著者
山内 康宏
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.107, no.10, pp.2059-2066, 2018-10-10 (Released:2019-10-10)
参考文献数
10

気管支喘息の有症率及び有病率はそれぞれ約10%及び5%であり,小児から高齢者まで全ての年齢層で発症する.喘息診療の進歩・普及に伴い,良好な喘息コントロールが得られる症例も多くなり,喘息増悪に伴う入院や喘息死も減少している一方で,難治性の重症喘息や回避すべき喘息死は依然存在する.特に高齢者においては,有症率が高く,喘息死の割合が多い.今後の喘息診療のさらなる進歩と充実化,そして,その普及が重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 12 favorites)

@kamijyo 時点有病率で約5%、既往を入れると10%と考えられています。 先進国では概ね同様の値です。 https://t.co/MR2lcHSjKD アスリートの喘息有病率は一般人と同等〜やや高めですね。
この記事によれば喘息患者率は有症率10%、有病率5%。検索すると色々な数字があるけど、おおむね国民の3%~6%が喘息らしいので、COVID-19患者のうち喘息の人が4.1%・5.5%なら、確かに重症化傾向はない。→気管支喘息の疫学:現状と近未来(山内康宏)(日本内科学会雑誌)https://t.co/gwfAf2MJJI ※PDF
@matchaorange2 まず、昔よりも喘息患者は少し減っています。治療薬の進歩で発作を起こすケースも激減したと考えています。そのうえで喘息患者は重症化する懸念はあると思います。データとしてははっきりしていませんが  https://t.co/X9w7o35TxA

収集済み URL リスト