500drachmas (@500drachmas)

投稿一覧(最新100件)

東アジアにおける輸出構造の高度化―中所得国の罠へのインプリケーション(アジア経済研究所)アジア各国の貿易高度化指標を作成し,素材・部品・消費財といった各生産ステージ内の高度化と各ステージ間の輸出シェアの変化による高度化に分解して分析https://t.co/XsBziuuQXc
諸外国の租税支出をめぐる動向(資料)(国会図書館)所得控除、税額控除、軽減税率、非課税、特別償却等。補助金と異なり議会の審議を受けず統制が弱く透明性が低い。諸外国の租税支出に関する報告制度の概要と日本との比較https://t.co/cDK7quDIxp
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(3・完)(東大 藤本隆宏)「自動化した中国の工場には勝てない」という中国自動化悲観論も、比較優位的視点を欠いており、単純すぎるhttps://t.co/c3sxu1i3Tp
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(2)(東大 藤本隆宏:グローバルビジネスリサーチセンター)日本の企業は、GAFAのような遠い目標を闇雲に追いかける前に、もっと身近なところにある日本企業の成功例を参考にすべきhttps://t.co/1DCZ4l9fG0
米軍の対A2/AD作戦構想と日本への影響(国会図書館)日本政府は作戦構想と我が国の防衛政策との関係について、特に見解を示していないが、これらの作戦構想が我が国の安全保障に及ぼす影響は少なくないと見られるhttps://t.co/MDb8dknqpB
COVID-19と緊急事態宣言・行動規制措置―各国の法制を中心に(国会図書館)根拠となる法制を中心に紹介。憲法との関係でも複雑な問題をはらんでおり、各国とも難しいかじ取りを迫られているhttps://t.co/d5QCQx62FN
新型コロナウイルス感染症の状況―感染拡大防止に向けた経緯と課題(国会図書館)まとめhttps://t.co/DOSOW3FCAH
昨今の根拠の怪しいものづくり論議を批判する(1)(グローバルビジネスリサーチセンター)日本の言論界は概して悲観論が好き。根拠のない情緒的な悲観論は建設的な結果を生まない。第1回は日本製造業全体に対する悲観論への批判https://t.co/R3qAPmh9Wy
アメリカの2019年香港人権民主主義法(国会図書館)米国と香港の関係を定めた1992年合衆国香港政策法を修正し、香港での人権侵害等に対して制裁を課すことを可能としたもの。内容解説https://t.co/LACK5mKsGO
生産性をめぐる議論(国会図書館)近年論じられることが多いテーマとして、無形資産投資と資源再配分(資本と労働の効率的な配分)の問題があるhttps://t.co/WcqHitaTZN後者はコロナで変わるか
フランスにおける高等教育進学制度の課題と改革(国会図書館)制度の概要と問題点、マクロン改革について。大学の民主化は進んだものの、高等教育機関全体の構造は社会的出自が進学先に影響しているhttps://t.co/WxQdOEy2Js
インド・モディ政権と対中東政策(アジア経済研究所)ヒンドゥー化政策が進められている。現段階では中東諸国との経済政治関係が影響を受けているように見えないが、マレーシア、トルコ、イランの政治指導者からインドの動きに警戒心を持つ発言も見られるようになっているhttps://t.co/uahR3reej7
地政学的変動の中のエジプト・スーダン関係(アジア経済研究所)エジプトのスーダンおよび他のナイル川流域国家に対する影響力の低下。水資源を巡る新たな政治力学はスーダンをナイル河畔における地政的アクターとして登場させるに至っているhttps://t.co/Ql6cSpu9bo
中東・北アフリカ地域の水問題: エジプトに焦点を当てて(アジア経済研究所)水不足は、MENA地域の社会経済的発展を長期にわたって脅かす深刻な問題であるが、長引く紛争や政情不安により、水不足への十分な対策が取られているとは言い難い。水不足の原因の一つが、人口の急増https://t.co/KceXTvIwyy
