著者
岡 典栄
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.66-80, 2013 (Released:2017-02-17)
参考文献数
14

本稿では,聴覚を通じて音声日本語を習得することがほぼ不可能な,日本手話を第一言語とするろう児・者に対する第二言語としての日本語教育について考察する。従来のろう教育で行われてきた補聴機器等を用いた母語教育としての国語教育では達成が難しかった日本語の習得が,日本語教育の視点の導入によりパラダイム自体が転換し,ろう者のエンパワーメントにつながることを見る。また,ろう者に対するわかりやすい日本語,視覚情報としての日本語の提示を通じて,まわりの人々もエンパワーされることを見る。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 3 favorites)

【全文公開】岡典栄(2013)「ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント」『日本語教育』155号https://t.co/ZAweGkiyYu
【全文公開】岡典栄(2013)「ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント」『日本語教育』155号https://t.co/ZAweGkiyYu
【全文公開】岡典栄(2013)「ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント」『日本語教育』155号https://t.co/ZAweGkiyYu
https://t.co/hWUThyvvZn https://t.co/hWUThyvvZn
ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント 岡 典栄 https://t.co/3DpsfG4CS5
【全文公開】岡典栄(2013)「ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント」『日本語教育』155号https://t.co/ZAweGkiyYu
【全文公開】岡典栄(2013)「ろう児に対して第二言語として日本語教育を行うことによるエンパワーメント」『日本語教育』155号https://t.co/ZAweGkiyYu

収集済み URL リスト