「青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。 (@Blue__Peacock)

投稿一覧(最新100件)

RT @wadat1117: Randler(2016)https://t.co/1DotKTVUKG って論文を見てると、こんな一節「下尾筒に白い部分があるクイナ科鳥類は、開けた環境にいて、たいてい集合性がある」。で、対捕食者のシグナルだろうと。下尾筒が白いのはバン、オオバン…
@bluetittit 成獣はアカの目が飛び出してでかく見えますよね。後足見たいところです。https://t.co/yYRAOZaALv
RT @tsutatsuta: 「パンくん」の映像をチンパンジー研究者が分析した結果、顔や体が表しているのとは異なる感情がテロップによって「捏造」されていたり、パンくん自身もポジティブな感情(遊びや笑いなど)に比べてネガティブな感情(恐怖や不安など)の表出が多い傾向にあった、と…
RT @oikawamaru: 最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheilognathus…
@bluetittit @fibq0uwZgUtmX7D @variedtitit そうですね、餌料の種子が採食後間もないあいだ、理想的には嗉囊などにストックされたりなんかした個体が、丸呑みの状態で捕食性鳥類に食されるのがベストで… https://t.co/IF7ginfgRR
RT @sakumad2003: 今回のきのこ展、前半パートには里山の話がチラチラ見え隠れするはず。この絵ももっとしっかり言及してやりたかったのだけれど。大原の柴うり・八瀬の黒木売 西川祐信 「百人女郎品定 2巻」 https://t.co/AI0JD9XruL
RT @NDLJP: 南海トラフ地震対策の現状と課題―高知県及び黒潮町の取組を事例に―(現地調査報告)『レファレンス』764号, 2014.09. https://t.co/SqpzbJYYgG #NDL調査局今月のトピック #地震 #防災
RT @naoyukinkhm: 1980年代以前のニホンヤマビルの分布。 https://t.co/PGVZmKQhKv 文献記録より抽出された、江戸時代中期から1980年代までのヤマビルの分布がまとめられています。
RT @_k3_n_1_r0_: #NowBrowsing 石田惣,木邑聡美,唐澤恒夫,岡崎一成,星野利浩,長安菜穂子.2015.淀川のヌートリアによるイシガイ科貝類の捕食事例, および死殻から推定されるその特徴.大阪市立自然史博物館研究報告 No.69:29-40. htt…
RT @oikawamaru: 甲斐・美坂(2016)日本産イカナゴ属魚類の簡便な遺伝的識別方法の開発https://t.co/HEfjNt5Kyk「日本産のイカナゴ属魚類は、イカナゴA. japonicus、キタイカナゴA. hexapterus,さらにOrr et al.…
『東日本大震災では多くの神社が津波被害を免れた。スサノオを祀った神社またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は、そのほとんどが津波被害を免れている。J-STAGE Articles - 東日本大震災の津波被害における神社の祭… https://t.co/2GhHopDOtA
四国西部におけるサンジャクの野生化 https://t.co/xi0mFrfwni
RT @podoron: でも熱帯生物なので一週間続いたら体調崩すだろうとの事で https://t.co/wSus0yduaD じゃ、なぜ白亜紀末にワニは生き残ったのん?と論文検索したら、有力仮説は ・水に逃げ込んだから、隕石衝突直後の爆風・高温から逃れた ・植物激減で餌…
国立国会図書館デジタルコレクション - 隠岐国産物絵図注書 https://t.co/MWPzyHx6uk
RT @oikawamaru: hamusiさんのブログhttps://t.co/12lsPPTNxGで紹介されていた「隠岐国産物絵図注書https://t.co/R0eNyBQzDD」面白い。確かに30コマのシュモクザメのゆるキャラ度が高い。個人的にコウモリのポージングも気に…
RT @menashi_sato: 16年も前にF先生がベントス学会誌で書かれたのを今更読んでるけど『全採集家必読!』って感じだから読むべき https://t.co/IBoOMcQitn https://t.co/ZGRwyTXMZB
RT @BirdResearch: 岡山のオオセッカの越冬状況の論文が掲載されました。 https://t.co/TBJvyWmO6b
RT @zasetsushirazu: 小暮実徳「国家的名声と実益」(『駿台史学』114、2002年)は日米修好通商条約頃までのオランダ対日政策を分析。当時のオランダにとって日本との関係は国家的名声を高め、領土的小国性を克服するという、商業的実益以外の意味もあったと指摘。 ht…
RT @houki38: 高校生、殻を割った卵の中身から 孵化させる実験に世界初成功 原著論文 https://t.co/hI1NWHb0vT https://t.co/6DQDAJchkB @YouTubeさんから
RT @vertical06: 諫早湾水門締め切りの影響を評価する有明海のベントスの調査が行われていて、ヨコエビもがっつり調査されてるけど、クツミガキソコエビ属の動態が捉えられているかというとそうは言い難い。 https://t.co/S7hG68sGlp
RT @BirdResearch: メジロの吸蜜行動についての論文を掲載。コガネノウゼンの蜜を吸う年と吸わない年があるわけは? https://t.co/ag4pmeJyBF https://t.co/407BARLNLf

お気に入り一覧(最新100件)