中東和平「世紀の取り引き」とその含意(アジア経済研究所)そもそも国際社会の支持調達を目指したものではなく、イスラエル内政の動向を見据えたトランプ政権によるネタニヤフ再選のための演出にほかならないと考えれば、その内容も公開のタイミングも平仄が合うhttps://t.co/VTgZ2V4bEX
ガーセム・ソレイマーニーの暗殺と米国・イラン関係の緊迫化(アジア経済研究所)ソレイマーニー司令官暗殺の計画は今回が最初のことではない。トランプ政権が存続する限り両国間の直接的なコンタクトの可能性が全くなくなってしまったことは事実であるhttps://t.co/41zJdjSe42
イスラエル・中国関係の発展と対米関係の緊張(アジア経済研究所)イスラエルは2000年代以降、中国との経済関係を急速に深めてきたが、経済関係にとどまらず安全保障に関わる領域にも及びつつあるという認識が、特に米国内で広まり、イスラエルは対応を迫られたhttps://t.co/5W4Tmhkgm4
予防医療・医療費適正化とEBPM(国会図書館「EBPMの取組と課題」第5章)特定健康診査・特定保健指導については、予防医療としての有効性・妥当性、医療費適正化効果等に関して議論があり、その実施は、無条件に肯定されるとはいえないhttps://t.co/xny6dfBf95
キャッシュレス化推進とEBPM(国会図書館)「キャッシュレス・消費者還元事業の実施により、キャッシュレス化が一定程度進む可能性はあるが、その政策効果は不確実性の高いものとならざるを得まい」と還元事業には厳しい評価https://t.co/RJCUqnwBIv
町村議会議員のなり手不足(国会図書館)総務省に設置された研究会は、小規模市町村議会の新たなあり方として「集中専門型」と「多数参画型」を示したが、議会の権限が制限されること等に対する懸念が示され、制度の具体化には至っていないhttps://t.co/W8HYrnhDnT
地方法人課税の地域間税率格差―東京都内の自治体の税率はなぜ高いのか(国会図書館)東京都内の自治体が地方法人課税の税率を高めに設定できている背景には「集積の経済」があると考えられるhttps://t.co/TQm1Rgbs6G
がんゲノム医療の現状と課題(国会図書館)日本では2019年年6月からがん遺伝子パネル検査が保険適用。対象は、現時点では標準治療が終了となったがん患者などに限られ、対象は限定的。検査を受けたとしても治療に結び付く割合は低いのが現状https://t.co/StomXvovZ5
「ポスドク問題」から再考する研究者育成の課題(国会図書館)ポスドクの雇用問題、労働問題。任期性のしわ寄せを被ったのは若手研究者https://t.co/ySreRWVqbf
OECD諸国の憲法―憲法典の比較による概観(国会図書館)制定年、改正状況、新しい人権等、議会と選挙、緊急事態、違憲審査制を一覧表にまとめるhttps://t.co/W6ZlfwRUnm
デジタル・プラットフォーマーと競争政策(国会図書館)EUやドイツは、既存の競争政策で対応できない問題について、新法の制定や競争法の改正、関連する法規制との協働等により対応。英米では競争当局が、競争法の解釈の見直しや新たな規制組織の設立等を検討https://t.co/1sAlCwfl0e
最低賃金引上げ方法の多様性―米国の最近の動向から(国会図書館)米国の最低賃金は連邦、州、郡・市の各レベルで設定され、引上げの目標額やペースなど、最低賃金の引上げ方法は事例によって大きく異なる。多様な最賃引き上げ事情を紹介https://t.co/hrhdisCfdc
米国における一般廃棄物処理の概況とプラスチック規制の現状(国会図書館)全米で300を超える郡や市町村が、プラスチック袋を規制する条例や規則を施行。多くの郡や市町村においても、プラスチック製のストロー・食器類や発泡スチロール製容器を規制する条例・規則等が制定https://t.co/o7OVXkKeL7
廃プラスチックの輸出入をめぐる状況(国会図書館)日本国内処理体制を増強する必要があるが、当面の間は輸出も継続せざるを得ない。輸出先に対する法整備、技術、人材などの支援を通じた、輸出側・輸入側の双方にメリットがある国際的なリサイクル体制の構築が望まれるhttps://t.co/qJzB2lYLj4
