著者
邊 姫京
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.33-48, 2007-01-01 (Released:2017-07-28)

全国の母音の無声化生起にかかわる要因を探るため,1986〜1989年にかけて収集された音声資料「全国高校録音調査」の41府県の話者,老若608名の音声の音響分析を行なった。無声化生起と音環境,及び地域差との関係,世代差との関係について調べた。その結果,従来無声化が目立つとされる地域の無声化生起率はおよそ60%以上であること,ほとんどの府県において後続する子音の種類(破裂音,摩擦音,破擦音),無声化拍の後続拍の母音の種類(狭母音,非狭母音)により無声化生起率に有意差があることがわかった。また無声化の生起には地域差に加え,世代差があり,東北地方において特に世代差が著しいことが確認された。これらは語中の無声化について得られた結果であり,語末では地域にかかわらず全体として無声化生起率が非常に低く,一般的な無声化の生起環境でないことが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

A、サ行とハ行のイ段音は混同されやすいが、これは東日本では調音位置が前に、また、西日本では後ろにずれる傾向があるからだと言える➡✖ <根拠> https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2104/14/news036.html B、母音の無声化は、一般に西日本の方言において顕著である➡✖ <根拠> https://www.jstage.jst.go.jp/art ...

Twitter (8 users, 9 posts, 1 favorites)

我妻善逸の善逸の最後の「つ」、母音の無声化はどれくらい起きるんだろうと思って読んだ資料に、語末の狭母音(/i/ /u/)の無声音化は全国的に"生起率が非常に低い"と書いてあった。 ※先のツイートは誤りでしたので、訂正します
九州、北陸、関東、南東北では無声化するけど近畿、中部、中国、四国では無声化しないのか https://t.co/rm9uAwXRuB
@legphrat これによると、無声化が全くない地域はないですが、「無声化が目立たない」という地域は結構多いみたいです。 https://t.co/6zQ4CfF5DN
https://t.co/XkoIFkjswZ これアクセントが共通語基準なの問題ないのか?

収集済み URL リスト