Randler(2016)https://t.co/1DotKTVUKG って論文を見てると、こんな一節「下尾筒に白い部分があるクイナ科鳥類は、開けた環境にいて、たいてい集合性がある」。で、対捕食者のシグナルだろうと。下尾筒が白い… https://t.co/SiHZRHmL28
「パンくん」の映像をチンパンジー研究者が分析した結果、顔や体が表しているのとは異なる感情がテロップによって「捏造」されていたり、パンくん自身もポジティブな感情(遊びや笑いなど)に比べてネガティブな感情(恐怖や不安など)の表出が多い… https://t.co/s6SjC1ZziD
最新の伊豆沼・内沼研究報告に興味深い論文が出てた。当地ではオオクチバス駆除により魚類相の回復が起こっており、数年前はゼニタナゴが、そして今回12年ぶりにタナゴが再発見されたとのこと。 /伊豆沼・内沼におけるタナゴ<i>Acheil… https://t.co/EUSEjtAJA0
淡水ガメの個体識別方法が気になる方はこちらへ。 J-STAGE Articles - カメ類における標識および個体識別法 https://t.co/hZGSFuPqCr
頬 骨下顎筋溝(新稱)と 化石 人頭 骨 の復原 吉 川 徹 雄 https://t.co/B8oCEyCnys 眼窩上顎隆起はそこを起始、停止を下顎斜線とする固有咬筋を支えるためであり、 筋がでかいから隆起ももりもり隆起したんじゃね?っていってる。
今回のきのこ展、前半パートには里山の話がチラチラ見え隠れするはず。この絵ももっとしっかり言及してやりたかったのだけれど。大原の柴うり・八瀬の黒木売 西川祐信 「百人女郎品定 2巻」 https://t.co/AI0JD9XruL
南海トラフ地震対策の現状と課題―高知県及び黒潮町の取組を事例に―(現地調査報告)『レファレンス』764号, 2014.09. https://t.co/SqpzbJYYgG #NDL調査局今月のトピック #地震 #防災
1980年代以前のニホンヤマビルの分布。 https://t.co/PGVZmKQhKv 文献記録より抽出された、江戸時代中期から1980年代までのヤマビルの分布がまとめられています。
#NowBrowsing 石田惣,木邑聡美,唐澤恒夫,岡崎一成,星野利浩,長安菜穂子.2015.淀川のヌートリアによるイシガイ科貝類の捕食事例, および死殻から推定されるその特徴.大阪市立自然史博物館研究報告 No.69:29-… https://t.co/Tr0mgSHraZ
甲斐・美坂(2016)日本産イカナゴ属魚類の簡便な遺伝的識別方法の開発https://t.co/HEfjNt5Kyk「日本産のイカナゴ属魚類は、イカナゴA. japonicus、キタイカナゴA. hexapterus,さらにOrr… https://t.co/EVat7uFMsQ
でも熱帯生物なので一週間続いたら体調崩すだろうとの事で https://t.co/wSus0yduaD じゃ、なぜ白亜紀末にワニは生き残ったのん?と論文検索したら、有力仮説は ・水に逃げ込んだから、隕石衝突直後の爆風・高温から… https://t.co/qePQ8YoxC8
hamusiさんのブログhttps://t.co/12lsPPTNxGで紹介されていた「隠岐国産物絵図注書https://t.co/R0eNyBQzDD」面白い。確かに30コマのシュモクザメのゆるキャラ度が高い。個人的にコウモリの… https://t.co/Gfgi6Pr3bf
16年も前にF先生がベントス学会誌で書かれたのを今更読んでるけど『全採集家必読!』って感じだから読むべき https://t.co/IBoOMcQitn https://t.co/ZGRwyTXMZB
小暮実徳「国家的名声と実益」(『駿台史学』114、2002年)は日米修好通商条約頃までのオランダ対日政策を分析。当時のオランダにとって日本との関係は国家的名声を高め、領土的小国性を克服するという、商業的実益以外の意味もあったと指摘。 https://t.co/PYPvfMP1gR
諫早湾水門締め切りの影響を評価する有明海のベントスの調査が行われていて、ヨコエビもがっつり調査されてるけど、クツミガキソコエビ属の動態が捉えられているかというとそうは言い難い。 https://t.co/S7hG68sGlp

フォロー(364ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1040「諸外国における戦後の憲法改正【第6版】」(PDF:480KB)を掲載しました。 https://t.co/7CgWlP954X
@HUtugi どうもありがとうございます。その文献は知りませんでした。九州のヤマメ・アマゴの分布だとおそらく大島(1957)がまとまったものでは一番古いと思います。 https://t.co/YpEtfKY2xr 九州ではだいた… https://t.co/ZbCMIZ6b5P
RT @irukanigohan: 山口県の青海島での海豚料理 小型鯨類の追込み網は、昭和30年代まであったようです。 ・刺身 白い所に湯をかけ酢醤油 ・ネギや春菊とすき焼き ・塩漬け→海水に晒し大根などと煮物 『長門国青海島におけるイルカ漁の歴史と民俗』 https://…
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1039「学校におけるいじめ問題の現状と課題」(PDF:475KB)を掲載しました。 https://t.co/poOBf8BrgK
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1038「仮想通貨技術を利用した資金調達―ICOの規制をめぐる動向―」(PDF:612KB)を掲載しました。 https://t.co/N0RbUUHZlD

フォロワー(156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)