海洋プラスチック汚染の現状と対策(国会図書館)現在、年間約480万~1270万トンものプラスチックごみが海に流出していると推測されている。推定では中国からが最大。2位インドネシア、3位フィリピン。日本はGDPの割には少ない30位https://t.co/wACug8NfB2
諸外国の事例に見る付加価値税の減税等(国会図書館)諸外国において過去に付加価値税の減税(標準税率の引下げ)又は廃止がなされた事例について紹介。引き下げの経済への影響はよくわからないhttps://t.co/JiriEhIdyY
オーバーツーリズム―欧州諸国の事例と日本への示唆(国会図書館)アムステルダム、バルセロナ、ドゥブロブニク、プラハ、ベネチアの事例。抜本的な解決策は見つかっていないhttps://t.co/TNeo6lPtCO
フランスで脱税防止対策で「税務警察」と称される部署ができるそうだ(国会図書館)一般の税務調査官によって実施される税務調査と比べ、留置、勾留、通信傍受(電話盗聴等)などを行うことができる点が特徴https://t.co/Dmv63DiK9q
【アメリカ】2020会計年度国防授権法とインド太平洋地域政策(国会図書館)同法には、インド太平洋地域における政策として、日米韓同盟等に関する条項が含まれている(GSOMIAは地域の安全保障に死活的に重要であり、維持されるべき、等)https://t.co/BjbcwWuSZE
独立財政機関(IFI)をめぐる論点整理(国会図書館)米英独の独立財政機関の概要あり。効果と限界の双方を考慮した上で、十分な議論が必要https://t.co/NIIDQFSfsN
捕鯨をめぐる経緯と国際理解―日本とアイスランドの事例(国会図書館)アイスランドは、ICRWからの脱退後、地域的漁業管理機関(RFMO)である北大西洋海産哺乳動物委員会(NAMMCO)を設立し、その後、ICRWに再加盟した上で、商業捕鯨を再開したhttps://t.co/9pb1rrzvJR
チリの「社会危機」勃発と所得分配問題(アジア経済研究所)2000年代のチリ年金制度改革の状況まで遡り、その成果と残されてきた課題について検討。積立方式に一部賦課方式を加えた混合型に改革したが、現在賦課方式への抜本的改革を求める運動が盛り上がるhttps://t.co/7dNIu0QnFc
マクロデータから読み解くAMLO政権下のメキシコ経済の実情(アジア経済研究所)対外要因に加え、財政規律重視の行き過ぎた緊縮財政(公務員改革)が経済停滞の要因となっていることを指摘https://t.co/j15jHPFhzl
令和2年度予算案の概要(国会図書館)新規国債発行額が減少傾向にある一方で、社会保障関係費につき前年度より1.7兆円と大幅な増加となったほか、防衛関係費等において歳出の増加が見られたhttps://t.co/K4PoMKKKmv
再生可能エネルギーの固定価格買取制度―抜本的見直しに向けて(国会図書館)政府は、競争力のある電源はFIP制度へ移行する一方で、エネルギーの地産地消や災害時に役立つ住宅用や小規模な電源等については、当面FIT制度の基本的枠組みを維持する案を示しているhttps://t.co/ncAAMFtAYZ
自動車産業に破壊的イノベーションは起きるのか?(グローバルビジネスリサーチセンター)現在、自動車産業が直面している変化を、「Auto vs IT」という破壊的イノベーションの構造で捉えることは適切ではないと考える。ただし完成車メーカーは単独では変化を乗り越えられないhttps://t.co/Rm0I3HRMtS
米国における重要インフラのサイバーセキュリティ強化策(国会図書館)早くから重要インフラのサイバーセキュリティ強化を図ってきた米国の施策について、障害が発生したときの影響が特に大きいと考えられる電力の例とともに解説。イラン核燃料濃縮施設に対する攻撃についてもhttps://t.co/s5o8dDMqVF
ロシアで粉末アルコールの製造・流通を禁止する法律が制定された(国会図書館)日本では粉末酒は酒税法の対象となるものの、製造・販売を禁止する法律はないhttps://t.co/fzcYkbyw5r
明太子は,朝鮮在来の食べ物であり,日本帝国が植民地の水産資源(明太=スケトウダラ)だけでなく,食文化それ自体(明太子)も吸収して,朝鮮の味が帝国の味となったという(アジア経済研究所)『飲食朝鮮―帝国の中の「食」経済史』書評https://t.co/u5w1JZu8p5
