著者
三宅 俊浩
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.15, no.3, pp.1-17, 2019-12-01 (Released:2020-06-01)
参考文献数
16

本稿は近世尾張方言におけるラ抜き言葉の成立過程について論じる。尾張方言では,中央語(上方・江戸)に約100年先駆けて19世紀初頭にはラ抜き言葉が用いられるが,初期は2拍動詞にのみ起こる現象であった。その成立は,尾張ではラ行五段動詞の可能動詞形(ex. おれる)と尊敬レル形(ex. おられる)の意味対立をラ音の有無によるとみなす異分析が生じ,この異分析が[語幹‐接辞]の分析が困難な2拍一段動詞に過剰適用されたことによると推定した。この「異分析の過剰適用」を促した主要因はレル・ラレル敬語法と,可能動詞として頻用されるラ行五段動詞オルであると考えられる。この仮説によれば,同条件を備えていない中央語ではラ抜き現象が生じず,同条件を満たす中国地方にラ抜き言葉が多いこととも整合する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

ら抜き言葉についての論文はこちら⤵ https://t.co/HQDJ3MnJmz
J-STAGE Articles - 近世後期尾張周辺方言におけるラ抜き言葉の成立 https://t.co/Vhkuxjg8nr
https://t.co/bNDAaPdYJ5 によれば金水(2003)に議論があるようだ
https://t.co/nwvRu60Ue5 三宅俊浩(2019)「近世後期尾張周辺方言におけるラ抜き言葉の成立」。

収集済み URL リスト