著者
谷岡 仁
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.167-177, 2016 (Released:2017-02-07)
参考文献数
24

コテングコウモリMurina ussuriensisのねぐら利用が確認されている麻製の模擬枯葉を,2015年4月下旬から2015年11月下旬にかけて四国剣山山地の森林内に設置して利用状況を調査した.模擬枯葉は,林床近く(低位置)と樹冠部近く(高位置)に複数設置した.その結果,妊娠から出産哺育期にあたる4月下旬から6月下旬にかけては,複数メスによる単一模擬枯葉の利用が毎回観察され,6月には幼獣を含む哺育集団が高位置の模擬枯葉で確認された.集団内の成獣や幼獣の数は毎回変化し,利用された模擬枯葉もほぼ毎回異なった.一方,7月から11月下旬にかけてのメスによる模擬枯葉利用は稀で,すべて単独での利用だった.オスの模擬枯葉利用は調査期間を通して稀で,すべて単独での利用だった.コテングコウモリの出産哺育集団が人工のねぐらを利用した報告はこれまでなく,容易に製作できる模擬枯葉は観察が難しい本種の哺育生態を研究する道具の一つとして有用と考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@raiteku0719 「模擬枯葉のねぐら」だとかなりのヤマネの利用があるんですね。 ヤマネは巣箱だとモモンガやヒメネズミとの競合、模擬枯葉ねぐらだとコウモリとの競合は避けられませんものね… コテングコウモリによる模擬枯葉のねぐ… https://t.co/T3yOV15vSD

収集済み URL リスト