トヨタ生産方式から「リーン」へ。リーンは日本の文化や制度を捨象したもので、海外に受け入れられている(グローバルビジネスリサーチセンター)https://t.co/BIwFbQwsbd
既存住宅流通の現状と課題(国会図書館)既存住宅流通の活性化を図る上で課題とされている事項や、近年採られた対策について整理。施策の効果が十分にあがっているかどうかは必ずしも明らかでないhttps://t.co/KKZmaQvg4p
中国鉄鋼業の生産能力と能力削減実績の推計(東北大 川端望)解釈と補正の結果,2015年末には最小12.67億トン,最大13.22億トン以上の能力が存在していたこと,以後3年間で2.4-2.95億トンが削減されたこと,2018年の能力は10.27億トンだが,それ以上の可能性もあることが確認https://t.co/DUKIktk2b4
食品表示をめぐる動向と課題(国会図書館)TPP関連政策の一環として国産品への支援を求める国内生産者団体の意向を反映した、結論ありきの政治的判断との見方もhttps://t.co/YOTKN3vdeY
認知症―状況・施策・課題(国会図書館)日本において、65歳以上の認知症有病率は増大を続け、既に15% に達し、85歳以上に限るとおよそ半数が罹患していると言われる。根本的な治療法がなく、確実な予防法も存在していないhttps://t.co/CTTDkaRmFA
FTA交渉の政治経済分析~交渉分野および交渉参加国をめぐる駆け引き(アジア経済研究所 浜中慎太郎:日本国際経済学会)FTAAP、TPP、RCEPのケースを用いて、交渉分野の設定および交渉参加国の限定を企てる国々の駆引きを分析。交渉分野設定、交渉参加国の限定が重要https://t.co/WzQqzQVHpc
ウガンダの「寛容な」難民受け入れ政策は、難民の存在を国際社会に積極的に示すことで、国際社会から援助を引き出し、それを難民だけでなく難民受け入れ社会へも資源や利益を配分することで可能になってきた。最近実情が露呈しドナーからの資金が大幅減少(アジア経済研究所)https://t.co/JfbvFU16jI
CFAフランからECOへ?~西アフリカの共通通貨を巡る動向と展望(アジア経済研究所)ECOWASは2020年までに共通通貨ECOの導入を目指すことを発表。注目すべきは旧仏領西アフリカ諸国の動向の方https://t.co/ce2o1XqE34
地域銀行の経営統合をめぐる論点(国会図書館)地域銀行の経営統合について、独占禁止法の適用除外を認めるに当たり、金融庁と公正取引委員会との役割分担やそれぞれの判断の具体的内容が問題となるhttps://t.co/AzWD80RIw5
カナダにおけるメンタルヘルス問題―連邦議会及び政府の取組(国会図書館)カナダでは、国民の5人に1人が精神疾患を発症しているとされており、国民各層に「心の病」が広がっているhttps://t.co/YGAwxIemi0
企業において不正行為はなぜ常態化するのかについて分析した論文の紹介(グローバルビジネスリサーチセンター)https://t.co/kl2w3QOHpM
アメリカの外交政策と日本(国会図書館「平成30年度国際政策セミナー報告書」)日米の専門家を招いて、トランプ政権と従来の政権の政策の相違点に加えて、共通点を整理。ダートマス大学 マイケル・マスタンドゥーノ氏、久保文明氏、前嶋和弘氏の講演https://t.co/F3eRiicHeA
2019年ナイジェリア国政選挙―ブハリ大統領再選の背景と今後の課題(アジア経済研究所)ブハリ再選の主因は、アブバカールが「自滅」したことにある。ブハリは南東部地域で支持されなかったhttps://t.co/Jsb0uvxOmY
キャッシュレス決済の動向―我が国と諸外国の現状(国会図書館)キャッシュレス決済の進捗度合いの的確な把握は、統計上の制約から、必ずしも容易ではない。海外キャッシュレス事情もhttps://t.co/rTRVA7VgYr
エジプトの社会保障改革(アジア経済研究所)食糧補助制度の見直し、本格的な現金給付を導入することでそれまでの社会扶助の枠組みを刷新。医療保険は皆保険導入https://t.co/f7LWGhr0qI
