著者
鈴木(堀田) 眞理
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.105, no.4, pp.676-682, 2016-04-10 (Released:2017-04-10)
参考文献数
10

神経性やせ症や過食症などの摂食障害は,低栄養や自己誘発性嘔吐や下剤・利尿薬乱用に伴う合併症で救急診療を必要とする場合がある.「摂食障害救急患者治療マニュアル」「神経性食欲不振症プライマリケアのためのガイドライン」について概説し,救急でみられる症状と疾患,栄養アセスメント,内科的緊急入院の適応,重篤な合併症と治療,栄養療法,再栄養に伴う重篤な合併症であるrefeeding症候群の予防について述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (78 users, 80 posts, 89 favorites)

摂食障害の救急治療と再栄養時のrefeeding症候群 https://t.co/hPu8x7RmsF ”神経性やせ症の死亡率は,入院治療を受けた患者の6.3年の経過観察では6%で,精神疾患の中で最も高い.主な死因は飢餓による衰弱… https://t.co/qCn3zQHTwW
摂食障害などで極度に衰弱しているときに急に食事を食べてはいけない。急激にエネルギーを補充することでrefeeding症候群が起きるからだ。refeeding症候群は多臓器不全、意識障害をきたす致命的な病気なので、以下の基準を満たす… https://t.co/POcDw4BzHW
@uchidahiroki @osaka_seventeen 突然死はありえますからね……戦国時代でも籠城後とかに起こったなどの話を聞いたこともありますが、当時の医者が匙を投げるのもわかる気もします…… https://t.co/NVjV8hB3kJ

収集済み URL リスト