:アジア経営学会)カンボジアの金融セクターの概要あり。今後マイクロファイナンス機関間の競争は激化の見通しhttps://t.co/usebAbMGZb
【韓国】空き家及び小規模住宅の整備に関する特例法(国会図書館)韓国においても空き家の増加が懸念されている。基礎自治体の長は、撤去等の必要な措置を命じることができるhttps://t.co/eSsWMzI8YR
インボイス方式導入をめぐる経緯と課題(国会図書館)インボイス方式を導入する際の課題を整理。電子インボイスや電子帳簿の利用を促進する取組が重要https://t.co/rh9eDAFvb3
フランスにおける偽装携帯電話基地局を使用した通信傍受法制(国会図書館)犯罪捜査、情報活動等のために、公の機関が偽装携帯電話基地局を使用して利用者契約番号、端末機器の位置情報、通信内容等の情報を取得https://t.co/X4XvAOAxt7
地方税制の抜本改革をめぐる論点整理~課税自主権拡大と租税外部効果の観点から(国会図書館)日本の地方税率をめぐる課税自主権の拡大に当たっては、個人住民税と土地課税のどちらのウェイトを高めていくかが焦点https://t.co/AsnzLZ0GpR
金融機関への公的資金投入をめぐる議論(国会図書館)金融機能強化法に基づく経営強化計画の履行状況あり。公的資金投入が経営改善や地域経済活性化に真に貢献するものとなっているか、今後とも検証が必要https://t.co/QLenWTx7PL
CIA In-Q-Tel モデルとは何か―IT 時代の両用技術開発とイノベーション政策(国会図書館)米国CIAが設立したIT分野を対象とする非営利のベンチャーキャピタル。事業規模は決して大きくはないが、その成果は大きいhttps://t.co/E6k2JG0B83
電力自由化:新規参入事業者が高採算顧客を囲い込むいわゆるクリームスキミングが深刻化した場合、旧一般電気事業者が十分な採算確保が困難、中低所得者層に影響が大きい第1段階や第2段階の料金水準の引上げにつながりかねず(国会図書館)https://t.co/J3IsfHQy1h
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として(比較民俗研究)「恵方巻」という名称はセブン-イレブンが付けた商品名が由来https://t.co/NhZfAple8E毎年呟いているけど今年も。由来はどうでも楽しめればいい
日本の産業立地と対日直接投資促進策―外資参入の阻害要因の検討(国会図書館)海外が求める「解雇が容易な柔軟な労働市場」「自由で公正なM&A市場」形成への対応は不明確(日本では解雇は法律・規制上は厳しくはないが経営者は厳しいと感じている)https://t.co/enwRdvbOPl
銀行等の保有株式の買取りと処分の動向―買取り期限の延長を受けて(国会図書館)2022年3月末まで5年間延長された。買い取った株式の処分をめぐる課題も指摘https://t.co/uMHO0S9X67各機関の株式保有状況。預金保険機… https://t.co/UImYsCULMy
フランス:デジタル国家を推進する法律Airbnb条項:人口20万人以上の都市においては、家具付き住居を一時的に貸す場合、あらかじめ所在の市町村に登録しなければならない。また、自宅を年間計120日を超えて貸すことは禁止(国会図書館)https://t.co/mjVbGiJcWH
【ドイツ】2017 年再生可能エネルギー法(国会図書館)消費者負担の抑制を目的として、2017年から、本格的に入札制が導入される。風力、太陽光及びバイオマスによる新規の発電施設対象で、水力、地熱は従来通りの助成金https://t.co/LK1VG29mpH
諸外国における戦後の憲法改正【第5版】(国会図書館)https://t.co/sIQANKOtlr
西欧法継受前の日本の法思想と統治(国会図書館)成文・不文を問わず統治の基本法としての憲法、あるいは、政治権力の基本的な在り方を規定する法規範は前近代にもあったと考えられるhttps://t.co/PSTt8uQJqi
日本の金融教育の現状とこれからの課題(国会図書館)米国、英国、オーストラリアの各国では、国際的な金融危機の発生よりも前から金融教育に関する国家戦略が進められている上に、同危機の発生以降は、更に取組が強化されているhttps://t.co/L9r6MkUfBF
【フランス】労働法の改正(国会図書館)個々の企業における労使合意により46時間(12週の平均の上限)まで延長できるようになった。解雇基準の明確化(従業員が 300 人以上の企業は 4 四半期連続して減少していることが要件)https://t.co/KR1NYuUvgg
受動喫煙対策の動向―我が国と海外の屋内公共施設における喫煙規制(国会図書館)屋内公共施設で全面禁煙が適用される国は2014年時点で49か国に上り、近年の全てのオリンピック開催地で喫煙規制が敷かれているhttps://t.co/3e4bf6ya7R
TPPの農業分野をめぐる論点(国会図書館)合意内容と国会決議との整合性や政府による影響試算の妥当性、国内対策の有効性、再協議規定の是非等が議論となっているhttps://t.co/9yfOJHLepF

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(59ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(795ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

寺田俊郎2007「所有をめぐるカントとロック」 https://t.co/UOsHj4pcQb ……3-1節「植民地主義批判としてのカント所有論」で平子友長ロック論を参照.
RT @maeda: “全自動麻雀卓のマルチエージェントモデルによる牌の撹拌に関するシミュレーション ” / “index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&b…” https://t.c…
伊藤邦武2016「アリストテレスの経済思想再考」 https://t.co/zhP6KtlkZj ……貨幣 交換 ヒューム 合意