農業者向け経営安定対策の経緯と論点(国会図書館)農業者向け経営安定対策をめぐっては、支援対象となる農業者の範囲の設定や、主食用米や飼料用米の生産に対する支援の在り方等が論点となってきたhttps://t.co/dbNiAporSu
アイルランド下院の選挙制度―単記移譲式による比例代表制(PR-STV)の仕組みと機能(国会図書館)世界の選挙制度の歴史、制度の種類についても説明してあるhttps://t.co/ZBETNQRa0D
福岡市、長崎県においては、地域医療の質や効率性の向上に寄与するICTの利活用が実践されているが、いくつかの課題も見いだされている(国会図書館)現地調査により現状、課題を報告https://t.co/9hy1KwbMim
湾岸地域でのアメリカ軍の縮小とイラン戦力の拡充(アジア経済研究所)アメリカ軍縮小の動きはサウジアラビア、湾岸地域の安全保障に大きな影響を及ぼすものと考えられる。カショギ氏殺害事件を境にして米欧諸国からの兵器調達がスムーズにいかなくなっているhttps://t.co/AeuDoWy1PJ
【アメリカ】人工知能(AI)分野における主導権維持に関する大統領令(国会図書館)AI分野におけるアメリカの優位性を維持し、一層促進するための大統領令を制定https://t.co/iNMpkWM9x2
ふたりの大統領の間で揺れるベネズエラ(アジア経済研究所)ふたりの大統領がたつことになった背景、厳しい経済社会的状況にも限らずマドゥロ政権が継続している理由、ベネズエラ危機に対する国際社会の対応などについて、1月以降の情勢に関して情報を整理し、解説https://t.co/01ajXPWb3h
転換しつつあるブラジルの社会福祉~右派・保守イデオロギー色の強いボルソナロ政権(アジア経済研究所)ボルソナロ政権下のブラジルにおける福祉レジームが家族主義的なレジームに転換しつつあるとの見解を示すhttps://t.co/IfWwZTKnqK
ボルソナロ新政権の外交政策~2018年大統領選挙公約および外交成果に対する評価(アジア経済研究所)就任以後、外交政策に関する過激な発言を控えるようになり、穏健化をみせているhttps://t.co/n0CgXb4IIC
ボルソナロ政権の経済政策(アジア経済研究所)大きく政策転換したかの印象を受けるボルソナロ政権だが、選挙戦の公約や発足後4カ月間の経済政策の中身を検証すると、その多くはテメル前政権を踏襲していることがわかるhttps://t.co/Cc6yG4anFn
多様化した民泊の現状と課題(国会図書館)イベント民泊、農林漁業体験民宿、特区民泊、住宅宿泊事業の課題などhttps://t.co/pwRc6xZbyO
主要国における投票率―投票参加に影響を及ぼす要因と国内外の取組事例(国会図書館)資料。投票参加の可能性を説明するモデルの解説などもhttps://t.co/RbvLi2xA4e
【韓国】元「徴用工」等へ損害賠償を命じる大法院判決後の韓国側の動向(国会図書館)政府動向、各種報道をまとめたもの(コメントなどはない)https://t.co/XOHSPLz7bZ
【アメリカ】2018年農業法(国会図書館)SNAPなど栄養プログラムは不正受給防止策等を追加したが、そのまま継続https://t.co/cB6SbL2xAt
デジタル経済の課税をめぐる動向【第2版】(国会図書館)今後、OECDで見直し案の統合や技術的課題の解決に向けて検討が進められる。一方、国際的な議論の決着を待たずに、各国で独自措置の導入に乗り出す動きが広がっている。国際課税ルールの見直しについて合意が急がれる状況https://t.co/aXaCxhZj9Y
財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMTその他の提案の論点(国会図書館)MMTを含め、政府(財 政政策)と中央銀行(金融政策)の明示的な協調を求める各種の提案が登場してきた経緯を振り返り、論点を整理。最後の当局者、学者のMMTへのコメントがまとまっているhttps://t.co/m0mI1xxKll
船舶燃料における硫黄分の規制強化とその課題(国会図書館)2020年1月から一般海域での船舶燃料油の硫黄分濃度の上限が3.5%から0.5%に強化https://t.co/LgqUzCOcJj
蔡英文政権と台湾統一地方選挙(国会図書館)民進党の敗因は、蔡政権の政策への不満とともに、政権与党でありながら反体制野党的体質が抜けない民進党への住民の嫌悪感の増大とその拙劣な選挙戦略にあると指摘されているhttps://t.co/8XoWHEZROV
データから見る超高齢社会と金融サービス(国会図書館)まとめ。資産格差問題と並んで、認知症の高齢者が保有する金融資産の取扱いは我が国の中長期的な課題https://t.co/qCOtW6F8xb
イタリア政府与党の5つ星運動が推進する「市民所得」は、従来、ベーシックインカムと紹介されてきた。しかし、実際に導入された同所得は、就労支援を組み合わせた所得保障制度である(国会図書館)https://t.co/yo6GUckjft
「林業の成⻑産業化」政策の経緯と課題(国会図書館)政策の基本的方向性をめぐっては、森林の伐採時期と収益性の考え方や、森林に対する経営意欲の捉え方などに関して、政府の施策に懐疑的な見解もhttps://t.co/zRh5WFa0Ce
日本型司法取引制度の現状と課題(国会図書館)協議・合意制度については、米国における答弁取引のような制度の導入、適用対象となる犯罪の範囲などの課題が指摘されているhttps://t.co/NN7pFI0kEN
医療の質と「実績に基づく支払(P4P)」―諸外国の事例を中心に(国会図書館)全体としてみればP4Pが医療の質を向上させるという十分なエビデンスは得られていないhttps://t.co/oQC7zkhPov
サービスロボット産業における中小企業のオープンイノベーション 業界先駆者 テムザック社の事例研究(グローバルビジネスリサーチセンター)中小企業の制約を外部パートナーの活用で補い、大学のシーズと現場のニーズが出会う場となることで、多種多様なロボットの開発を実施https://t.co/RxwGslgSrK
地⽅議会議員の報酬・⼿当等の待遇(国会図書館)政務活動費は、不正受給の問題が発覚する等、大きな問題となり、各議会では使用の透明化に向けた取組が進められている。旧地方議会議員年金は2011年に廃止されたが、厚生年金への地方議会議員の加入を求める動きがあるhttps://t.co/eLlVR6bbXo
【フランス】情報操作との闘いに関する法律(国会図書館)選挙期間におけるフェイクニュースの拡散防止制度及び即時停止制度を整備。プラットフォームの運営者を対象とした新たな義務が規定されたhttps://t.co/Hdvxh8sGui
小売国際化における埋め込み概念の導入と検討(東工大 鍾 淑玲:アジア経営学会)なぜ,小売国際化プロセスは現地化段階から成長段階に円滑に移行できずに,持続的な成長ではなく事業の縮小・撤退例が増加しているのか。新たな分析フレームワークを提案https://t.co/OmknNqkNHk
韓国の社会事情と職業倫理に関する予備的考察(下関市立大 中川圭輔:アジア経営学会)なぜ韓国では最も責任を担うべき人物がいとも簡単に職務放棄ともとれる行動に出るのか。李氏朝鮮王朝時代の儒教の影響,ならびにその時代に確立された身分制度に着目https://t.co/9A6a0Mlz3Y
躍進している中国スマホ市場の光と陰 国内トップだった小米の盛衰を中心に(立命館大 陳晋:アジア経営学会)小米スマホの衰退とその原因(製品開発能力の貧弱さ、部品調達と品質管理の問題、販売とアフター・サービスの問題)https://t.co/goulBLIiCB
華為の従業員持株制度の発展段階に関する一考察(日大 全 洪霞:アジア経営学会)当初,主として資金調達の目的で従業員持株制度を導入したが,その後に優秀な人材を自社に保持する目的で従業員持株制度を運用するに至ったhttps://t.co/Sq2PqnVZfE
農林⽔産業へのICTの活⽤(国会図書館)省力化等に資すると考えられる一方、既存の法規制との整合性(ドローン、自動運転農機等)やICTを活用できる人材の不足、生産者と企業の間でのデータの扱いに関する課題が指摘https://t.co/9bxNYCcdjL
我が国における医療技術評価(国会図書館)厚労省は2016年度から医療技術評価(HTA)の一環として、医療技術の費用対効果評価による薬価等の調整を試行的に導入しており、2019年度からは本格的な制度化が予定https://t.co/usLKvmcAWx
諸外国の公共放送(国会図書館)公共放送の財源については、英国でBBCの見逃し番組をネット視聴するだけでも受信許可料の徴収対象となり、ドイツで全ての世帯及び事業所から放送負担金を徴収する制度に移行するなど、インターネット時代への対応が進んでいるhttps://t.co/qFyCtLp3Bt
中国における成人高等教育の拡張および就業者収入増への効果(アジア経済研究所)中国の高等教育を深く理解するには,普通教育と成人教育を区別してそれぞれの基本状況と相互関係,労働市場における就職や昇進,収入への効果を実証的に分析することも欠かせないhttps://t.co/aWMekJn1ni
ふるさと納税返礼品競争は、租税外部効果の一類型としての租税競争(課税ベースの域内への呼び込みを狙った税率引下げ競争)と実質的に等しい現象であると考えられる(国会図書館)https://t.co/B52GKO02Lc
中台関係の動向―「1つの中国」原則をめぐって(国会図書館)中台関係のあり方に関する台湾住民の判断は、2020年の総統選挙と立法委員選挙の結果を見る必要があるhttps://t.co/t7new3caB9
トランプ政権下ではOLC(司法省の法律顧問局)やWHC(ホワイトハウス法律顧問)といった執行府内部の憲法解釈や法的アドバイスを職務とする機関による助言や審査を受けずして意思決定を行う例が多く見られ執行府内部の法的プロセスの崩壊が見られるという指摘も(国会図書館)https://t.co/Tamy2kGtXl
諸外国の⼤学授業料と奨学⾦【第2版】(国会図書館)OECD加盟36か国における国公立大学の授業料と奨学金の概要をまとめたもの。国により授業料や奨学金の制度設計は様々https://t.co/J5isvwgkiV
⽶国の通商政策の動向(国会図書館)米国通商法に基づく追加関税措置と各国の対応、既存の通商協定の再交渉、WTO改革の動きなどのまとめhttps://t.co/Oz2ksKWs32
韓国の粒子状物質対策―特別法の制定を中心に(国会図書館)粒子状物質の濃度が急激に上昇した場合に、自動車の運行制限、事業場の操業時間短縮等の法的拘束力を伴う措置を講じることができるようになったhttps://t.co/YRkgxjFEnP
仮想通貨は「通貨」なのか―「⽀払⼿段」としての仮想通貨について(国会図書館)「支払手段」としての仮想通貨の今後をめぐっては、送金に特化した仮想通貨や、いわゆる「ステーブルコイン」、「デジタル通貨」などが注目を集めているhttps://t.co/Oo2AjDD1z5
マイナンバーカードに関する動向(国会図書館)諸外国における番号制度及び国民 ID カードの利用の在り方は、国ごとに異なるhttps://t.co/opOIXgDOok
朝鮮半島をめぐる動向:解説と年表(国会図書館)第⼆次世界⼤戦終結後についての年表https://t.co/1obd4SvI2I

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(62ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1194ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hshinz: 川辺川ダムは治水の最大受益者である人吉市住民の反対が大きかったという珍しい特徴がある。その理由は市房ダムによってかえって被害が大きくなったという体験だが、それは丁寧な説明がなされなかったことによる誤解という考察 https://t.co/NXAtoQzH…
RT @masaru_kaneko: 【ワクチンの難しさ】ワクチンが難しいのは、変異したウィルスで重症化する抗体依存性増強(ADE)が起こる場合だ。デング熱では、ワクチンであるタイプに抗体ができても違ったタイプにかかると重症化してしまった。新型コロナウィルスも変異しつつある。注…
RT @Dashige1: Annals of Clinical Epidemiology (ACE)に「Introduction to Instrumental Variable Analysis」というセミナー論文が掲載されました。 https://t.co/37JND03…